HOME > 国内MBA > 国内MBA試験|合格者の声

国内MBA試験|合格者の声

平成30年宅建試験 合格率&合格者の声

アガルートアカデミー国内MBA受験講座(旧ウインドミル・エデュケイションズ国内MBA予備校)を受講して,合格をされた方の合格体験談をお届けします。

合格者インタビューでは,飯野一講師がインタビュアーとなって,合格者から 「MBAを目指した理由/講座を受講した感想/勉強のリズム・方法・工夫/卒業後のキャリア」 など,様々な事を聞き出します。是非,ご覧ください

合格者インタビュー

轟 義昭さん 会社役員

年齢:30歳
学歴:2019年3月慶應大学大学院経営管理研究科卒業 (慶應ビジネススクール)
(2018年9月より慶應ビジネススクールの交換留学制度を利用し米国ペンシルベニア大学ウォートンスクール留学)

インタビュー映像・合格者アンケート

石川和憲さん 経営(取締役)

年齢:36歳
学歴:早稲田大学大学院 経営管理研究科(夜間主プロフェッショナルコース)在学中 ※2019年9月現在

インタビュー映像・合格者アンケート

佐々木美穂さん 会社員

年齢:46歳
学歴:早稲田大学大学院 経営管理研究科(夜間主プロフェッショナルコース)在学中 ※2019年9月現在

インタビュー映像・合格者アンケート

山崎 文平さん医師(麻酔科)

年齢:46歳
学歴:慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 修了

インタビュー映像・合格者アンケート

早稲田大学大学院 経営管理研究科

2018年度合格・男性

私はウインドミルのおかげで、早稲田ビジネススクールと首都大学ビジネススクールから合格をいただくことができた。その理由は(1)飯野氏の「ウインドミルを信じてついてきてほしい」という言葉、(2)長年の経験から練られて生まれた学習プログラム、である。現在、MBA進学やウインドミル入学を悩んでいる方々の一助になればと思い、本文を書かせていただくことにした。

続きを読む

2011年度合格・女性

専業主婦で“アラ50”の私が、KBSを合格できた理由は、何と言ってもWindmillとの出会いが全てである。 時々派遣等で働きながら専業主婦をかれこれ20年以上もやり、子育ても一息ついた時、ずっと前から考えていたMBA取得のための大学院受験に挑戦することにした。 短期決戦にして確実に合格できるよう思いきって予備校に通うことに決め、Windmillのドアを叩く。社会に対する徹底した問題意識と熱い思いをもった飯野さんの徹底した指導のもと、自分の子供と同じくらい若いけれど頼もしい同期生達と共に、苦しくも楽しい6ヶ月間を経て受験生活を乗り切ることができた。

続きを読む

早稲田大学大学院 ファイナンス研究科

2011年度合格・男性

合格体験記をご覧になられている皆様。はじめまして。私は第1ターム生としてWindmillに入学し、この冬無事に志望校の筑波大学大学院と早稲田ファイナンスに合格しました。 この合格体験記が、MBA受験を検討されていらっしゃる方の参考になれば幸いです。以下にまずは大学院進学理由とWindmillを選んだ理由を記載致しました。

続きを読む

早稲田大学大学院 商学研究科(全日制)

2012年度合格・男性

私がMBAを受験することに決めた理由は大きく2点あります。
1.『自分自身の悩み』
日系メーカーで10年間、生産企画の仕事に従事してきましたが、いつも心の中で感じていたのは、『本当にこの仕事を通して、自分自身が世の中のためになっているのか?』・『自分が本当に心の底から求めるものを追求しているか?』・『自分の感性に従っているか?』という漠然とした悩みでした。

続きを読む

2012年度合格・男性

講師である飯野さん自身やウインドミルの講座の満足度は過去の体験記や本年度の他の方の合格体験記にも書かれていると思います。
私自身も過去の体験記を読み、ウインドミルに魅力を感じ受講し、現在その体験記通りの満足度を感じています。ですので、ウインドミルの魅力はそれらの体験記を読んで頂くとして、ここではあえて割愛させて頂き、本体験記では下記の私自身の視点を念頭に書かせて頂きたいと思います。
それは関東圏以外からウインドミルに通っていたという点です。私の場合は大阪から通学しておりました。この体験記は、特に関東圏から遠方に住まわれている方の中でこのサイトに行きついたけど、色々な諸問題で二の足を踏んでいるそこの「あなた!」に向けてお伝えしたい事を書いた体験記です。
交通費等のリアルな話まで書いております。私の様な受講生がいたという先行事例として考えて頂き、予備校選びの選択材料にして頂ければ幸いです。

