HOME > 土地家屋調査士・測量士補試験 > 令和元年度(2019年)本試験 点数別対策分析

令和元年度(2019年)本試験 点数別対策分析

令和元年度 本試験点数別対策分析

受験生の皆様,本試験受験お疲れ様でした。

11月21日(木曜日)16時から予定されている令和元年度 土地家屋調査士試験の択一式基準点の公表結果を中山講師が詳細に分析し,択一式の点数別に,それぞれに最適な「これからの学習の方向性」をお示しいたします。

点数ごとに3段階のクラスに分け,それぞれのクラスごとに必要な学習や対策方法を公開しますので,一般的な分析よりもさらに踏み込んだ実践的な内容となっております。

さらに動画だけでなく,11月30日(土曜日)には,3段階のクラス別の対策分析会イベントをアガルートアカデミー 飯田橋ラウンジにて実施いたします。こちらは,中山講師とのディスカッション形式を予定しております(後日の動画配信はありません。)。

いずれも,本試験の結果を受け,次につながるための対策を講じる良い機会となりますので,是非,ご視聴,ご参加ください。

択一式自己採点結果 12問までの方向け点数別対策分析

公開日時
11月21日(木)19時公開

択一式自己採点結果 13問から16問までの方向け点数別対策分析

公開日時
11月21日(木)19時公開

択一式自己採点結果 17問から全問正解の方向け点数別対策分析

公開日時
11月21日(木)19時公開
点数別対策分析会イベント

ガイダンス

日時

・択一式自己採点結果 12問までの方向け点数別対策分析会

11月30日(土)11:00~13:00

・択一式自己採点結果 13問から16問までの方向け点数別対策分析会

11月30日(土)14:00~16:00

・択一式自己採点結果 17問から全問正解の方向け点数別対策分析会

11月30日(土)17:00~19:00

場所

アガルートアカデミー 飯田橋ラウンジ

場所の詳細はこちら

価格

無料

定員

各クラス先着15名 ※最少開催人数は5名

持ち物

  • ・令和元年度 土地家屋調査士試験の問題用紙
  • ・ご自身の再現解答(択一式・記述式)

注意点

  • ・令和元年度 土地家屋調査士試験受験者を対象として行われます。お申込みの際は,ご注意ください。(アガルートの講座・カリキュラムをご受講の方以外の方もご参加いただけます)
  • ・お申し込みにはアガルートアカデミーへの会員登録が必要になります。
  • ・参加人数の関係から、分析会はどれか1つの会に限らせて頂きます。

お申し込み

イベントは終了いたしました。

多くのお申し込み・ご参加ありがとうございます。

担当講師のご紹介とメッセージ

中山祐介

中山祐介

  • 平成20年法政大学 文学部地理学科 卒業
  • 平成22年東京都立大学大学院 都市環境科学研究科 修了(理学修士)
  • 平成24年土地家屋調査士試験を全国1位で合格(択一1位・書式2位)
  • 平成26年行政書士試験合格

講師からのメッセージ

本試験受験,大変お疲れ様でした!
択一式の基準点が公表されたことで,「それでは記述式でどこまで書けていれば合格に届くのか?」「次につなげるためには,何をどこまでやればいいのか?」「今までの学習は正しいのか?それとも改善する必要があるのか?」などなど,色々と考え,悩むことがあるかと思います。

悩みと,それを解決するための方策は,択一式の点数ごとに大きく異なります。択一式の点数ごとに,最適な解決策・合格のためにやるべきことがあります。それをお示しします。

また,直接お会いできるイベントだからこそ,動画では語れないような,より個別具体的な相談や提案もしていきます。
是非,この点数別対策分析会を,次に進むための足掛かりとしてご活用ください。

Page Top