HOME > 土地家屋調査士・測量士補試験 > 【土地家屋調査士試験】複素数で解く平成30年度本試験の問21

【土地家屋調査士試験】複素数で解く平成30年度本試験の問21

問題の検討,関数電卓による計算(複素数計算),定規を使った作図まで,中山講師が問21を解く全工程をお見せします。さらに、解きながら解説までしますので,見るだけで問21を理解できます。是非ご覧ください。

模範解答の閲覧(PDF)

複素数計算VS通常計算

平成30年度試験の問21を例題に、複素数計算VS通常計算を比較します。複素数計算のメリットを知らない方は必見です。

詳細はこちら

Page Top