HOME > 公務員試験 > 公務員試験 | 国家総合職(教養区分)2次試験対策講座 > 2019合格目標 国家総合職の政策課題討議対策講座

2019合格目標 国家総合職の政策課題討議対策講座

政策課題討議の実際とその対策をお伝えします。

政策課題討議は,6人1組のグループディスカッションのようなものであり,人事院のHPでも,その進行方法については公開されています。
しかし,討議の対象となるテーマはどのようなものであるか,どのような態度・発言が評価されるのかなど,内実については,ほとんど明かされていません。
本講座では,15年以上,国家総合職をメインで教えてきた池田講師が,過去に実施された政策課題討議のテーマや高評価を受けた受講生の体験談等を分析し,政策課題討議試験がどのようなものであるのかを明らかにし,高い評価を受けるにはどうすればよいのかをお伝えします。
ディスカッションですので,実際に模擬討議をしてみて,池田講師からアドバイスを受けるのが一番です。実践編では,模擬討議をご用意いたしましたので,ぜひご利用ください。

  • ※本講座の講義部分は,2018合格目標講座と同一です。
時間
  • 講義編約2時間
  • 模擬討議1回
教材発送日
教材の発送はございません。
マイページより,pdf形式でダウンロードしていただくことができます。
視聴開始日
2018年7月4日
模擬討議実施要項
  • 時期大卒程度試験(教養区分)向け:2018年10月27日(土)13:00~15:30,院卒者試験向け:2019年6月頃実施予定
  • 場所アガルートアカデミー 飯田橋ラウンジ

視聴期限
2019年10月31日

担当講師:池田俊明

政策課題討議試験の実施要項

人事院が公開している情報によれば,政策課題討議試験は以下の図のような手順で実施されます。

本講座の特長

実際の出題されたテーマに沿って,どのように対応するべきかを具体的に講義

政策課題討議試験で行う,レジュメ作成,個別発表,グループ討議のそれぞれの局面において,どのようなことを考えるべきか,どのように立ち振る舞うべきかについて,具体的に講義をしていきます。過去の出題されたテーマに沿って講義をしていきますので,具体的なイメージを持つことができます。

実践編では,本番と同じ配置で模擬討議を実施。終了後直ちに池田講師の講評

集団での討議が試験内容ですので,講義を聞くだけでは不十分で,実際にやってみることが重要です。
本講座では,過去の合格者から受けた情報をもとに,政策課題討議の試験会場を再現し,実際に6名の受講生で模擬討議をしていただきます。終了後には,池田講師から講評・アドバイスを受けることができるので,本番の具体的なイメージをつかみ,自信をもって試験に臨むことができるようになります。

価格/講座のお申込み

  • 国家総合職の政策課題討議対策講座
    講義編+模擬討議
    15,000円(税込)
    ご購入
  • 国家総合職の政策課題討議対策講座
    講義編のみ
    10,000円(税込)
    ご購入

Page Top