HOME > 公務員試験 > 2019 合格目標 アガルートアカデミーの公務員試験カリキュラムのご案内 > 2019 合格目標 国家総合職法律区分・教養区分カリキュラム

2019 合格目標 国家総合職法律区分・教養区分カリキュラム

国家公務員総合職試験(国家総合職)法律区分及び教養区分の合格を目指すカリキュラムです。

アガルートアカデミーは,司法試験や行政書士試験等で毎年多くの合格者を輩出している法律系資格に強い予備校です。そのノウハウを活かし,国家総合職(法律区分,教養区分)の合格を目標とした講座・カリキュラムをご提供しています。
本カリキュラムは,専門科目である法律科目については弁護士等の法律の専門家が,政策論文・人物試験対策については総合職の専門家である池田講師が担当する本格派講義が受けられる,法律区分及び教養区分の受験に必要な講座がすべて含まれたカリキュラムになります。
本カリキュラムは,国家公務員総合職試験(国家総合職)法律区分及び教養区分の合格を目指す,全ての方にお勧めします。

 

 

国家総合職試験情報

法律区分試験情報

試験 試験種目 問題数
時間
配点
比率
試験内容
一次試験 基礎能力試験
多肢選択式
40題
3時間
2/15 文章理解⑪,数的処理⑯,
自然科学・人文科学・社会科学(時事を含む。)⑬
専門試験
多肢選択式
40題
3時間30分
3/15 必須問題:憲法⑦,行政法⑫,民法⑦
選択問題:商法③,刑法③,労働法③,国際法③,
経済学・財政学⑥の18題から任意の9題
二次試験 専門試験
記述式
3題
4時間
5/15 以下の5科目から3科目選択
憲法,行政法,民法,国際法,公共政策②
(注)公共政策は2題出題されるが,1題のみ選択可。
政策論文試験 1題
2時間
2/15 政策の企画立案に必要な能力その他
総合的な判断力及び思考力についての筆記試験
資料の中に英文によるものを含む。)
人物試験 3/15 人柄,対人的能力などについての個別面接
英語 TOEIC等の成績により,点数が加算される
※TOEIC600点以上で15点,730点以上で25点

教養区分試験情報

試験 試験種目 問題数
時間
配点
比率
試験内容
一次試験 総合論文試験 2題
4時間
8/28 教養・哲学的な考え方に関するもの1題
具体的な政策課題に関するもの1題
基礎能力試験
多肢選択式
Ⅰ部24題
2時間
Ⅱ部30題
1時間30分
Ⅰ部3/28
Ⅱ部2/28
Ⅰ部:知能分野 文章理解⑧,数的処理⑯,
Ⅱ部:知識分野 自然科学⑩・人文科学⑩・社会科学⑩
(時事を含む。)
二次試験 企画提案試験 Ⅰ部1題
2時間
Ⅱ部
1時間
5/28 Ⅰ部:小論文
Ⅱ部:プレゼンテーション及び質疑応答
政策課題討議
試験
2時間 4/28 課題に対するグループ討議によるプレゼンテーション能力
及びコミュニケーション能力などについての試験
人物試験 6/28 人柄,対人的能力などについての個別面接
英語 TOEIC等の成績により,点数が加算される
※TOEIC600点以上で15点,730点以上で25点

 

 

国家総合職法律区分・教養区分カリキュラムに含まれる講座

国家総合職(法律区分)カリキュラム

国家総合職(法律区分・教養区分)併願カリキュラム

国家総合職法律区分・教養区分カリキュラムで併願受験可能な試験種

※ 受験に当たっては,必ずご自身で各公共団体公開の試験情報をご確認ください。

 

経済系科目,教養論文を追加受講することで目指せる職種

 

 

国家総合職合格のための学習スケジュール

基礎能力試験との関係では,数的処理と文章理解(特に英語)が大きなウエートを占めますので,これが学習の中心になります。本講座を以下の手順で受講しながら,点数の加算が受けられるTOEICの勉強もしていきましょう。
一方,専門試験対策では,必須科目であり,記述でも出題される憲法・行政法・民法が特に重要です。範囲が広くマスターするのに時間がかかりますので,早めに着手しましょう。
政策論文,面接,官庁訪問は,対策に多くの時間を要するものではありませんが,それぞれ一定の作法がありますので,年明けくらいからは少しずつ学習を始めていくとよいでしょう。

