HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験 論文対策 > 2018 司法試験 重要問題習得講座

2018 司法試験 重要問題習得講座

全7科目約450問。この問題を繰り返せば,もう論文式試験は怖くないという自信を身に着けられる講座です。

本講座は,既に基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している方を対象として,問題演習と約65時間の講義で論文問題を速やかに処理する力を養成する講座です。
予備試験・司法試験で問われる現場思考型の問題に対して,十分に考える時間を取るためには,基本問題をいかに手早く処理できるかがカギを握ります。
また,現場思考型の問題を考える際に軸足となるのは,やはり,基本問題に関する正確な知識です。
そこで,数多くの論文問題を解き,答案作成までの思考過程を確立し,その精度を高めていく必要があります。
本講座では,受験生であれば必ず押さえておくべき重要な問題を1科目当たり40~70問用意しました。また,最後に範囲横断的な問題を揃えた総合問題編をご用意しましたので,習熟度チェックにお使いください。
約450問の問題演習を通して,論文問題を速やかに処理する力を身に着け,論文式試験に向けて万全の対策をすることができます。
※ 総合問題編の問題は,過去の答練の問題を使用しております。


担当講師 工藤北斗

時間
 ◇憲法:約10時間
 ◇行政法:約6時間
 ◇民法:約12時間
 ◇商法:約9時間
 ◇民事訴訟法:約9時間
 ◇刑法:約10時間
 ◇刑事訴訟法:約9時間
 ◆合計:約65時間
※ 時間数は,多少前後する場合がございます。

 

教材発送日,視聴開始日
 民法・商法・民事訴訟法:2018年2月26日
 刑法・刑事訴訟法:2018年4月9日
 憲法・行政法:2018年6月15日
※1 教材発送日後は,原則として,入金確認後,翌営業日内に教材を発送いたします。
ただし,在庫切れ,ご注文が集中している等の場合,3日~1週間程度のお時間をいただくことがございます。
※2 USBメモリは受注生産商品のため,在庫切れの場合,3週間程度のお時間をいただくことがございます。

視聴期限:
 2019/12/31

 

サンプル講義

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
重要問題習得講座 民法 第72問
工藤北斗講師

既に基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している方を対象として,問題演習と約65時間の講義で論文を処理する力を養成する講座です。必ず押さえておくべき重要な問題を1科目当たり40~70問を用意しました。工藤北斗講師作成の信頼のおける解説・解答例で確実に論文処理力を身に着けることができます。

テキストのダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
重要問題習得講座 商法 第51問
工藤北斗講師

既に基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している方を対象として,問題演習と約65時間の講義で論文を処理する力を養成する講座です。必ず押さえておくべき重要な問題を1科目当たり40~70問を用意しました。工藤北斗講師作成の信頼のおける解説・解答例で確実に論文処理力を身に着けることができます。

テキストのダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
重要問題習得講座 民事訴訟法 第19問
工藤北斗講師

既に基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している方を対象として,問題演習と約65時間の講義で論文を処理する力を養成する講座です。必ず押さえておくべき重要な問題を1科目当たり40~70問を用意しました。工藤北斗講師作成の信頼のおける解説・解答例で確実に論文処理力を身に着けることができます。

テキストのダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
重要問題習得講座 刑法第10問
工藤北斗講師

既に基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している方を対象として,問題演習と約65時間の講義で論文を処理する力を養成する講座です。必ず押さえておくべき重要な問題を1科目当たり40~70問を用意しました。工藤北斗講師作成の信頼のおける解説・解答例で確実に論文処理力を身に着けることができます。

テキストのダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
重要問題習得講座 刑事訴訟法第3問
工藤北斗講師

既に基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している方を対象として,問題演習と約65時間の講義で論文を処理する力を養成する講座です。必ず押さえておくべき重要な問題を1科目当たり40~70問を用意しました。工藤北斗講師作成の信頼のおける解説・解答例で確実に論文処理力を身に着けることができます。

テキストのダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
重要問題習得講座 憲法第40問
工藤北斗講師

既に基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している方を対象として,問題演習と約65時間の講義で論文を処理する力を養成する講座です。必ず押さえておくべき重要な問題を1科目当たり40~70問を用意しました。工藤北斗講師作成の信頼のおける解説・解答例で確実に論文処理力を身に着けることができます。

テキストのダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
重要問題習得講座 行政法第35問
工藤北斗講師

既に基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している方を対象として,問題演習と約65時間の講義で論文を処理する力を養成する講座です。必ず押さえておくべき重要な問題を1科目当たり40~70問を用意しました。工藤北斗講師作成の信頼のおける解説・解答例で確実に論文処理力を身に着けることができます。

テキストのダウンロードはこちら

本講座の特長

(1)重要問題を網羅

論文式試験で安定して得点するためには,基本知識・基本論点に穴があってはいけません。しかし,その対策のために数多くの問題集や演習書を自分で選定しつつ,その全てを解くことは,膨大な時間がかかるため,効率的とはいえません。本講座では,工藤北斗講師が旧司法試験,司法試験,予備試験,法科大学院入試の出題実績を踏まえつつ,基本知識・基本論点を問う重要な問題を,1科目40問から70問程度選定しました。
本講座のテキスト・講義をこなすことで,余すところなく,重要問題を習得することができます。

(2)工藤北斗講師が全てを書き下ろす

従来,市販されている問題集等に掲載されている解説・解答例は信頼するに足りないものも多く,残念ながら時間をかけて問題集を解いても,正しく論文を処理する力が身に着かないことがありました。本講座テキスト(問題集)に掲載されている解説・解答例は全て工藤北斗講師が判例・通説の立場から書き下ろし,それに基づいて講師自らが解説しますので,確実に正確な論文処理力を身に着けることができます。

(3)重要問題を一気に回す

重要問題を習得するために市販の問題集を用いる場合,解かなければならない問題は膨大な数に上り,独力で潰し切ることは困難です。
本講座では,講師が,[問題文からの論点抽出→答案の流れ→解答例]について1問10分~15分程度で解説していきます。本講座で扱う問題数は,7科目合計で450問近くに上りますが,講義をペースメーカーにすることで強制的に問題を潰していくことができると同時に,問題に対する反応速度,思考力,応用力も自然と身に着けることができます。
また,問題の難易度に応じてメリハリをつけて講義がなされますので,自分で問題集をこなすよりも,効率的に重要問題を習得することができます。

受講環境

オンライン受講環境

講師全面監修のオリジナルテキストをお手元に置きながら,オンライン動画で好きな時に何回でも講義を視聴することができます。また,講義の音声がダウンロードができますので,スマートフォン等でスキマ時間に繰り返し講義を聴くことができます。

USBメモリオプション

USBメモリオプションをご購入の方には,紙媒体のテキストのほか,講義とテキストデータを収録したUSBメモリをお送りいたします。インターネット環境がない場合でも,動画の視聴期限が切れてしまった場合でも,講義を聴くことができます。
※ USB メモリは,Mac OS には対応しておりません。

本講座の受講方法

(1)答案構成をする

まずは,問題冊子を使って,5分から15分程度で答案構成をしてみて下さい。ただ,中には自力で解くことが難しい問題もあるでしょう。その場合には,解説・解答例を読んでしまって構いません。
その問題には,付箋を立てておく,メモをつけておくなどして,2周目以降また自力で解いてみて下さい。

(2)解説・解答例に目を通した上で,解説講義を視聴する

答案構成をしたら,解説・解答例に目を通した上で,解説講義を視聴してください。講義では,工藤講師が,問題からどのように必要な条文・判例等をピックアップするのか,どのように答案を作成すべきなのかを解説します。
ご自身の思考プロセスと照らし合わせてみて,誤っている箇所があった場合にはその部分を修正していってください。

