HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験|採点実感から読み解く合格答案の「型」習得講座

司法試験|採点実感から読み解く合格答案の「型」習得講座

どんな問題が出ても,絶対に書ききれる答案の「型」をお伝えする講座です。

本講座は,年間2400通以上の答案を添削している石橋講師が,どんな問題にも対応できる答案の「型」をお伝えする講座です。答案の書き出しから最後の締めくくりまで,知識をはめ込めば答案が出来上がる「型」を示したレジュメを使って,科目ごとの書き方を説明していきます。

司法試験の採点実感の記載を引用しながら説明をしていきますので,実際の司法試験・予備試験で評価されるポイントが詰まっています。

入門レベルの学習を終えてこれから答案を書いてみようと思っている方から,問題によって評価にばらつきが出てしまっている中上級の方まで,答案の書き方に不安のある全ての方におすすめの講座です。

講義時間

15.5時間

教材

テキスト1冊

視聴開始日・発送日

2021年1月15日

※ ただいま発送に5日ほどお時間をいただいております。

視聴期限

お申込み手続き完了日から550日(約18ヶ月)


担当講師: 石橋 侑大

ガイダンス動画

サンプル講義

刑事訴訟法より抜粋したものになります。サンプルテキストもあわせてご覧ください。

テキストの閲覧 (PDF)

本講座の特長

特長1入門レベルの学習を終えた段階から即実践可能

中上級者向けの答案作成術を伝える講座は多く存在しますが,入門レベルの学習を終えて「論文をこれから書いてみよう」と考えている方に向けた答案作成術を指南する講座は多くは存在しません。

そこで,本講座では「総論」を設けることで,「論文をこれから書いてみよう」という方にもスムーズに答案が作成できるようにしました。「ナンバリングって何?」「条文の書き方は?」「マーカーってどう引けばいい?」「答案の一行目ってどう書き始めればいいの?」といった,多くの初学者が抱く疑問にもお答えします。

特長2「型」に知識を流し込めば合格答案が即完成

司法試験予備試験の答案は,法的三段論法に従って論理的体系的に論じるものですので,一定の「型」にはまったものでなければ評価されません。

本講座で使うレジュメには,キーワードが矢印で繋がっているだけのフローチャートとは異なり,この「型」が文章の形で視覚的に明らかになっています。

そのため,「型」の空欄部分に知識を流し込むだけで合格答案が完成します。この「型」を身に付ければ,「知識はあるけど書けない」ということがなくなり,どんな問題でも合格答案が書けるようになります。

画像をクリックで拡大

特長3「型」を身に付けることにより,答案作成時間も短縮

「型」を習得してしまえば,試験中に「どうやって書こうか」と悩むことがなくなります。覚えた知識をはめ込んでいくだけになりますので,答案を仕上げる時間が短縮されます。

いつも時間ギリギリになってしまう方はもちろん,余った時間を,事案を分析したり未知の問題について考えたりする時間に使うことで点数アップを目指したい方にもおすすめです。

特長4答案の「型」は司法試験の採点実感に準拠

毎年公表されている採点実感は,まさに考査委員が求めている答案像を示したものになります。そこで,本講座では採点実感に準拠して作成した「型」を使います。具体的な採点実感の記述を引用しながら,その具体的な意味を明らかにし,「型」の意味について講義をしていきます。

本講座の活用方法

新旧司法試験の過去問や予備試験といった難易度の高い過去問ではなく,まずはお手持ちの5〜10行程度の基礎的な短文事例問題を使って本講座の『型』レジュメを見ながら,それに沿って書いてみましょう。

知識が不十分な場合には,規範定立に用いる論証集を見て書いてもよいですが,答案例は見ないようにしましょう。

答案の「型」を用いて基礎的な短文事例問題を書く趣旨は,問いに合わせる形で答案の1行目からスムーズに書けるようになること,及び,正しい答案の全体像を身に付けることで常に一定の「型」に沿った答案を短時間で書けるようにすることにあるからです。

その後,自分で書いた答案と答案例を見比べ,細かい部分の自己添削を行いましょう。

この作業を何問も繰り返して,「型」レジュメを見ずとも「型」に沿った論述ができるようになっていれば,「型」に沿った採点実感が求める答案の習得は完成です。

価格/講座のご購入

  • 採点実感から読み解く合格答案の「型」習得講座
    24,800円(税抜)
    ご購入