HOME > 国内MBA > 慶應大学ビジネススクール【入試内容と対策】

慶應大学ビジネススクール【入試内容と対策】

慶應大学ビジネススクール

MBA大学院の特長

慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應大学ビジネススクール)には2つのMBAコースがあります。
一つ目は2年制で全日制のフルタイムMBA,もう一つが基本的に土曜日だけの通学で済むEMBA(エグゼクティブEMBA)です。

▼全日制MBA

2年生の全日制MBAは大学卒の新卒から定年退職した方まで幅広い学生が学ぶMBAです。社会人だけでなく大学卒の新卒の方も非常に多く在籍しています。また日本人だけでなく留学生も多く在籍していまして、非常に多様性に富んだMBAだと言えます。学費は2年間の合計が4,333,600円となっています。

▼EMBA

EMBA(エグゼクティブEMBA)は、2年制で基本的に土曜日に授業をおこなうMBAです。また受験資格が限定されています。EMBAプログラムは在籍先の企業・団体等における職務に精通した方々を対象とすることから、入学年度の4月1日の時点で15年相当以上の職務経験があることを出願の要件としています。職責を全うしながら2年間でMBAを取得し、プロフェッショナルとして在籍先でステップアップしていける人材の育成を目指しているのです。学費は2年間の合計が7,033,600円となっています。

入試内容

入試のスケジュールですが、全日制のMBAは,「10月に出願する秋入試」 と 「翌年の1月に出願する春入試」 の2回行われています。
EMBAは出願方式がAとBに分かれていまして、Aは企業派遣の受験者が対象の入試となっています。企業派遣者とは証券取引所上場企業およびこれに準ずる企業・団体から選抜されて派遣される者、または、本研究科が指定した企業・団体から選抜されて派遣される者となっています。そして在学期間中の学費について、原則として派遣企業・団体が全部または一部を負担する者という条件を満たす必要があります。この出願方式Aの入試は11月出願と12月出願の2回となっています。企業派遣ではない一般の受験生は出願方式Bでの受験になりますが、この出願方式Bは12月~1月の出願になっています。

次に入試の受験科目ですが、全日制MBA,EMBAともに「志願者調書」という出願書類を提出する形になります。その出願書類での書類審査が1次試験として課されていまして、それに合格すると2次試験は小論文と面接になります(EMBAの出願方式Aは小論文はなく、出願書類と面接での審査になります)。

最後に難易度ですが、全日制MBAの受験倍率は2019年の入試は283名受験して105名の合格ですから、3倍弱の倍率となっています。これは毎年ほぼ同じくらいの倍率です。比較的高い倍率で難易度が高いMBAとなっています。 次がEMBAの受験倍率ですが、2019年の入試は68名受験して53名の合格となっていますので、倍率1,28倍でかなり低くなっています。この傾向は毎年ほぼ同じですので、慶應のEMBAは比較的簡単に合格できるEMBAだと思います。

入試対策

2年生の全日制のMBAの過去問の傾向から説明します。実際に入試を受ける際のテストは、小論文だけです。
この小論文の過去問の出題傾向ですが、一定の傾向はありません。年によってまったく傾向が異なっています。経営学の深い知識が不要な問題、統計学に関する知識が必要な問題、大学受験の現代文のような国語力を試す問題、など何が出るかが予想できないのが慶應の小論文です。
ただ、近年の傾向としては、あまり難易度の高い問題は出題される可能性が低くなっていると予想します。なぜならば、近年の慶應MBAの受験者は留学生が非常に多くなっているからです。留学生にあまりにも難易度の高い経営学の問題を出題しても、解答できない留学生が非常に多いからです。それほど日本語が流暢に話せない留学生であっても解答できるような比較的簡単な問題が出題されているのです。その結果として、先に説明したような大学受験の現代文のような問題が出題されているのです。なので、絶対とは言えませんが、慶應の小論文試験はそれほど難易度の高い問題は出題されないと予想しています。仮に難易度の高い問題が出題された場合は、仮に20点、30点でも合格すると予想しています。

▼全日制MBAの学習スケジュール

全日制の2年制を受験する場合の学習スケジュールですが、小論文、出願書類(志願者調書)の対策として、まずは経営学の知識をインプットすることから始めるといいと思います。完全な初心者は入試の半年前くらいから経営学の知識のインプットをするとゆとりを持って対策ができると思います。なので、秋入試を目指す場合は、4~5月くらいに受験勉強を始めるといいと思います。
また、慶應大学の小論文は120分でかなりの量を書かせる論述問題が出題されます。そのため、日ごろから一定の時間内にある程度の字数を書くトレーニングをしておくことをお勧めします。このトレーニングも秋入試を目指す場合は、インプットと並行して4~5月くらいに学習を開始するといいと思います。
ただ、先に説明した通り、近年の慶應の小論文試験は非常に簡単な問題が出題されていますので、日本人の問題意識の高い受験生なら、上記に説明したスケジュールとは関係なく、ほとんど準備せずに受験して合格するケースも見られます。なので、時間がない方の場合は、上記のような万全の準備はせずに、とりあえず受験してみるということもありだと思います。

経営学の知識のインプットと並行して、志願者調書を書き始めます。これは人にもよりますが、2か月くらいあればしっかりしたものが書けると思います。慶應の志願者調書は、他の大学院と異なり研究テーマなどは要求されていませんので、問題意識の高い方なら1か月もあれば十分に作成可能だと思います。過去のアガルートの受講生には、出願の10日前に作成を開始して、ギリギリ間に合って出願して合格した方もいますので、2か月から1か月くらいの期間を予定しておけば問題ないかと思います。

▼EMBAの学習スケジュール

EMBAに関してですが、出願方式Aの方は「志願者調書」と面接のみですので、出願の1~2か月前に準備を開始すればいいと思います。志願者調書の内容は、全日制同様に研究テーマの提示が求められていませんので、それほど時間や手間はかからずに作成できると思います。

出願方式Bの方は「志願者調書」と小論文が課せられていますので、小論文の対策はした方がいいと思います。ただ、先に説明した通り、受験倍率が低いので、合格し易い試験だと思います。万全を期したい方は、4~5か月前から小論文対策を始めることを勧めます。

● この記事の著者

飯野 一講師

ウインドミル・エデュケイションズ株式会社で代表取締役を務めながら受験指導をおこない,約20年間にわたる指導経験を有する国内MBA受験に精通したプロフェッショナル講師。
国内MBAに関する書籍を多数出版し,ベストセラーを生み出している国内MBA受験に関する人気作家としての側面も持つ。
国内MBA修了生としては珍しい学術論文の学会発表,学会誌掲載の実績を持つ。

Page Top