ノウハウ

国内MBAの志望理由書とは?求められる内容と基本の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本コラムでは、国内MBA入試で課せられている志望理由書について、以下の3点について説明します。

志望理由書とは何を書くのか、そして志望理由書を書く際のポイント、すなわち試験官がどんな点をチェックしているのかについて説明します。

最後に、最後に志望理由書の書き方について説明します。

志望理由書は国内MBA入試において、研究計画書と並んで、合否を決する上で最も重要な書類です。

志望理由書の出来で合否が決まると言っても過言ではありません。

これから国内MBA受験を検討しようという方は、本コラムを読んで、自身が受験する際の志望理由書のイメージをつかんでいただければと思います。

理系、経営学完全初心者から難関MBA合格!

合格特典はお祝い金10万円&入学後重要なTOEIC講座の無料受講

ストーリー仕立ての楽しくわかりやすい講義!

出願書類・研究計画書の無制限添削で安心!

サンプルテキスト付き

実際の講義動画を見れる!

【飯野一講師が動画で解説!】

アガルートアカデミー国内MBA講座の飯野一講師が、国内MBA入試における志望理由書とはどんなものか、提出を求められる理由、そして書き方について解説します。

国内MBAにおける志望理由書とは?大学院へのラブレター

国内MBA入試における志望理由書とは、一般的には「国内MBA(その大学院)の志望動機」「国内MBA修了後のキャリア計画」について自身の考えを書く書類です。

志望理由書によって「志望度」を表現します。

なぜ自分がMBAへの進学を志望するのか?
数あるMBAの中で、どうしてその大学院のMBAなのか?

という自分の志望度を文章で伝えるのです。

これは受験生から大学院側へのラブレターとも言える書類です。

「貴大学院のMBAを~~~という理由で志望します」という熱意を伝えることで、MBA大学院に自分の熱い想いを伝える書類、それが志望理由書なのです。

関連コラム:国内MBAの小論文とは?講師が基本の書き方を説明します

志望理由書を求められる2つの理由

理由1 「ゼネラリスト」になる目的のチェック

志望理由書が求められている1つ目の理由は、MBAというのは会計士や弁護士などの特定の分野のスペシャリスト(専門職)を育成する場ではなく、経営に関するゼネラリスト(幅広い知識を持った人材)を育成する場だからです。

会計士や弁護士などは大学院修了後に進むべきキャリアは決まっています。

しかし、MBA大学院を修了しても、何か専門職としての職業が待っているわけではないのです。

スペシャリストではなくゼネラリスト養成がMBAの目的ですから、当たり前のことですが、「本当にゼネラリストになりたいのか」「ゼネラリストになって何をしたいのか」といった点を試験官はチェックしたいのです。

よってMBAの志望理由書では、特定の科目に限定せずに、経営学に関する全般的な知識、具体的には、経営戦略、マーケティング、組織論、組織行動学、アカウンティング、ファイナンス、オペレーションマネジメント、生産管理、情報マネジメント、経済学、統計学など経営学全般をトータルで学ぶ必要性を訴える必要があるのです。

理由2 受験生の希望とMBA大学院側の相性チェック

2つ目の理由は、受験生の希望とMBA大学院側の相性をチェックするためです。

企業経営のゼネラリストになることを目的に志望したとしても、伝統的な大企業の経営者になるのか、自分でベンチャー企業を起こして創業経営者になるのかでは目的が異なります。

MBA大学院によっては、大企業の経営者候補が欲しいMBAもあれば、ベンチャー企業の創業者が欲しいMBAもあります。

MBA大学院によって、どのようなバックグラウンドを持つ学生を好むかは違っています。

このようにMBA大学院によって、特徴がありますので、受験生の希望とMBA大学院側の相性をチェックする必要があり、その確認手段として志望理由書を提出させているのです。

志望理由書の書き方 2つのステップ

では、志望理由書の基本的な書き方を説明します。

志望理由書は、「国内MBA(その大学院)の志望動機」「国内MBA修了後のキャリア計画」の2つの視点で書くことを求められている大学院がほとんどです。

第1のステップ 「キャリアゴールの設定」

よって、第1のステップは、自分の「キャリアゴールの設定」です。

キャリアゴールの設定とは、「自分が将来、どの分野で、どんな仕事をしていたいのか」を決定することです。

キャリアゴールの設定ができたら、次になぜそのキャリアゴールを設定したのか、という理由を考えてください。ここまでが第1ステップです。

第2のステップ 「自分の現状分析」

第2のステップは、「自分の現状分析」です。

キャリアゴールの設定ができたら、それを達成するために何をどうするのかを考える必要があります。

何をどうするのかを考えるためには、現状の自分を知らなければならなりません。

そこで現状の自分自身を分析するのです。

分析の仕方としては、自分の強みと弱みを考えることです。

キャリアゴールと自分の強み・弱みを対比させ、どの強みはさらに強化し、その弱みは克服していく必要があるのかを明確にするのです。


以上の分析をもとに、自分の強みをさらに強化できる環境がMBAにあり、自分の弱みを克服する環境もMBAにある、ということが言えるような論理的な流れを作って、文章化すれば志望理由書は完成します。

ぜひ、ここで説明した手順で志望理由書作成に挑戦してください。

理系、経営学完全初心者から難関MBA合格!

合格特典はお祝い金10万円&入学後重要なTOEIC講座の無料受講

ストーリー仕立ての楽しくわかりやすい講義!

出願書類・研究計画書の無制限添削で安心!

サンプルテキスト付き

実際の講義動画を見れる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事の著者 飯野 一 講師

飯野 一 講師

ウインドミル・エデュケイションズ株式会社で代表取締役を務めながら受験指導をおこない、約20年間にわたる指導経験を有する国内MBA受験に精通したプロフェッショナル講師。

国内MBAに関する書籍を多数出版し、ベストセラーを生み出している国内MBA受験に関する人気作家としての側面も持つ。

国内MBA修了生としては珍しい学術論文の学会発表、学会誌掲載の実績を持つ。

講座を見る

20日間無料で講義を体験!