HOME > 国内MBA > 中央大学ビジネススクール【入試対策】

中央大学ビジネススクール【入試対策】

MBA大学院の特長

中央大学ビジネススクール(以下、CBS)の大きな特徴の一つは、週末のみの通学で修了可能な点です。

夜間のビジネススクールのほとんどが1年次は平日3日と土曜日に通学するという形が一般的です。

平日の授業は18時~19時に始まる大学院が普通ですので、仕事をしながら平日の3日間学校に行くのが難しい方も多くいると思います。
その点、CBSは土曜日だけでなく、日曜日も開講しているのです。日曜日にも授業をおこなっている国内MBAというのは珍しいと思います。
土曜日は9時から20時まで授業が行われ、日曜日は10時から17時30分まで授業が行われています。そのため土日だけの通学で卒業が可能となっています。平日通学が難しい方には最適なMBAだと思います。

さらにCBSのありがたい点は、急な仕事が入ってしまい、講義に出席できない場合に、VOD(ビデオ・オン・デマンド)によりビデオで講義を視聴できるのです。
そのため、補習や復習のためのキャッチアップが可能です。

また、出張の場合には、オンライン講義システムを用いて、出張先から講義に参加することもできます。このような忙しい社会人にとっては至れり尽くせりの環境が揃っている点は、他のビジネススクールにはないCBSの大きな利点です。

2つ目の特徴としてあげられるのは、「実践体験型の学習(フィールド・ラーニング)」です。

与えられた課題に対して、戦略構築に必要なデータは現場から自ら主体的に探し出すのです。

具体的には、財務諸表の数字を分析し、生産や営業や開発の現場に足を運び、経営幹部や一般社員に話を聞き、可能な限り競合他社や顧客についてのデータも収集し分析するのです。
このような現場での生の声やデータをもとに課題に対する解決策を導くのです。まさに現実の職場での課題解決の体験が授業内でできるのです。CBSのホームページにはモンゴル・フィールドワークの事例が掲載されています。

モンゴル・フィールドワークは、モンゴル貿易開発銀行(Trade & Development Bank of Mongolia: TDB)からの寄付講座です。寄付講座から平均で一人当たり100,000円程度の旅費補助が出ています。
その支給された旅費で、現地を訪れて、現地企業、現地政府機関、そして現地に進出した日本企業、日本のODA事業による公益事業、また、他の国には見られない自然発生している中古車市場などを訪問しています。という形で実際に現場を訪れた上で戦略課題の解決策を考えるというのがフィールドワークです。

入試内容

CBSの入試は志望理由書と面接のみです。志望理由書は、A4、3枚書く必要があります。内容は、以下の3項目です。面接は、提出した志望理由書をもとにした口頭試問が行われます。

1.これまでの実務での経験および業務実績、勤務先での現在の業務内容や、以前の勤務先を含めたこれまでの業務経験(担当した仕事やプロジ ェクトなど)を具体的にお書きください。また、これまでの実務経験の中から得られた気づきやノウハウ、 さらに自分や具体的に直面した課題やその解決策など実例をあげて具体的に記述してください。

2.志願理由(1)中央大学ビジネススクールを志願する理由をお書きください。(2)実務におけるあなたの現在の関心事項、問題意識などをできるだけ詳しく具体的に記述してください。(3)本研究科修了後のキャリアプランを記述してください。

3.本研究科で学びたいこと(1)中心的に学びたい分野について、以下より1つ選択しその分野名を記入してください。またその理由を説明してください。①戦略 ②マーケティング ③人的資源管理 ④ファイナンス ⑤経営法務

入試対策

入試対策は先に説明した志望理由書の対策が中心です。

面接は志望理由書をもとに行われますので、志望理由書の対策をすればOKということです。
志望理由書は、経営学に関する専門的な知識が必要となりますので、経営学の学習経験がない方は、まずは基礎知識のインプットから始める必要があります。

各分野の専門書を買い込んで独学で勉強するか、予備校に通って基礎知識をインプットするかをする必要があります。

基礎知識のインプットが終わったら、実際に志望理由書を作成しますが、CBSは特定の研究テーマの設定が必要なわけではありませんので、素人の方でも比較的簡単に作成できるかと思います。

アガルートでの指導経験から言うと、ここ数年、アガルートからCBSを受験した方は全員が合格していますので、それほど人気があるわけではないかもしれません。
ただ万全を期すためにアガルートのような予備校を利用して指導を受けてもいいかと思います。

● この記事の著者

飯野 一講師

ウインドミル・エデュケイションズ株式会社で代表取締役を務めながら受験指導をおこない,約20年間にわたる指導経験を有する国内MBA受験に精通したプロフェッショナル講師。
国内MBAに関する書籍を多数出版し,ベストセラーを生み出している国内MBA受験に関する人気作家としての側面も持つ。
国内MBA修了生としては珍しい学術論文の学会発表,学会誌掲載の実績を持つ。

Page Top