続きを読む

2011年度合格・男性

私は、早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻全日制グローバル(以下、早稲田)に進学する。早稲田の全日制に進学するウインドミル生は毎年わずかで、2012年度入学では私一人だけであった。 そこで、ここでは私が早稲田を選んだ理由を書きたいと思う。また、実際にウインドミルの講座を受け、私が感じたウインドミルの利点も書くことにする。受験校、予備校選びで迷っている方に少しでも参考になれば幸いである。

続きを読む

早稲田大学大学院 商学研究科(夜間)

2012年度合格・男性

予備校に通うことは、「時間を買う」という感覚を持っている。過去問などを分析し自習するという選択肢もあったが、国内MBA受験に関する情報は少なく、どの程度やればよいか検討がつかなかった。
検索にかかる労力を考慮し、予備校を活用することにした。どの予備校を活用するかは大手予備校かウインドミルという二択であった。大手予備校はDVDでの簡素な対応、問い合わせた際の受付の対応の悪さ、多額なコストがかかることから選択肢から除外した。

続きを読む

2011年度合格・男性

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」これはリクルート創業者の江副浩正の言葉で、私の好きな言葉のひとつである。 私の国内MBA受験は、まさにこの言葉を体現した期間であった。
2011年12月某日、第一志望であるWBS二次試験の合格発表を確認しに、電車を乗り継ぎ早稲田へ向かう道中、私はふと懐かしい気持ちに襲われた。MBA受験を決めた夏からずっと、ウインドミル通学の為にこの電車で早稲田まで通っていたからだ。冬の低い日差しが差し込む穏やかな車内で、私はこの半年のことを振り返っていた…。

続きを読む

2011年度合格・男性

現在、日本企業の海外事業展開をサポートする仕事をしています。担当地域のビジネス関連法制度や商習慣等に関する知識は相応に蓄積してきましたが、クライアントに具体的な助言をする際、企業経営の知識や理論の裏打ちに乏しく、自身が提供する価値にも限界があると常に感じていました。
そんな中、2011年の夏に東京に転勤になり、これを機に課題である企業経営の理論や知識を身に付けたいと一層思うようになりました。

続きを読む

2011年度合格・男性

国内MBAの受験のためには、主に、(1)小論文対策、(2)研究計画書作成、(3)面接対策が必要になる。
私はこれらをバランスよく学び、MBA進学の基礎を得る手段としてウインドミルを選択した。そして今、その判断は正しかったと確信している。

続きを読む

首都大学大学院 社会科学研究科

2018年度合格・男性

私はウインドミルのおかげで、早稲田ビジネススクールと首都大学ビジネススクールから合格をいただくことができた。その理由は(1)飯野氏の「ウインドミルを信じてついてきてほしい」という言葉、(2)長年の経験から練られて生まれた学習プログラム、である。現在、MBA進学やウインドミル入学を悩んでいる方々の一助になればと思い、本文を書かせていただくことにした。

続きを読む

2011年度合格・男性

まず多くの受講生の体験記にも書かれている通り、ウインドミルにて飯野さんのテキスト、講義、小論文添削、研究計画書添削、面接対策を信じて勉強に打ち込めば成果に繋がると思います。
ここではせっかく合格体験記を書く機会をいただきましたので、受験対策のなかでも最大の反省点が詰まっている「研究計画書作成」を中心に書かせていただきます。私は2012年度ウインドミル受講生のなかでも特に「研究計画書作成」において相当な苦労をしました。出願期限に間に合うか否かの状況になり、飯野さんに心配をおかけしました。時には添削いただいたことを十分に表現できず落胆させてしまったこともあったかもしれません。

続きを読む

2011年度合格・男性

まず多くの受講生の体験記にも書かれている通り、ウインドミルにて飯野さんのテキスト、講義、小論文添削、研究計画書添削、面接対策を信じて勉強に打ち込めば成果に繋がると思います。
ここではせっかく合格体験記を書く機会をいただきましたので、受験対策のなかでも最大の反省点が詰まっている「研究計画書作成」を中心に書かせていただきます。私は2012年度ウインドミル受講生のなかでも特に「研究計画書作成」において相当な苦労をしました。出願期限に間に合うか否かの状況になり、飯野さんに心配をおかけしました。時には添削いただいたことを十分に表現できず落胆させてしまったこともあったかもしれません。

続きを読む

2011年度合格・男性

私の合格体験記は、様々な理由で国内MBAを受験したいが、経営学の予備知識がなく、独学での勉強では無理だと感じている人を対象に書きます。
結論から言うと、経営学の知識がゼロでも、ウインドミルに通って受験準備をすれば合格できます。
私は、看護師として臨床のキャリアだけを積んできましたので、ウインドミル入学前の経営学の知識はほぼゼロの状態でした。例えば、マイケル・ポーターは名前を知っている程度でした。

