資格選び

学歴コンプレックスの克服・解消法4選!難関資格取得など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仕事や日常の中で学歴について気になるシーンはないでしょうか。

「あの人の学校が羨ましい」「もっと学歴が高ければ」など学歴コンプレックスを感じて今の自分に自信が持てない方もいるのではないでしょうか。

そうしたコンプレックスを少しでも解消することができる方法をご紹介します。

学歴コンプレックスとは?意味を確認!

そもそも学歴、学歴コンプレックスとはどういうことなのでしょうか。

「学歴」とは学業上の経歴のこと。そのため「学歴コンプレックス」は自分より学歴が高い人に覚える劣等感のことを意味します。

例えば、高卒の人が大卒の人に、あるいは大卒の人が大学院修了の人などに抱くコンプレックスのことになります。

さらに突き詰めていけば、一般的には高卒の人が大卒の人へ抱くものなどに加え、高校や大学の中でも、自分よりも高偏差値であったり、有名な大学に対するコンプレックスへと広がっていきます。

つまり、学校の偏差値にも及ぶため「偏差値コンプレックス」のことを「学歴コンプレックス」と呼ぶこともあります。

今回は、そんな「偏差値コンプレックス」を含めた「学歴コンプレックス」の克服、解消法を徹底解説したいと思います。

学歴コンプレックスは一生背負う辛いものか?

結論として、学歴コンプレックスの解消は十分に可能であると考えられます。

様々な情報が溢れる中で、2chなどのネット掲示板では「学歴コンプレックスは一生背負うものだ。一生辛いものだ」などと言う人もいるようです。

「どんな人にもチャンスがある」と言ったことも言われますが、「日本は学歴社会であり、日本の文化や風潮として、その人を学歴で判断する」という側面も見受けられます。

このようなこともあり、学生時代も就職後も、仕事をしても一生辛い目にあうと感じている人もいるでしょう。

例えば、思うような就職ができなかった、自分より学歴の高い後輩の方が先に出世したなど、一度学歴コンプレックスを抱いてしまうとそこから抜け出せない人もいるでしょう。

あるいは、未来のことも「どうせまた、こうなるだろう」などとコンプレックスに囚われて悲観してしまう人もいるのではないでしょうか。

そしてそのような経験から人としての自信も失ってしまった人もいるでしょう。

しかし、学歴コンプレックスに限らずどのような問題も、問題の原因をしっかりと認識し、対処していけば解決は必ずしも不可能ではありません

以下では、考えられる原因やその対処法について見ていきます。

学歴コンプレックスになる原因

学歴コンプレックスになる原因として以下のようなことが考えられます。

①自分に自信がない

学歴を周りと比較したり、一般的に評価されない学歴だったりすると、それを過剰に気にしてしまい自分に自信が持てなくなってしまう人もいます。

そのことから不満も高まり負のスパイラルになる事も。

②親族や友人に自分より高学歴・高偏差値の人がい

親族や友人に自分より高学歴、高偏差値の人がいると幼い頃から比較をされる機会も多く、自分で比較してしまうことでコンプレックスが高まります。

比較など他者から与えられた辛い思いは心に刺さるでしょう。

③第一志望の大学などに行けなかった

進学の際に、第一志望の学校に行けなかったことは、挫折をしたということにつながり、大きなコンプレックスの要因となります。

できない、できなかったという劣等感はそのレベルに達しなかったと自分を責めてしまいます。

④学歴や偏差値で就職や待遇に差を感じた

日本では就職活動の時点で待遇に差を感じるシーンもあるでしょう。

企業によっては、面接試験の際に一流大学や、高学歴の人向けの採用ページとなっていて、あるレベルに達しなければエントリーができない場合も。

また、社内で自分より学歴の高い後輩の方が先に出世したりと、実際に差を感じる経験をする事もあるでしょう。

朝日新聞によると、企業が大学によって就職説明会の機会などに差をつける行為である「学歴フィルター」をかけていたと見られるケースが露見した事例もあります。

また、実際の給与の面で実感する例もあります。

令和2年賃金構造基本統計調査によると、学歴別に見た賃金で、男性では、大学院 465.2 千円、大学 391.9 千円、高専・短大 345.5千円、専門学校 309.3 千円、高校 295.0 千円となっています。