Step1:まずは基礎力養成。基礎能力試験対策では数的処理を,専門試験対策では民法を学びましょう。いずれも非常に範囲が広く,難しい科目ですが,あせらずにコツコツと学習していきましょう。
Step2:数的処理と文章理解はこの時期から毎日1問を試験前日まで継続するようなイメージで学習しましょう。TOEICは730点以上のスコアを獲得すれば25点加算されます。文章理解の学習にもなりますので,730点を目指して学習しましょう。
専門科目では,憲法,行政法にも着手していきましょう。民法は,ひと通り学習をしたら,早速,記述対策を始めます。法律の論文が書けるようになるには,かなりの訓練が必要ですし,書いているうちに理解も深まります。早めに答案を書く訓練を始めましょう。
Step3:数的処理と文章理解で高得点が取れるようでしたら,一般知識分野にはあまり深入りせず,このまま学習を継続しましょう。数的処理がどうしても苦手だという方は,一般知識で点数を稼ぐ必要がありますので,力を入れて学習を始めましょう。
専門科目では,記述対策を中心に学習を継続します。記述式は本試験特有の癖がありますので,過去問も何年かは解いておくべきです。
Step4:政策論文,面接,官庁訪問対策で仕上げをしていきましょう。時事の知識は,面接や官庁訪問で役立つだけでなく,一般知識の社会科学でも出題されますので,最新情報を直前に頭に詰め込んでおきましょう。

 

基礎能力試験との関係では,数的処理と文章理解(特に英語)が大きなウエートを占めますので,これが学習の中心になります。本講座を以下の手順で受講しながら,点数の加算が受けられるTOEICの勉強もしていきましょう。
一方,専門試験対策では,必須科目であり,記述でも出題される憲法・行政法・民法が特に重要です。法学部に在籍していない方は,教養区分の試験前から始めないと間に合いませんので,早めに着手しましょう。一方,法学部である程度勉強したという方は,教養区分試験後から着手すればよいでしょう。
政策論文,面接,官庁訪問は,対策に多くの時間を要するものではありませんが,それぞれ一定の作法がありますので,年明けくらいからは少しずつ学習を始めていくとよいでしょう。

Step1:まずは基礎力養成。基礎能力試験対策では数的処理を学びましょう。非常に範囲が広く,難しい科目ですが,あせらずにコツコツと学習していきましょう。
また,法律が全くの初学者の方は,民法から入り,憲法,行政法も受講していきましょう。
Step2:数的処理と文章理解はこの時期から毎日1問を試験前日まで継続するようなイメージで学習しましょう。TOEICは730点以上のスコアを獲得すれば25点加算されます。文章理解の学習にもなりますので,730点を目指して学習しましょう。
数的処理と文章理解で高得点が取れるようでしたら,一般知識分野は深入りする必要がありません。むしろ,二次試験対策になりますが,論文対策に力を入れましょう。
企画提案試験,政策課題討議試験は,一次試験終了後から始めても間に合いますが,広く政策についての知識を持っておくと有利になりますので,志望官庁が発行している白書に目を通すなどしておくとよいでしょう。
Step3:教養区分の試験が終了したら,専門科目に専念します。
法律の論文が書けるようになるには,かなりの訓練が必要ですし,書いているうちに理解も深まります。記述対策を早めに始めましょう。
Step4:面接,官庁訪問対策で仕上げをしていきましょう。時事の知識は,面接や官庁訪問で役立つだけでなく,一般知識の社会科学でも出題されますので,最新情報を直前に頭に詰め込んでおきましょう。

 

 

マネージメントオプション

マネージメントオプションとは

マネージメントオプションとは,本カリキュラムを完全に消化できるよう,アガルートアカデミー講師による週1回の個別指導をオプションとして付したものです。マネージメントオプションでは,プロ講師がラウンジにて個人個人に合わせて徹底的に進捗管理や答案指導を行いますので,通信講座では勉強が続けられるか不安…という方,ライバルとなる他の受験生に差をつけるべくさらに進んだ学習をしたいという方など様々なニーズにお応えすることができます。
※ 指導場所は飯田橋ラウンジになります。

計画策定⇒オンライン受講

まずは,事前に講師がヒアリングをして,学習計画を立案します。そして,次回の指導までに受講すべきカリキュラムの範囲を細かく指定します。指定された範囲の講義をオンラインで受講し,次回の指導に備えてください。

