HOME > 公務員試験 > 公務員試験 | 講座一覧 > 2018 合格目標 国家総合職(法律区分) 専門記述過去問解析講座

2018 合格目標 国家総合職(法律区分) 専門記述過去問解析講座

最良の素材,国家総合職(法律区分) 専門記述過去問を11年分33問。法律に精通する現役の弁護士講師が徹底解析いたします。

本講座は,国家総合職(Ⅰ種時代を含む。)法律区分の専門記述(記述式試験)過去問(憲法・行政法・民法)11年分(平成19年度から平成29年度)合計33問を解析する講座です。試験勉強において過去問検討は必須ですが,専門記述の過去問がかなり本格的な問題であることもあり,信頼に足る解答例はなかなか手に入らないのが現状です。
本講座では,法律に精通する現役の弁護士講師が,基本書・判例解説はもちろんのこと,学術論文や法学雑誌等も参照して解答例を作成しています。信頼できる解答例と解説講義で過去問を潰して,専門記述に絶対の自信をつかんでください。

講師
 渥美雅大 | 憲法
 谷山政司 | 行政法,民法

時間
 憲法:約6時間(11問)
 行政法:約6時間(11問)
 民法:約6時間(11問)
 合計:約18時間(33問)
※ 時間数は,多少前後する場合がございます。

教材発送日:2017年10月16日
教材発送日後は,原則として,入金確認後,翌営業日内に教材を発送いたします。
ただし,在庫切れ,ご注文が集中している等の場合,3日~1週間程度のお時間をいただくことがございます。

視聴開始日:2017年10月16日より順次

視聴期限:2018年10月31日

サンプル講義

憲法

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
国家総合職(法律区分) 専門記述過去問解析講座 平成22年度 憲法 1/2
渥美雅大講師

 本講座は,国家総合職(Ⅰ種時代を含む。)法律区分の専門記述(記述式試験)過去問(憲法・行政法・民法)11年分(平成19年度から平成29年度)合計33問を解析する講座です。本講義では,平成22年度の憲法について解説しています。

テキストダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
国家総合職(法律区分) 専門記述過去問解析講座 平成22年度 憲法 2/2
渥美雅大講師

 本講座は,国家総合職(Ⅰ種時代を含む。)法律区分の専門記述(記述式試験)過去問(憲法・行政法・民法)11年分(平成19年度から平成29年度)合計33問を解析する講座です。本講義では,平成22年度の憲法について解説しています。

テキストダウンロードはこちら

行政法

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
国家総合職(法律区分) 専門記述過去問解析講座 平成19年度 行政法 1/2
谷山政司講師

 本講座は,国家総合職(Ⅰ種時代を含む。)法律区分の専門記述(記述式試験)過去問(憲法・行政法・民法)11年分(平成19年度から平成29年度)合計33問を解析する講座です。本講義では,平成19年度の行政法について解説しています。

テキストダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
国家総合職(法律区分) 専門記述過去問解析講座 平成19年度 行政法 2/2
谷山政司講師

 本講座は,国家総合職(Ⅰ種時代を含む。)法律区分の専門記述(記述式試験)過去問(憲法・行政法・民法)11年分(平成19年度から平成29年度)合計33問を解析する講座です。本講義では,平成19年度の行政法について解説しています。

テキストダウンロードはこちら

民法

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
国家総合職(法律区分) 専門記述過去問解析講座 平成19年度 民法 1/2
谷山政司講師

 本講座は,国家総合職(Ⅰ種時代を含む。)法律区分の専門記述(記述式試験)過去問(憲法・行政法・民法)11年分(平成19年度から平成29年度)合計33問を解析する講座です。本講義では,平成19年度の民法について解説しています。

テキストダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
国家総合職(法律区分) 専門記述過去問解析講座 平成19年度 民法 2/2
谷山政司講師

 本講座は,国家総合職(Ⅰ種時代を含む。)法律区分の専門記述(記述式試験)過去問(憲法・行政法・民法)11年分(平成19年度から平成29年度)合計33問を解析する講座です。本講義では,平成19年度の民法について解説しています。

テキストダウンロードはこちら

本講座の特長

受験生がたどるべき思考とベストな解答例を示す

記述式の過去問については,信頼できる解説・解答例が出回っておらず,対策が立てにくいという現状があります。本講座では,過去11年分の過去問題を弁護士講師が徹底的に解析し,完全解を示しますので,安心して過去問検討をすることができます。

問題を解くために必要な知識の復習もしていきます

記述式の過去問は,かなり難易度が高く,正確に解答するためには,問題点についての深く正確な理解が必要です(例えば,平成24年憲法の問題では,問題文に示された事案と「北方ジャーナル事件最高裁判所判決と対比しつつ」論じることが求められており,同判決についての正確な理解が前提とされています。)。
また,その理解が不十分な状態で問題検討をしても,十分な成果を得ることはできません。本講座では,前提となる知識についても適宜確認していきますので,知識の復習やより深い理解を獲得しながら過去問を押さえていくことができます。

約18時間で11年分の過去問題を全問つぶす

過去問は,正確な解析が困難であるだけでなく,独力で過去問分析をしようとすると,時間がかかりすぎてしまう傾向にあります。本講座の解説は,講師作成の解説・解答例が記載されたテキストを用いて,約18時間で11年分の問題を全問検討いたしますので,効率的に過去問検討をすることができます。

価格/講座のご購入

全3科目 58,000円

ご購入