続きを読む

一橋大学大学院 経営管理研究科

2012年度合格・男性

私は当初の志望校2校に合格できました。自分でいうのもなんですが、私はあまり他人に自慢できる経歴を持っていないのです。飯野さんに「○○さんは、経歴がpoorだからね~」と面と向かって言われてしまう程です。そんな私なので普通に考えれば合格は難しいと思っていました。でも合格できました。それはなぜか?
以下では合格に至るまでの主な出来事を時間の順序で羅列し、その中で合格のポイントになったと考える箇所について詳述します。そして、ウインドミルに学んだことの最大の価値を最後に記し体験記の結びとします。

続きを読む

2011年度合格・女性

私がMBAの資格を取ろうと決意したのは、ちょうど一年前、2010年の秋のことでした。
IT系広告代理店で働き始めて半年ちょっとすぎ、自分の仕事だけでなく、会社全体や周囲の先輩の姿を見る余裕ができました。その時、このままここにいても自分の望む仕事ができる事はないと改めて感じられたため、これからどうしようかと思い、就活時代にお世話になった知人に以前から勧められていたMBA校で学ぶという選択肢を取ろうと考えました。

続きを読む

2011年度合格・男性

某外資系IT企業で働いておりましたが、日本がマーケットとして限定されている窮屈さ、売り上げの極端な落ち込みに将来性がない会社だと感じ、転職を考えておりました。
一方で、日本において、生え抜きの正社員というのは非常に安定したポジションだということも理解していました。中途入社された方と自分の待遇を比べるたび、中途入社というのは戦力としての貢献をシビアに求められていると思い、転職という選択をするなら、確固とした実力をつけなければと考えていました。

続きを読む

2011年度合格・女性

IT系広告代理店で働き始めて半年ちょっとすぎ、自分の仕事だけでなく、会社全体や周囲の先輩の姿を見る余裕ができました。その時、このままここにいても自分の望む仕事ができる事はないと改めて感じられたため、これからどうしようかと思い、就活時代にお世話になった知人に以前から勧められていたMBA校で学ぶという選択肢を取ろうと考えました。

続きを読む

慶應義塾大学大学院 経営管理研究科

2013年度合格・男性

私個人の考えとして、ウインドミルの一番の魅力は、「講義で扱うレジュメ」と「小論文に対するアドバイス」ではないかと思います。レジュメは、MBAの基礎知識をパワーポイントでまとめたものであり、内容が理解しやすいものとなっています。小論文に対するアドバイスは、個別にA4用紙1枚の紙で作成されたものであり、自分の良い点、悪い点が分かります。

続きを読む

2013年度合格・男性

某私立大学の学部生です。北海道出身で趣味はヘビーメタルです。学部時代はバンド活動・コンサルでのバイト・学生団体での活動・ゼミに注力しましたが、いろいろ手を出しすぎて大学との両立が出来ず、卒業単位ギリギリで4年次を迎えました(つまり成績が悪い)。
MBAは秋・春と2度受験し、最後の最後で合格を勝ち取る事が出来ました。

続きを読む

2012年度合格・男性

私がウインドミルを選んだ理由は、飯野さんの本を拝読し、飯野一という人間をもっと知りたいと感じたからです。
私がMBAに興味を持ったのは2010年頃でした。当初は海外MBAにも興味があったのですが、英語力や金銭的な制約から次第に興味は国内MBAへと移っていきました。しかし、調べても調べても国内MBAに関する情報は非常に少なく、また、オープンキャンパスに行っても表面的な情報しか見出すことが出来ませんでした。このような状況では仕事を辞めてまで行く価値を見出すことが出来ない。そう思っていた頃、飯野さんの本と出会いました。

続きを読む

2012年度合格・男性

私は当初の志望校2校に合格できました。自分でいうのもなんですが、私はあまり他人に自慢できる経歴を持っていないのです。飯野さんに「○○さんは、経歴がpoorだからね~」と面と向かって言われてしまう程です。そんな私なので普通に考えれば合格は難しいと思っていました。でも合格できました。それはなぜか?
以下では合格に至るまでの主な出来事を時間の順序で羅列し、その中で合格のポイントになったと考える箇所について詳述します。そして、ウインドミルに学んだことの最大の価値を最後に記し体験記の結びとします。

続きを読む

2011年度合格・女性

私がMBAの資格を取ろうと決意したのは、ちょうど一年前、2010年の秋のことでした。
IT系広告代理店で働き始めて半年ちょっとすぎ、自分の仕事だけでなく、会社全体や周囲の先輩の姿を見る余裕ができました。その時、このままここにいても自分の望む仕事ができる事はないと改めて感じられたため、これからどうしようかと思い、就活時代にお世話になった知人に以前から勧められていたMBA校で学ぶという選択肢を取ろうと考えました。

