HOME > 土地家屋調査士・測量士補試験 > 土地家屋調査士・測量士補試験 | 講座一覧 > 【土地家屋調査士試験】記述式過去問解析講座

【土地家屋調査士試験】記述式過去問解析講座

本サイトの価格は,すべて税抜きになります。

記述式過去問解析講座

平成17年度からの土地家屋調査士試験 記述式過去問(土地・建物)を作図・計算のテクニックとともに詳細に解説します。

土地家屋調査士試験では,2問(土地・建物)の記述式問題が出題されます。
本講座では,速く正確に解答するための様々なテクニックとともに,講師が実際に机上でどのような処理を行っているのかをありのままにお伝えいたします。

時間
  • 約15時間
教材発送日
平成17年~平成30年:2019年9月3日
 令和元年:2020年2月13日
視聴開始日
平成17年~平成30年:2019年9月3日
 令和元年:2020年2月13日
視聴期限
2020年10月31日

担当講師:中山祐介

講座ガイダンス&サンプル講義

記述式過去問解析講座 ガイダンス 中山祐介講師

本講座では,速く正確に解答するための様々なテクニックとともに,講師が実際に机上でどのような処理を行っているのかをありのままにお伝えいたします。

テキストの閲覧 (PDF)

記述式過去問解析講座 サンプル講義 中山祐介講師

本講座では,速く正確に解答するための様々なテクニックとともに,講師が実際に机上でどのような処理を行っているのかをありのままにお伝えいたします。

テキストの閲覧 (PDF)

本講座の特長

実践的な問題把握・検討方法について解説

速く・正確に論点を見極めるためには,「問題を読む順序」について工夫をする必要があります。
読み戻りをなくし,論点を先読みする力を養成します。

ミスをなくす実践的なノウハウをご提供

本試験で配布される「答案構成用紙」へのメモだけでなく,解答用紙を使ったミスをなくす実践的な「解き方」を講師自ら実演します。
この「解き方」を型にすることで,どのような問題が出題されても,合格に必要な得点を取ることができます。

現行出題形式となってからの,すべての過去問(問21,問22)を解説

「登記の目的」には,記述式問題として出題することができるものとできないものがあります。
すべての過去問にふれることで,本試験で出題が予想される論点を網羅的に潰すことができます。

3講座をつなぐ,総まとめ的講座

「総合講義」「複素数で解く測量計算」「定規の使い方講座」の3講座を架橋する講座です。
(※本講座では,テキスト内に複素数での計算方法や作図準備の記述はありますが,計算・作図についての実演講義はございません。)
調査士試験に必要な知識と技術の「使い方」を学習することで,応用力が身に付きます。

価格/講座のご購入

  • 土地家屋調査士試験
    記述式過去問解析講座
    49,800円(税抜)
    ご購入

Page Top