HOME > 司法試験・予備試験 > アガルートから予備試験1年合格者誕生

アガルートから予備試験1年合格者誕生

予備試験1年合格

平成29年11月9日,法務省より平成29年予備試験の最終合格発表がありました。アガルートアカデミーでは,予備試験1年合格カリキュラムをご提供して参りましたが,受講生の古積潤一朗さん(東京大学2年生)が見事,本カリキュラムを用いた1年間の学習で合格を果たされました!古積さんから,早速喜びの声が届いています。

古積潤一朗さん

大学入学後,司法試験や予備試験を目指して学習を開始しようと思い,インターネットで検索したところ,たまたまアガルートアカデミーのことを知りました。
私は,できるだけ早く司法試験に合格したかったので,予備試験に1年合格できるカリキュラムは非常に魅力的に映りました。また,講師の先生方が直接指導してくれる機会があることも,アガルートアカデミーに決めた大きな要因です。
受講してみて,最も合格に役立った講座は,「総合講義300」「論証集の『使い方』」「重要問題習得講座」です。
「総合講義300」には,予備試験を受けるにあたっての最低限の知識がコンパクトにまとまっています。そのため,予備試験用の知識を早く概観したい人におすすめです。また最高2倍速にできるため,自信のある範囲は早く終わらせることが可能です。私は総合講義を2ヶ月と少しで終わらせました。
「論証集の『使い方』」で用いる合格論証集は,論文答案を書く上で重要となるフレーズが数多く載っています。もちろんこれを暗記すれば良いというものではありませんが,論証集自体がコンパクトということもあり,持ち歩くのに便利だったので,復習用に重宝しました。
「重要問題習得講座」は,各科目50問以上の論文問題を潰すことができ,過去問を解く前の論文答案作成練習となりました。解答例が論文答案作成の参考になりました。過去問演習に入る前は重要問題習得講座のテキストをひたすら解き直していました。
また,谷山講師には,定期的に答案指導をして頂き,どんな問題にも対応できる答案の「型」を身につけることができました。1年合格を目指す場合には,他の受験生よりも学習期間が短くなるので,この「型」を身につけることができるかどうかは非常に重要だと感じます。
予備試験は生半可な試験ではないことをこの1年身をもって実感しました。やると決めたからにはやり通すという強い意志が必要です。またどうせなら,楽しもうという気持ちでやることも大事だと思います。相当の長丁場になるので,少しは楽しまないと長続きしないからです。
最後に,大学1年から法律の勉強を一から始めて,1年で予備試験に合格できたのもアガルートの効率的な学習教材と先生方の指導の賜物だと思います。本当に感謝してもしきれません。これから半年後の本試験に向けて,慢心することなくさらに精進していきたいと思います。

アガルートアカデミーの予備試験1年合格カリキュラム