HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験コラム > 法科大学院(ロースクール)入試の傾向と対策

法科大学院(ロースクール)入試の傾向と対策

法科大学院入試(既修者コース)情報

※横スクロールですべてご確認いただけます

傾向と対策 区分 定員 憲法 行政法 民法 商法 民事訴訟法 刑法 刑事訴訟法 時間・配点
(配点が分かっているものは記載済み)
科目備考 出願(2018実績) 日程(2018実績) 合格発表(2018実績) 合格率2018 合格率2017 合格率2016 合格率2015
慶応義塾大学 詳細 既修 150 憲法・刑法100分
民法・商法90分
民事訴訟法・刑事訴訟法80分
※配点比率
憲法・民法・刑法各3:商法・民事訴訟法・刑事訴訟法各2
2018/7/9-2018/7/19 2018/09/01 2018/09/11 11.7% 9.3% 7.7% 5.7%
東京大学 詳細 既修 165 公法系科目(憲法・行政法)70分 問題数2問(憲法1問・行政法1問)
民事系科目(民法・商法・民事訴訟法)70分 問題数3問(毎年変更)
刑事系科目(刑法・刑事訴訟法)70分 問題数2問(刑法1問・刑事訴訟法1問)
配点不明 2018/10/05-2018/10/12 2018/11/17 2018/12/07 43.6% 42.1% 39.8% 36.0%
一橋大学 詳細 既修 65 民事法(民法及び民事訴訟法)135分
憲法90分
刑事法(刑法及び刑事訴訟法)135分
2018/10/12-2018/10/23 2018/11/17・12/9 2018/12/14 31.5% 32.3% 28.5% 22.3%
中央大学 詳細 既修 150 憲法(120点) 問題数1問
刑法(120点) 問題数1問
民法(120点) 問題数1問
商法(80点) 問題数1問
民事訴訟法(80点) 問題数1問
刑事訴訟法(80点) 問題数1問
2018/7/12-2018/7/20 2018/08/18 2018/09/01 25.5% 29.5% 32.6% 43.0%
早稲田大学 詳細 既修 140 憲法60分 問題数1問 配点60点
民法120分 問題数2問 配点150点
刑法90分 問題数2問 配点150点
民事訴訟法120分 問題数1問 配点60点
刑事訴訟法120分 問題数1問 配点60点
2018/7/11-2018/7/19 2018/8/25・26 2018/09/13 55.0% 47.4% 46.6% 49.8%
京都大学 詳細 既修 125 憲法・行政法180分 問題数3問(憲法2問・行政法1問) 配点150点(憲法100点・行政法50点)
民法・民事訴訟法180分 問題数3問(民法2問・民事訴訟法1問) 配点150点(民法100点・民事訴訟法50点)
刑法・刑事訴訟法180分 問題数3問(刑法2問・刑事訴訟法1問) 配点150点(刑法100点・刑事訴訟法50点)
商法120分 問題数2問 配点100点
2018/10/4-2018/10/11 2018/11/17・18 2018/12/21 31.7% 43.8% 42.7% 40.1%
神戸大学 詳細 既修 60 民法(100点)・会社法(50点) 問題数2問 120分
憲法(50点)・刑法(100点) 120分
行政法(50点)・民事訴訟法(50点)・刑事訴訟法(50点) 120分
※2017実施 配点
憲法・行政法 問題数2問(憲法50点,行政法50点)
民法・民事訴訟法・会社法 問題数4問(民法100点,民訴50点,会社法50点)
刑法・刑事訴訟法 問題数3問(刑法100点,刑訴50点)
2018/9/21-2018/9/28 2018/11/03 2018/11/26 HPに記載なし 44.2% 43.9% 44.1%
大阪大学 詳細 既修 45 憲法(50点) 事例問題1問
行政法(50点) 事例問題1問
民法(100点) 事例問題2問
商法(50点) 事例問題2問
民事訴訟法(50点) 事例問題1問
刑法(50点) 事例問題1問
刑事訴訟法(50点) 事例問題2問
2018/9/26-2018/10/3 2018/11/10 2018/12/04 HPに記載なし 43.6% 45.2% 36.0%

法科大学院入試の傾向と対策

上位ロースクールの出題傾向

科目

基本的には,法律基本科目7科目が出題されます。
行政法と商法が出題されないロースクールが一部ありますが,だからと言ってこの2科目について勉強しなくていいというわけではありません。憲法と行政法,商法と民法は親和性があるため,勉強はすべきです。

出題形式

基本的には事例問題が出題されます。
ただし,実質的な一行問題が出題されるロースクールもあります。事例問題も一行問題も,法律の体系的理解・概念の具体的理解及び条文の検索・呈示が求められている点は共通しています。また,各ロースクールごとに出題形式が大きく変わるということは基本的にないといってよいでしょう。