女性では、大学院 404.3 千円、大学 288.3 千円、高専・短大 258.0 千円、専門学校 263.4 千円、高校 218.0 千円となっています。

このように「高学歴」な人ほど、賃金という指標でも恵まれている場合が多いのが見て取ることができます。

⑤自分の学歴・偏差値などを他人からバカにされた

世の中には様々な人がおり、悪気がなくても、その人の学歴や偏差値などを話題にし、時にはバカにしたり「マウント」をとってくる人もいます。

その様な経験から、学歴のことで一度嫌な思い、悔しい思いをすることで劣等感が強く出てしまうことがあります。

学歴コンプレックスの克服・解消法

先にも述べた様に、現状を変えるべくこれから努力をする事でコンプレックスを解消する事も可能です。

ではどの様な方法があるのか、具体的に提示してみたいと思います。

①難関資格を取得する

まずは、学歴に劣等感を抱いていているのであれば、それを払拭するくらいの難関資格を取得するというのはどうでしょうか。

文系の人は司法試験(弁護士など)や中小企業診断士など、現場でも即戦力になれる様な資格。

理系の人は、弁理士やアクチュアリーなども良いでしょう。

文理共通で言えば、国家公務員総合職(いわゆるキャリア官僚)やTOEIC990点(満点)などがあります。

TOEICはどの様な状況でも有利に立てる資格です。

一方、このような難関資格は「結局高学歴・高偏差値の人の方が合格しやすいのでは?」と思う人もいるかもしれません。

そういった側面も確かにあるかもしれません。

しかし、それは「高学歴・高偏差値でないと絶対に合格不可能」ということを必ずしも意味しません。

例えば司法試験において、令和3年司法試験予備試験によると、学歴が高等学校卒業、中退・在学の人も合格しています。

このように、必ずしも高学歴や高偏差値でない人も難関資格の合格は不可能ではありません。

こうした難関資格を取得することで、受験勉強と同じ「学習」という点で高学歴、高偏差値の人に勝ったという自信がつき、コンプレックスを克服・解消できる場合もあります。

実務資格の取得はあなたの強い味方になってくれるでしょう。

※参考:アガルート 講座一覧

②難関大学やそのMBAを受験する

昨今は、社会人大学やオンライン、通信などで気軽に学習を進め、学び直すことが可能です。

第一志望としていた、入学がかなわなかった難関、高偏差値大学に入り直す事もできます。

大学生の人は、タイミング次第でより高偏差値の大学に編入する事も可能です。

あるいは難関・有名大学の通信制大学に通い卒業することで、難関・有名大学の「卒業歴」を得ることもできます。

大学を既に卒業している人は、有名・難関大学の大学院、特にMBAに通うことも一つの手です。

大学院の中でもMBA(経営学修士)は夜間や土日開講の授業も多く、社会人でも働きながら修了を目指すことができます。

社会人になっても、まだまだ学ぶ事も、学力、学歴を高めることは可能です。

※関連コラム:MBAを日本で取得するには?国内MBAとは?おすすめの大学院や選び方も解説

③自分より高学歴の人より稼ぐ・仕事で結果を出す

これまで学歴により、待遇や給与の面で待遇への差を感じたり、高学歴の方が優遇を受けていることを感じ悔しい思いをしてきた人もいるでしょう。

しかし、社会に出て「お金を稼げるか」「稼ぎを上げられるか」は学歴よりも本人、あなたの努力次第という事もあります。

例えば、有名大学を出た総合職の人よりも、専門学校卒の専門職(美容師など)の方が高収入である場合も。

やはり国家資格や難関資格取得、難関大MBAの取得など「資格」の取得は、稼ぎを上げたり、仕事で結果を出そうとした時に役に立つと考えられるでしょう。

④他人を学歴で判断しない

自身の学歴に引け目や劣等感を感じている人は、同様に他者のことも学歴で判断してしまうことがあると思います。

あの人は学歴が高いからと比較をしてしまったり、この人は自分より学歴が低いからとバカにしてしまう事もあるかもしれません。

とにかく自分も人も「学歴」というフィルターを通してしまうと、人やものの本質を見失ってしまいます。

まずは、他者を学歴で判断せずにその人の本質的な魅力、実力などで判断するように心がけることで、自然と自分の学歴コンプレックスも薄まっていくことでしょう。

まとめ

学歴コンプレックスの克服、解消法やそのために必要な難関資格の取得方法を徹底解説してきました。

まだまだ日本では、学歴社会であることを体感する様な出来事もあり、学歴コンプレックスで辛い思いをする事もあるでしょう。

しかし、学歴コンプレックスは一生背負うものではありません。

例えば、学歴コンプレックスにつながる、自分に自信がない、第一志望の大学などに行けなかった、学歴や偏差値で就職や待遇に差を感じたなどを、自身の努力でこれからの考え方を変えることは可能です。

働きながらでも学習を進めることは可能であり、難関資格を取得することで、受験勉強と同じ「勉強」という点で高学歴・高偏差値の人に勝ったという自信がつき、コンプレックスを克服・解消できます。

そんな「難関資格の取得」や「難関大学MBAの入学」は一人では難しいと感じる人もいるかもしれません。

そんな人は一度アガルートの受講相談をしてみると良いでしょう。

時間のない社会人の方でも効率よく学習を進めることができます。

まずは弊社HPから、自分に合った資格、学位の講座を見つけてみてください。

無料の資料請求により1講座を体験受講することが可能です。

また、無料で受講相談も受け付けています。

※参考:アガルート 講座一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

専門スタッフが丁寧に対応!