測量士補試験が近づく中、何か特別に対策をすべきなのか不安を感じる方がいるのではないでしょうか。

この記事では、測量士補試験の直前対策として、日程のおさらいややるべきことについて解説します。

本記事を参考に直前対策を行い、測量士補試験を万全の体制で迎えましょう。

土地家屋調査士試験・測量士補試験の通信講座・予備校

令和5年度アガルート受講生の土地家屋調査士試験合格率は63.41%(全国平均の6.56倍)

令和5年アガルート受講生の測量士補試験合格率は95.2%(全国平均の2.96倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・様々な総合講義の一部 3種
  ・講義時間 約10.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

測量士補試験の日程

まずは令和6年に実施される測量士補試験の日程をおさらいしましょう。

試験日令和6年5月19日(日)
試験時間13時30分~16時30分

試験の合格発表は6月27日(木)午前9時に国土地理院、各地方測量部及び国土地理院沖縄支所で、合格者の受験番号と氏名が発表され、また全受験者宛てに試験結果が通知されます。

過去問をしっかり勉強する

測量士補試験の直前でも、過去問をしっかり勉強することが大切で、その理由は試験には過去問が頻出されることにあります。

過去問は確実に解けると試験に合格できるといわれるほど重要で、同じ問題が繰り返し出題されることもしばしば。

それゆえに改めてしっかりと解けるのか、確認したうえで試験に臨みましょう。

また、測量士補試験は過去問以外にも、法改正に伴う新問が出題される可能性があるので、事前に把握し落ち着いて試験に臨むことが大切です。

過去問だけでも合格に近づける

測量補試験は過去問の対策をするだけで、合格に近づけるといわれています。

測量士補試験は絶対評価の試験のため、出題される28問中18問以上正解すれば全員が合格となります。

本試験の合格ラインである正答率約65%に到達するためには、過去問は10年分をこなしておくのがおすすめです。

10年分の過去問対策が必要な理由は、演習問題のレパートリーの多さと試験対策を万全に行なうことが挙げられます。

過去問が本試験に出題された割合についての詳しいデータは、以下の記事をご確認ください。

関連記事:測量士補の過去問で効率的に問題を解く力を身につける方法

アガルートには実力診断模試がある

アガルートでは実力診断模試を提供していて、測量士補試験直前の最終確認に適しています。

本試験では、過去問で出ていない論点として法改正に関わる新問が出題されます。

新問に慌てずに取り組みたい方やより実践的に演習問題に取り組みたい方は、実力診断模試を最終調整として役立てられるでしょう。

また、アガルートの実力診断模試は、重複問題を避けたすべての問題を導入しているので、時間短縮をしながら取りこぼしなく対策が可能です。

そして計算問題についても、20数パターンあるすべてをおさらいしてどんな問題が来ても解けるように対策を進めます。

アガルートの解答速報について

アガルートでは試験当日の5月19日(日)の17時30分より、解答速報を実施予定です。

その後18時からは総評動画の配信も行うので、ぜひ一緒に測量士補試験の復習をしましょう。

アガルートの解答速報はこちらからご覧ください。
※試験日の直前から解答速報へのyoutube情報を記載しております。

まとめ

測量士補試験の直前は過去問をしっかり勉強することが大切で、過去問を完璧に習得すれば試験合格を十分に目指せるでしょう。

さらに合格に近づくためには、アガルートの実力診断模試を活用して新問を解くのがおすすめです。

本試験まで残りの期間でやれることを模索する方は、ぜひ本記事を参考に学習を進めてみてください。

土地家屋調査士試験・測量士補試験の通信講座・予備校

令和5年度アガルート受講生の土地家屋調査士試験合格率は63.41%(全国平均の6.56倍)

令和5年アガルート受講生の測量士補試験合格率は95.2%(全国平均の2.96倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・様々な総合講義の一部 3種
  ・講義時間 約10.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!