HOME > 土地家屋調査士・測量士補試験 > 土地家屋調査士・測量士補試験 | 講座一覧 > 土地家屋調査士試験 | 複素数で解く測量計算

土地家屋調査士試験 | 複素数で解く測量計算

複素数モードの手順を解説します。

土地家屋調査士試験の記述式試験,特に土地に関する問題で,圧倒的に速く正確に計算できる複素数モード。
本講座では,練習問題を使って,関数電卓の準備・複素数モードのセットアップ・座標値の入出力方法・座標計算・基準点測量・面積計算をご説明いたします。


担当講師: 中山祐介

時間:5時間

教材発送日:2018年5月22日
※ 教材発送日後は,原則として,入金確認後,翌営業日内に教材を発送いたします。ただし,在庫切れ,ご注文が集中している等の場合,3日~1週間程度のお時間をいただくことがございます。

使用する電卓:CASIO fx-JP500

動画視聴開始日:2018年5月22日

視聴期限:お申込み手続き完了日から550日(約18ヶ月)
※ 配信開始日前にお申込み手続を完了されている場合,起算日は配信開始日となります。

サンプル講義

【アガルートアカデミー土地家屋調査士試験】無料公開講座
複素数で解く測量計算 ガイダンス
中山祐介講師

 本講座では,練習問題を使って,関数電卓の準備・複素数モードのセットアップ・座標値の入出力方法・座標計算・基準点測量・面積計算をご説明いたします。

【アガルートアカデミー土地家屋調査士試験】無料公開講座
複素数で解く測量計算 サンプル講義
中山祐介講師

 本講座では,練習問題を使って,関数電卓の準備・複素数モードのセットアップ・座標値の入出力方法・座標計算・基準点測量・面積計算をご説明いたします。

テキストダウンロードはこちら

本講座の特長

本試験で出題されるすべての計算を網羅

関数電卓の準備・複素数モードのセットアップに始まり,座標値の入出力方法,座標計算,基準点測量,面積計算など,本試験で出題されるすべての計算を網羅しています。

計算が圧倒的に速くなり,正確になる

複素数を用いることで,記述式問題での計算が圧倒的に速くなります。
キーを打つ回数が少なく,数値をメモする必要がなくなるため,計算ミスが少なくなり,正確に答えを求めることができます。

すべてのテクニックを1問で総復習できるオリジナル問題を収録・解説

本試験であまり出題されないマイナーな計算は,どうしても復習の機会が少なくなってしまいます。
そこで,すべての計算・テクニックを1問の中に入れたオリジナル問題を収録。この問題を解くだけで,無駄なく学習した関数電卓の操作の定着・維持をすることができます。

価格/講座のご購入

  • 複素数で解く測量計算
    15,000円(税込)
    ご購入

Page Top