土地家屋調査士資格は、近年の資格取得ブームの中でも特に注目を浴びています。

しかし、時には「土地家屋調査士になるのはやめておけ」という意見を目にすることもあります。

このコラムでは土地家屋調査士について「やめとけ」とする理由と「おすすめ」である理由を、それぞれ詳しく解説します。

資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

土地家屋調査士試験・測量士補試験の通信講座・予備校

令和5年度アガルート受講生の土地家屋調査士試験合格率は63.41%(全国平均の6.56倍)

令和5年アガルート受講生の測量士補試験合格率は95.2%(全国平均の2.96倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・様々な総合講義の一部 3種
  ・講義時間 約10.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

土地家屋調査士がやめとけとされる理由3選

はじめに、土地家屋調査士はやめとけといわれる主な理由について見ていきましょう。

次の章では、逆に「土地家屋調査士がおすすめである」理由について、ご紹介していきます。

どちらも確認した上で、土地家屋調査士が自分に合う職業かどうか、考えてみてください。

屋外の作業が主体

土地家屋調査士の業務は、屋外で対応する場面も多くあります。

暑さや寒さに耐えたり、生い茂った草木をかき分けたりしながら作業することも珍しくありません。

また、土地家屋調査士の仕事は新しい場所や土地に足を運ぶ機会も多いです。出張や遠距離の移動が発生することもあります。

自動車の免許を持っているだけではなく、日常で運転するレベルのスキルが求められるため、苦痛に感じる方もいそうです。

土日出勤が多い

土地家屋調査士は、柔軟な勤務時間が求められる職業です。

業務は主に土日に行われることが多く、時間外勤務や休日出勤が常態化しています。

なぜなら、個人からの依頼では平日の夜や土日の立会いを希望されるケースが多いからです。また、不動産会社は土日も営業しているため、連絡があれば直ちに対応しなければなりません。

仕方のないことではありますが、不満を感じる方も多いのではないでしょうか。

繁忙期はとにかく忙しい

土地家屋調査士は、繁忙期に仕事が集中して忙しくなることが多々あります。

土地家屋調査士の大型案件は数百万円と規模が大きく、時期によってはそれを何個も同時並行で進めなければなりません。

時期によっては、勤務が早朝から深夜にわたることもあるそうです。

土地家屋調査士がおすすめである理由

次は、逆に土地家屋調査士がおすすめとされる主な理由について見ていきましょう。

表示に関する登記は「独占業務」である

不動産は、大きさや形状が大切なものです。

そして、表示に関する登記を行うことは法律で義務付けられています。法令の改正などがない限り、仕事の需要が減ることはありません。

その上、表示に関する登記は土地家屋調査士にしか行えない独占業務です。

他の職種では代行ができないため、将来性も含めて良い仕事であると感じている方も多いでしょう。

独立開業がしやすいとされる

土地家屋調査士の魅力の一つは、独立開業がしやすいことです。

年1回行われる国家試験に合格した後、登録を行うと同時に土地家屋調査士会に入会し、土地家屋調査士事務所を開業して業務を始めることができます。

一般的に数年以上の経験を積んでから開業するケースが多いですが、開業の条件として実務経験が設定されているわけではありません。なので、試験合格後すぐに開業することが可能なのです。

相続をきっかけにした分筆や売却が今後増加する可能性が

時代が進めば世代が変わり、不動産の相続が発生します。高齢化が進む昨今、その動きは将来的にますます増えていくことでしょう。

特に2022年以降は団塊の世代が後期高齢者となり始めることから、多くの相続が発生し、それをきっかけとした分筆や売却が増えることも予想されます。

そして、その手続きには土地家屋調査士が不可欠です。そのため、土地家屋調査士の仕事は今後も増加することが予想されます。

取得を目指すなら予備校の利用もあり!

以上、調査士資格の取得について「やめとけ」とされる理由と「おすすめ」とされる理由をそれぞれご紹介しました。

これらの内容を加味した上で「取得を目指す」場合、確実な合格や時短での合格のためにも予備校の利用がおすすめです。中でも、オンライン予備校なら時間や場所を選びません。

なお、土地家屋調査士試験においては免除制度があり、測量士補資格を有している場合は午前の部が免除されます。

そのため、多くの受験者はまず測量士補試験に合格することで、午前の部の免除の適用を受けて調査士試験に臨んでいます。

アガルートでは、まず測量士補に合格し、次いで土地家屋調査士に合格するためのダブル合格カリキュラムも提供しています。

無料の資料請求や受講相談・体験受講なども行なっていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

土地家屋調査士試験・測量士補試験の通信講座・予備校

令和5年度アガルート受講生の土地家屋調査士試験合格率は63.41%(全国平均の6.56倍)

令和5年アガルート受講生の測量士補試験合格率は95.2%(全国平均の2.96倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・様々な総合講義の一部 3種
  ・講義時間 約10.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!