進捗の確認

まずは,事前に講師と相談して決定した学習計画に従って学習を進めていくことができたかを講師に報告してもらいます。

問題演習

その後,あらかじめ指定し,学習してきた範囲についての問題演習を実施いたします。
扱う問題は,アガルートアカデミー講師が,学習の進捗状況に応じた適切なレベルのものを選定します。

添削・アドバイス

問題演習の答えを確認するとともに,なぜ間違えてしまったのかを個別に指導していきます。論文問題であれば,答案を添削して文章の書き方や論理の流れなどもアドバイスをしていきます。
問題演習で使用した問題以外でも,普段の学習での疑問点について講師がヒアリングし,説明します。

次回までの学習方針や課題の決定・学習相談

学んだ範囲について復習が必要であれば,その範囲及び復習方法を講師からお伝えします。そして,次回までに受講すべきオンライン講義の範囲を指定します。

ラウンジとは

アガルートアカデミーの受講生に対して,講師が直接指導を行うスペースです。最大15席程度のデスクスペースと質問ブースを備え,学習に集中できる最適なスペースとなっております。講師が直接指導を通じてマネージメントします。快適に学習を進めていただけるような環境を整えましたので,集中して学習することができます。

①週1回の直接指導

マネージメントオプションでは,原則として週1回アガルートアカデミー講師が直接指導を行います。

②講師に直接質問

ラウンジに常駐している講師には,いつでも質問・相談をすることができます。

③ゼミ(不定期開催)

ある程度学習が進んだ段階で,アガルートアカデミー講師による少人数制の特別ゼミを実施します。モチベーションの向上やご自身の到達度の確認などに役立ちます。

④自習室利用

ゼミやイベントがない開放時間帯は,ラウンジを自習室としてご利用いただくことができます。ウォーターサーバーやプリンターを設置し,free-wi-fi完備ですので,ストレスなくWEB受講することもできます。

 

マネージメントオプション無料体験&ラウンジ見学

マネージメントオプションは無料体験して頂くことが可能です。実際に指導で用いている教材を使いながら,どのような学習スケジュールを組むのか,どのような指導を行うのか等,講師が丁寧にご説明いたします。また,ラウンジを見学していただくことも可能です。ご希望の方は,カスタマーセンターまでお気軽にお問い合わせください。

【アガルートアカデミー カスタマーセンター】

Mail:customer@agaroot.jp
TEL:03-5946-8941
受付時間:平日11:00-20:00 / 土日祝日11:00-19:00(年末・年始を除く)

 

 

省庁別説明会

アガルートアカデミーでは,CIMAアカデミーと共同で省庁別説明会を開催しております。すべて各回1省庁単独の説明会で,参加人数も20人程度に限定していますので,それぞれの省庁のミッションについてじっくり話が聞けるだけでなく,質問時間も十分確保されているのが最大の特徴です。

 

サンプル講義

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
国家総合職(法律区分)の法律系科目対策講座 法律の基礎知識
谷山政司講師

 本講座は,国家総合職の合格を目指す方を対象として,理解中心の講義により,暗記に頼らず法律系科目を攻略する講座です。

テキストダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
国家総合職(法律区分)の法律系科目対策講座 憲法 ガイダンス
渥美雅大講師

 本講座は,国家総合職の合格を目指す方を対象として,理解中心の講義により,暗記に頼らず法律系科目を攻略する講座です。

テキストダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
数的処理対策講座 判断推理基本10「わからないと言われたら」
柴崎直孝講師

 本講座は,国家総合職の基礎能力試験の4割程度をカバーする重要科目である数的処理について,基礎編と応用編の二段階で,総合職ならではの難問にも対応できる力を養成します。
 本講義では,判断推理の分野から,「わからないと言われたら」について解説しています。

テキストダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
人文科学対策講座(日本史) 
矢崎聖講師

 本講座は,公務員試験の合格を目指す方を対象として,人文科学を攻略する講座です。レジュメもあわせてご覧ください。

テキストダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー公務員試験】無料公開講座
政策論文対策講座 
池田俊明講師

 政策論文は,与えられた資料を読み取って,出題者の意図を汲み取りつつ,自分なりの結論を出すことが求められます。本講座では,その方法論をお伝えし,池田講師自ら添削も実施します。

 

 

