HOME > 行政書士試験 > 【行政書士試験】合格者の声(インタビュー&合格者アンケート)

【行政書士試験】合格者の声(インタビュー&合格者アンケート)

行政書士試験合格者の声

令和2年度行政書士試験におけるアガルートアカデミー受講生の合格率は 67.2%!
全国平均10.7%の約6.28倍!となっております。

合格された方のインタビューを紹介しておりますので,是非ご覧ください。
また,インタビューはぞくぞく更新予定です。
※合格率は,アガルートアカデミー有料講座受講生の合否アンケート集計結果から算出しております(合格者数を受験者数で除して算出)

行政書士試験 合格者の声

通勤時間と子供が寝ている間の1日2時間を勉強にあて行政書士試験に合格

まだ子供が保育園に通っているくらいなのでずっと先のことなのですが、この子たちに子供ができて自分が祖父という立場になったとき、現役で働いている姿を見せ、働いて稼いだお金でお小遣いをあげられればいいなと考えました。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講入門総合講義/入門総合カリキュラム

豊村先生を信じぬいて合格できました。みなさんも豊村先生を信じて頑張ってください!

法学部を卒業して10年以上経ちますが、法律に興味があるからと両親に頼んで入学した大学で何気なく過ごした日を社会人になってから後悔することがありました。社会人で宅建士を取得後、幅広い法律を学べる行政書士を知り、挑戦することを決めました。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講中上級総合講義/中上級総合カリキュラム
豊村ゼミ

「隙間時間の女王になる!」とにかく聴くことで行政書士試験1年合格を実現

本当に良い講座に出会えて感謝しています。今後は、行政書士資格も併せ持つ社会福祉士として、主に社会的養護下にある子どもたちやそのご家族のお手伝いを続けていきたいと願っています。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講中上級総合講義/中上級総合カリキュラム
豊村ゼミ

1年後の就職活動に向けてアピールできるものを求め受験した公務員志望の大学生

私は大学三回生の4月、先輩方の就職活動の様子を近くで見た際に将来に対する意識が芽生えました。公務員を志望していることもあり受験科目がかぶっていることと、難関といわれる資格を保有できると感じた点に魅力を感じたからです。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講入門総合講義/入門総合カリキュラム

大学院に通いながら時間を気にせず映像授業が見れる、合格率が高い、問題が豊富である、この3点を重視しました

大学の専攻が行政法で大学で学んだことを何か形に残したいと思い行政書士受験を決めました。また、行政書士は、司法書士や税理士などと同じく、独立開業することができる士業資格であると知り、いずれは自分の事務所持ちたいとも思ったからです。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講入門総合講義/入門総合カリキュラム

受講開始した時点で試験日まで4ヶ月半を切っていても合格!

私は以前,警察署で勤務していたのですが,警察が被害届や告訴状をなかなか受理しない現状に対して納得できないと感じていました。そうした問題意識を持っていた事が,警察署に対する被害届や告訴状作成を業とできる法律家として,行政書士を目指すきっかけの一つとなりました。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講速習カリキュラム

独学受験7回、アガルートで8回目に合格「正しい方法で努力することが重要だと痛感しました。」

行政書士試験は過去に7回ほど受験しましたが、なかなか結果が出ず、4回ほど落ち続けた時点で一度、気分転換も兼ねて宅地建物取引士の資格試験にシフトし、合格したうえで再度、行政書士試験をめざすことにしました。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講中上級総合講義/中上級総合カリキュラム

法律家への夢を諦めきれず行政書士試験に挑戦

もともと弁護士を目指してロースクール(未修コース)にて法律の勉強をしていました。
自分なりに頑張ったものの成績が振るわなかったことと、妊娠、出産、育児と勉強との両立が難しかったため、自分には無理だと思い一度は法律を志すことを断念。
しかし、法律家への夢をあきらめきれず、最初の足掛かりとして行政書士試験の合格を勝ち取ろうと思いました。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講中上級総合講義/中上級総合カリキュラム

定年退職を数年後に控え、定年後も独立して社会に貢献できる行政書士に

定年退職を数年後に控え、定年後も独立して社会に貢献できる仕事はないかと考えていた時、大学が法学部(国際関係法専攻)出身なこともあり、法律に関する知識を使った仕事がしてみたいと思いました。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講中上級総合講義/中上級総合カリキュラム

宅地建物取引士試験取得からのステップアップで行政書士試験挑戦へ

定年退職まで,あと5年という期限が迫った2013年に宅地建物取引主任者(現 宅地建物取引士)の資格を取得し,その勢いでステップアップ資格として2015年に初めて行政書士試験に挑戦しました。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講中上級総合講義/中上級総合カリキュラム

土地家屋調査士とのダブルライセンスを目指して挑戦

土地家屋調査士という国家試験に合格し、実務をやっていますが、農地転用や開発許可申請手続を行政書士の先生が専門としてやっていることを身近に感じており、ダブルライセンス所得のため資格試験に挑戦してみようと思い勉強を始めました。

インタビュー映像・合格者アンケート

受講中上級総合講義/中上級総合カリキュラム