HOME > 国内MBA > 国内MBAコラム > 【飯野一講師の特別コラム終】国内MBAの未来について|国内MBA試験

【飯野一講師の特別コラム終】国内MBAの未来について|国内MBA試験

国内MBAについて様々な内容を語ってきました。最後にまとめとして、国内MBAの未来について記します。

もくじ

まとめ 生き残る国内MBAとは

国内MBAに関して様々な視点からいろいろなことを述べてきました。最後にまとめとして、国内MBAの未来について書いて終わりにします。
先の「国内MBAの難易度・倍率」の部分で書きましたが、一部の国内MBAを除いては日本人の社会人だけを対象としては成り立たなくなっています。
そのために日本語がお世辞にもうまいとは言えない留学生を入学させたり、ビジネス経験のない大学生を入学させたりして経営を成り立たせている状況です。
ウインドミルで指導をしていて、夜間の社会人対象の大学院なのに、社会人経験のない大学生が合格したりしている現状があります。

このようにかなり学生集めに苦労している国内MBAも多く存在するのです。そのために、国内MBAはどうなるのか?と思っている方もいると思います。

筆者が考えるには、国内MBAが今後生き残って行き、ビジネススクールとして定着するには、欧米のMBAにはない国内MBAだけの特徴を備える必要があると考えています。
その特徴とは、これまでもさんざん説明してきましたが、修士論文を必須にしたMBAです。
米国のMBAはかなりの規模があります。そのために、学生一人一人に向き合うような指導はできません。学生が少ない国内MBAだからこそ実現できるのが修士論文指導なのです。
欧米のスタンダードに捉われることなく、日本独自のMBAということで修士論文を必須として計量分析を課すのです。これによって国内MBA以外のMBAを修了した学生との差別化が実現します。この差別化によって、欧米にはない日本独自のMBAを打ち出すことによってグローバルで戦っていくのです。これが国内MBAが今後生き残る手段だと思います。

将来に残っていく国内MBA、それは修士論文による計量分析を必須として課している国内MBAだと予測します。
皆さんも、この視点で国内MBAを選ぶと失敗しない国内MBA選びができると思います。
長い文章をお読みいただきありがとうございました。本文章が皆様のお役に立てたならば非常にうれしく思います。

● この記事の著者

飯野 一講師

ウインドミル・エデュケイションズ株式会社で代表取締役を務めながら受験指導をおこない,約20年間にわたる指導経験を有する国内MBA受験に精通したプロフェッショナル講師。
国内MBAに関する書籍を多数出版し,ベストセラーを生み出している国内MBA受験に関する人気作家としての側面も持つ。
国内MBA修了生としては珍しい学術論文の学会発表,学会誌掲載の実績を持つ。

アガルートアカデミーのMBA入試対策講座

アガルートアカデミーでは、飯野講師をはじめとして難関MBA入試で長年教鞭をとってきたベテランプロ講師が講義を担当しています。
すべての講座をオンラインで配信しておりますので、時間、場所を選ばず受講することができます。お仕事等でなかなか学習時間が取れない方に最適です。資料請求をしていただければ、無料でサンプルテキストとサンプル講義を配信させていただきます。難関MBAの受験を考えている方は、ぜひご検討ください。

Page Top