続きを読む

2011年度合格・男性

私は、前職の公務員(自衛官)を退職して約2ヵ月、Windmillの受講以外、経営に関しては全くの予備知識なしで秋のKBS入試に合格しました。 しかも、併願なしのKBSピンポイント受験。
飯野さんからは「君はKBS向けだから受験はKBSだけで問題ないよ。」といわれたものの、まさか本当に飯野さんの言ったとおりになるとは思いませんでした。経営はおろか民間企業での仕事自体、全くの経験がないド素人の私ですが、なぜMBAを目指し、飯野さんとの出会いで何を「得て」、何を「失ったか」を皆さんにも簡単にお伝えしようと思います。

続きを読む

2011年度合格・男性

私がMBA受験を志したきっかけは、10年後、20年後の自分に対しての漠然とした不安の解消です。
私は美術大学を卒業し広告代理店で営業をしてきました。入社に当たり、美術大学で学び得た経験や審美性を活かし企業の課題に対し広告を通じて解決したいと考えていました。しかし実際は個別の意匠の良し悪しは判断できるものの、クライアントの抱える経営課題に対しての深い理解が無いがために課題解決に貢献できなかった案件を多々経験しました。このままでは10年、20年仕事を続けてきてもおそらく大きな成長は無いだろうと薄々不安を感じていました。

続きを読む

2011年度合格・女性

IT系広告代理店で働き始めて半年ちょっとすぎ、自分の仕事だけでなく、会社全体や周囲の先輩の姿を見る余裕ができました。その時、このままここにいても自分の望む仕事ができる事はないと改めて感じられたため、これからどうしようかと思い、就活時代にお世話になった知人に以前から勧められていたMBA校で学ぶという選択肢を取ろうと考えました。

続きを読む

2011年度合格・男性

某外資系IT企業で働いておりましたが、日本がマーケットとして限定されている窮屈さ、売り上げの極端な落ち込みに将来性がない会社だと感じ、転職を考えておりました。
一方で、日本において、生え抜きの正社員というのは非常に安定したポジションだということも理解していました。中途入社された方と自分の待遇を比べるたび、中途入社というのは戦力としての貢献をシビアに求められていると思い、転職という選択をするなら、確固とした実力をつけなければと考えていました。

続きを読む

2011年度合格・男性

予備校の選び方や必要性、勉強の仕方、なぜMBAかなどは、HPや他の受講生や他の年度の方がしっかり書かれております。そちらを参考にしてください。論理的な文章を書くことに自信のない方、ウインドミルのクラスで論理的に書けていないといわれた方の為に書かせていただきます。

続きを読む

筑波大学大学院 ビジネス科学研究科

2012年度合格・男性

2012年12月7日。私は、風邪予防のためのマスクのせいで、黒縁眼鏡を曇らせながら、合否を確認するために会社から約1時間離れた筑波大学大学院のある茗荷谷駅へ向かっていた。
近づけば近づく程、心拍数は高まり、私の呼吸も荒くなり、いっそう眼鏡を曇らせた。無意識に「この約一年間、業務上の成果・評価、友人との交流など公私共にすべてを犠牲にしてこのためにがんばってきた。だから受かっているはずだ!」と自分に何度も言い聞かせていた。

続きを読む

2011年度合格・男性

合格体験記をご覧になられている皆様。はじめまして。私は第1ターム生としてWindmillに入学し、この冬無事に志望校の筑波大学大学院と早稲田ファイナンスに合格しました。 この合格体験記が、MBA受験を検討されていらっしゃる方の参考になれば幸いです。以下にまずは大学院進学理由とWindmillを選んだ理由を記載致しました。

続きを読む

中央大学大学院 戦略経営研究科

2013年度合格・男性

私の場合は、ウインドミルの講座期間中に受験日を迎えてしまう日程でしたので、最初に全体日程について書いておきたいと思います。

続きを読む

神戸大学大学院経営学研究科

2012年度合格・男性

正直MBAの入試は1発勝負だと思います。
どこの大学でもそうですが、MBAを受験するとなると膨大な時間をかけて研究計画書を書く訳で、2年連続で同じネタで勝負できる訳がありません。年々壁が高くなると思った方が無難です。2年連続となるとモチベーション維持も大変です。まれに2回目で合格した話も聞きますが、2回目なりの工夫(作り込み)が必要となり、かける労力も倍以上になります。絶対1発勝負です。

続きを読む

2011年度合格・男性

MBAに挑戦すべきか、受験のプロからアドバイスが欲しく、説明会に伺いました。
説明会に行く前は、正直自費でMBAに通うべきか迷っていました。飯野さんに私の話を聞いてもらったところ、「問題意識の高い人はMBAで勉強するべきだ。一生懸命ここで頑張れば必ず受かる。MBAに行ってこれまでの経験を体系的に整理し、会社を変えて欲しい」と言って頂き、本格的にMBA受験を決断しました。

続きを読む

Page Top