このコラムでは測量士補試験について、試験日を初めとした全体的な流れ・スケジュールや試験概要、試験内容などについて解説します。

測量士補の受験を検討している方などは是非ご覧ください。

土地家屋調査士試験・測量士補試験の通信講座・予備校

令和5年度アガルート受講生の土地家屋調査士試験合格率は63.41%(全国平均の6.56倍)

令和5年アガルート受講生の測量士補試験合格率は95.2%(全国平均の2.96倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・様々な総合講義の一部 3種
  ・講義時間 約10.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

令和6年(2024年)測量士補試験日

令和6年(2024年)の測量士補試験日は令和6年5月19日(日)の予定です。測量士補試験は例年、5月の第3日曜日に実施されています。

ちなみに、令和5年(2023年)の測量士補試験日は令和5年(2023年)5月21日(日)でした。

参考:令和6年測量士・測量士補国家試験 日程

令和6年(2024年) 測量士補試験申し込みスケジュール

令和6年(2024年)の測量士補試験の申し込みスケジュールについて見ていきます。

2024年1月5日(金)~1月30日(火) 受験申し込み受付期間

2024年の測量士補試験の申し込み期間は、1月5日~1月30日です。

忘れずにこの期間に申し込みを済ませるようにしましょう。

令和6年(2024年)5月19日(日)測量士補試験

測量士補の試験日です。

試験時間:午後1時30分~午後4時30分まで

試験室への入室は試験開始1時間前からとなっています。

試験開始30分前までに試験室へ入るようにしましょう。

令和6年(2024年)6月27日(木)午前9時 合格発表

筆記試験の結果は、2024年の6月27日(木)午前9時に発表されます。

国土地理院、国土地理院各地方測量部及び国土地理院沖縄支所において合格者の受験番号及び氏名が公告されるほか、全受験者宛てに試験の結果(合否)が通知されます。

測量士補試験の概要2024年

受験願書受付期間 

令和5年1月5日(金)から1月30日(火)まで
試験日 令和6年5月19日(日曜日)
合格発表 令和6年6月27日(木)午前9時
受験手数料 2,850円
受験地 北海道、宮城県、秋田県、東京都、新潟県、富山県、愛知県、大阪府、島根県、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県

測量士補試験の受験資格

測量士補試験には、受験資格はありません。

年齢・学歴・国籍を問わず誰でも受験できる国家試験です。

測量士補試験の科目と配点

試験時間 午後1時30分から午後4時30分まで
試験科目

8科目合計28題

1 測量に関する法規

2 多角測量

3 汎地球測位システム測量

4 水準測量

5 地形測量

6 写真測量

7 地図編集

8 応用測量

配点は1問25点の700点満点で合格基準が450点以上です。

28問中18問(約65%)の正解で合格となります。

測量士補試験の合格率の推移

測量士補試験の受験者は、1万人前後で推移していましたが、ここ数年は増加傾向にあります。

28問中18問以上正解すれば合格という絶対評価ですので、問題の難易度や受験生の質によって合格率が変動し、20~40%台と幅があります。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成22年 10,387人 2,757人 26.5%
平成23年 10,233人 2,192人 21.4%
平成24年 10,551人 4,289人 40.7%
平成25年 10,596人 2,248人 21.2%
平成26年 11,118人 4,417人 39.7%
平成27年 11,608人 3,251人 28.0%
平成28年 13,278人 4,767人 35.9%
平成29年 14,042人 6,639人 47.3%
平成30年 13,569人 4,555人 33.6%
令和元年 13,764人 4,924人 35.8%
令和2年 10,361人 3,138人 30.3%
令和3年 12,905人 4,490人 34.8%
令和4年 12,556人 5,540人 44.1%
令和5年 13,480人 4,342人 32.2%

出題の傾向

まず前提として、測量士補試験では全ての設問が多肢選択式で出題されます。

全て選択問題ではありますが、単純なマルバツ問題ではなく複数の選択肢の中から該当する選択肢を選ぶというものになっています。

その中で例年、計算問題が30%-40%程度(8-11問)の割合で出題されています。

合格に必要な正解数が18問ですので、計算問題を捨ててしまうと、年度によっては、それだけで合格が不可能になります。

計算が苦手な方にとっても、ある程度は、計算問題の対策をする必要があります。

年度 文章問題 計算問題 計算問題の割合
平成23年 18問 10問 35.7%
平成24年 20問 8問 28.6%
平成25年 17問 11問 39.3%
平成26年 17問 11問 39.3%
平成27年 18問 10問 35.7%
平成28年 20問 8問 28.6%
平成29年 18問 10問 35.7%
平成30年 17問 11問 39.3%
令和元年 14問 14問 50.0%
令和2年 16問 12問 42.9%
令和3年 16問 12問 42.9%
令和4年 19問 9問 32.1%
令和5年 18問 10問 35.7%

関連コラム:測量士補試験を独学で合格するために必要な勉強時間

土地家屋調査士試験・測量士補試験の通信講座・予備校

令和5年度アガルート受講生の土地家屋調査士試験合格率は63.41%(全国平均の6.56倍)

令和5年アガルート受講生の測量士補試験合格率は95.2%(全国平均の2.96倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・様々な総合講義の一部 3種
  ・講義時間 約10.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!