(3)答案作成をする

本講座は,数多くの問題を解くことで論文処理力を磨くことを目的としていますので,全問について答案を作成する必要はなく,答案構成のレベルで十分です。
もっとも,本講座の問題には,旧司法試験・予備試験の過去問が数問含まれています。それらの問題については,答案構成だけでなく,時間を計って答案を作成してみてもよいでしょう。

合格者の声

平成29年司法試験合格者

N.Mさん(男性,20代,法科大学院卒業生)

総合講義100と並ぶアガルートのメイン講座であると思います。ある意味では,最も重要かもしれません。ここに載っている問題は,司法試験において,「解けなければ圧倒的に差をつけられる」ものであり,また,「すべて解ければ合格できる」問題たちです。これを回すことをメインの勉強法にすべきです。

平成29年予備試験合格者

西尾 卓也(男性,20代,法科大学院在学生)

重要問題習得講座を各科目3回程度やりました。1回目は全然わからないので,問題文を読み,論点を何となく考え,すぐに解説,参考答案を読みました。2回目,3回目とやるうちに少しずつ答案構成が厚くできるようになりました。
重要問題習得講座は問題の質,解説,答案と非常にレベルが高く,基本書,百選,演習書,予備試験の過去問等一切やりませんでしたが,これだけで予備試験は十分でした。正直これと,論証集さえある程度ものにすれば予備試験は十分対応可能だと思います。
アガルートには感謝したいです。

平成28年司法試験合格者

Y.Iさん【民事系59位,刑事系61位,倒産法69位】(20代,男性)

私は,重要問題習得講座(7法)を受講させていただきました。アガルートの講座は,いずれの講座も,他の予備校と比較して,解説が基本書等に裏付けされたものであり,非常に信頼がおけました。重要問題習得講座では,論証をどのように使えばいいのか,という点に焦点を当てて,短い事例問題を解くことで,正確かつ適切な知識を蓄えることができ,大きく合格に近づけたと考えております。

平成28年予備試験合格者

T.Mさん(30代,男性,社会人)

予備試験の論文は事例問題であり知識を使いこなすことが必須と考えるが重要問題習得講座はこの訓練に最適な講座でした。本試験は応用問題も出題されるが基本問題が解けなければ当然応用問題も解けません。また合否も応用問題の出来で決まるのではなく基本問題を忠実に解けることで決まることから最重要講座だと思います。

→その他の合格者の声を読む

 

本講座を含むカリキュラム

予備試験1年合格カリキュラム

これから学習を開始し,1年で司法試験予備試験(予備試験)・法科大学院入試の合格を目指す方のためのカリキュラム

2018 予備試験インプットカリキュラム

予備試験に向け,知識の習得・再構築をして,論文・短答を満遍なく学習をしたい方のカリキュラム

2018 予備試験アウトプットカリキュラム

予備試験(法科大学院入試)に向け,知識の習得・再構築をして,論文式試験に重点を置いた学習をしたい方のカリキュラム

2018 司法試験インプットカリキュラム

司法試験に向け,知識の習得・再構築をして,論文式試験に重点を置いた学習をしたい方のカリキュラム

2018 司法試験アウトプットカリキュラム

司法試験に向け,知識の習得・再構築をしつつ,答練中心の学習をしたい方のカリキュラム

価格/講座のご購入

重要問題習得講座/全7科目 98,000 円(税込)

ご購入

重要問題習得講座/全7科目/USBメモリオプション 138,000 円(税込)

ご購入

重要問題習得講座/憲法 21,000 円(税込)

ご購入

重要問題習得講座/行政法 14,000 円(税込)

ご購入

重要問題習得講座/民法 21,000 円(税込)

ご購入

重要問題習得講座/商法 14,000 円(税込)

ご購入

重要問題習得講座/民事訴訟法 14,000 円(税込)

ご購入

重要問題習得講座/刑法 21,000 円(税込)

ご購入

重要問題習得講座/刑事訴訟法 14,000 円(税込)

ご購入

※ USBは,MacOSには対応しておりません。