受講環境

(1) 講義とテキストを持ち歩く

アガルートアカデミーの講義は,オンラインで展開されます。インターネット環境があれば,いつでも,どこでも,パソコン・タブレット・スマートフォン等で,マイページから講義を受講することができます。画面にはテキストが同時表示されるので,テキストを持ち歩く必要もありません。

(2) 7段階の倍速機能搭載

マイページ内の講義映像は,速度の調整をすることができます。7段階(× 0.8 / 1.0 / 1.2 / 1.4 / 1.6 / 1.8 / 2.0)からお好きな再生速度をお選びいただけます。

(3) 音声ダウンロード

講義映像の音声をダウンロードすることができます。このデータには,視聴期限はありません。音楽プレーヤーやスマートフォン,タブレット等のデバイスでインターネットに接続することなく,講義を聞くことができます。

(4) ブラウザを選ばない

アガルートアカデミーのマイページからの受講は,ブラウザ・OSを選びません。InternetExplorer以外のブラウザでも,MacOSでも,ご利用いただくことができます。

2019 国家総合職カリキュラム | 2019年国家総合職内定特典

本カリキュラム(法律区分,法律区分・教養区分併願のいずれも含みます。)をお申込みいただいた方が2019年国家総合職試験に合格し,官庁から内定を獲得した場合,以下の2つの特典がございます。

特典1 お支払金額全額返金

特典2 内定お祝い金3万円贈呈

※ 特典を受けるためには内定通知書のスキャンデータ(pdf,jpeg形式),合格体験記のご提出,合格者インタビューのご出演(動画撮影)が必要になります。合格者インタビューは東京都内を予定しております。交通費はご負担いただきますようお願い申し上げます。
※ 合格体験記でご記入いただいた内容,合格者インタビューで撮影させていただいた写真・映像はアガルートアカデミーのHPや販促物に利用させていただきます。また,氏名についても公表させていただきますので予めご了承ください。
※ 返金対象となるのは,試験日までにお申込みいただいたアガルートアカデミーの公務員試験対策講座です。試験日後にお申込みいただいた講座,他試験種の対策講座は対象外です。
※ 特典の申請期間は,2019年10月から約2カ月を予定しております。

 

 

国家総合職合格者の声

T.Yさん,最終合格

 アガルートアカデミーの法律科目の講義は,国家総合職合格のために十分すぎる内容でした。
 官庁訪問は,3クールまで進み,4クール前に他の公務員試験を合格したので辞退しました。官庁訪問のために説明会にしっかりと出席して,志望する省庁等の欠かせない核となる部分をしっかりと踏まえて面接をすることが重要だと思います。また,事前にしっかりと志望省庁等の政策や志望動機をあるていど準備しておけば楽だと思いました。

K.Sさん,内々定

池田講師の人事院面接対策を受講し,講師との対話の中で,国家公務員や志望省庁の志望動機を深めることができた。この面接対策中にたどりついた自分の核となる思いを,人事院面接だけでなく官庁訪問でも貫くことで,まわった全ての省庁から高く評価していただき,内々定を獲得することができた。

価格/講座のご購入

国家総合職(法律区分)カリキュラム 298,000円 → 【2018年7月末まで特別価格】224,000円/月々10,545円

ご購入

国家総合職教養区分・法律区分併願カリキュラム 348,000円 → 【2018年7月末まで特別価格】274,000円/月々12,899円

ご購入

国家総合職(法律区分)カリキュラム/マネージメントオプション 758,000円 → 【2018年7月末まで特別価格】608,000円/月々28,622円

ご購入

国家総合職教養区分・法律区分併願カリキュラム/マネージメントオプション 808,000円 → 【2018年7月末まで特別価格】658,000円/月々30,975円

ご購入

※ 分割払いの詳細についてはこちらをご覧ください。
※ 教材発送日・講義配信スケジュールについては,こちら(法律区分向け法律区分・教養区分併願向け)をご覧ください。
※ マネージメントオプション1年の価格には,本カリキュラムの価格(定価298,000円又は348,000円)が含まれております。
※ マネージメントオプションのご利用期間は,2019年7月末までとなります。
※ 定員につき,お選びいただけない曜日・時間帯がございます。
※ 個別指導の利用期間中,自習室利用等にラウンジをご利用頂けます。
※ 個別指導担当講師の指定はできかねます。また,マネージメントオプションは,担任制ではございませんので,予めご了承ください。

Page Top