難易度

一部ロースクールでは,何を聞いているのか分からないような出題形式や内容もありますが,共通しているのは,入門講義段階で学習するレベル・判例百選掲載のうち基本判例レベルの問題も出題されており,その部分について確実に論点抽出及び論述をすることができれば十分に合格することは可能です。

対策

1. 入門インプット・論文対策については,まずは予備試験対策を行う

目標とするロースクールに入るためには,そのロースクールの過去問対策を行うことは非常に重要であることは言うまでもありません。

しかし,ロースクール入試はあくまでロースクールに入るための手段に過ぎません。
現段階から「その先」を見据えた対策を行っておくことが必要です。

具体的には,予備試験対策を行うことが最も効果的です。
目標とするロースクール入試科目に商法や行政法がない場合でも,法律基本科目全科目をしっかりと仕上げるべきです。
憲法は行政法と親和性があるし,商法は民法及び民事訴訟法と親和性があります。

ここでマスターした知識は,ロースクール入試はもちろんのこと,予備試験・司法試験でも,「基本知識」と位置付けられます。

入門インプットのポイント

とにかく素早くインプットを行う。ゼロからの場合は,まずは立ち止まらずに,1周してしまうことが大事。

論文対策のポイント

これも,1周で分かろうとしない。法律は,繰り返し行っていくことで体系が見えてきて,その後に知識が定着するもの。

問題集の潰し方一例

1周目

問題文を読んで,簡単なメモを作成する。

(1)解答を読まなくても抽出・論述可能な問題
(2)抽出・論述は不十分だが,解答を読めば理解はできる問題
(3)解答を読んでも理解できない問題
に仕分けていく。

1周目ではあまり1問に時間をかけない。
分からなかったら,すぐに解答を見る。設問から結論までにたどり着くために必要な条文,論点をマーク。
キーワードもマーク。
ただし,分からなかった問題は,必ず翌日にもう一度やる。

2周目 問題文を読んで,しっかりとした「答案構成」を作成する。 ここにいう答案構成とは,「それを見れば,後は何も考えず手を動かすだけの状態になることができるメモの作成」をいう。ここでも,上記(1)(2)(3)の仕分けを継続する。
(3)が(2)に,(2)が(1)になるようにしていく。
3周目以降 すべての問題について適切な答案構成ができる((1)に仕分けることができる)まで繰り返す。それができたら,最後は,模範答案や論点表を見て,どのような事実で,どのような問題文であったかを思い出せるようにし,自分だったら,当該論点が聞きたいとき,作成者の立場に立ってどういう事実を使うだろうかを考える。
直前期は,(3)をゼロにして,(2)の部分の問題を見直せばよい。

2. 過去問演習で仕上げる

ベースとなる論文対策が終了した段階で,過去問演習に入ります。
まず,予備試験対策により「基本知識」をマスターできたら,過去問を使い,この基本知識をマスターできているかどうかを試します。

具体的には,ロースクール入試は,「基本問題」(基本知識がそのまま問われている問題≒これまでに見たことのある知識)と,「応用問題」(基本知識を前提にひねられている問題≒これまでに見たことのない知識)で作られているところ,この「基本問題」について確実に抽出し,論述することができれば合格できます。
その意味で,難易度は気にしないことが大事(基本問題でない問題が出題された場合には,そこは誰も書けない,つまり,合否の分かれ目にはなりません)。

したがって,過去問を演習する際に,「基本問題」について正確に抽出・論述できているのかを常にチェックし,できていなければインプットに戻ることになります。

3. 直前期も,基本的に対策の仕方は変わらない

直前期(1か月前をいう)も,1. 2.の対策を終えて,弱点があぶりだされていくので,その部分について正確なインプットを行っていきます。試験本番に向かうにつれて,見直すべき点が明確になってきます。

上位ロースクール入試対策に最適なカリキュラムとなります!

【2020年合格目標】法科大学院入試カリキュラム

年明けからでも間に合う法科大学院対策

1. まずは,私立ロースクール入試に照準を合わせる

2. 春休み中に基本知識のインプットを行う

3. 4月〜7月で「基本問題」習得のために問題集を反復する

4. 7月〜8月に過去問を行う

5. 国公立に向けて体制を立て直す

直近過去3年分の上位法科大学院入試の論文式試験過去問を,
アガルートアカデミー講師が講師作成の答案例を用いながら,解説する講座です
過去問対策にぜひご利用ください!

法科大学院入試(ロースクール入試)過去問解析講座

Page Top