明治大学ビジネススクール(明治大学MBA)入試の傾向と対策について解説しています。

【明治大学MBA】入試対策を公開!研究計画書・面接の攻略法とは?

明治大学ビジネススクール2つの特長

明治MBAには2つの特長があります。

特徴1 切り口「ファミリービジネスの後継者」「スタートアップビジネスを担う人材」

一つ目は、企業経営のプロフェッショナル人材の養成という点です。

他のビジネススクールと同じですが、その中でも「ファミリービジネス発展のための経営者、後継者及びサポート人材」そして「新規事業や第二創業を含むスタートアップビジネス及びイノベーションを担う人材」という切り口を設けている点です(他にも、アジアを中心としたグローバルな視点を持つジェネラルマネージャーという切り口もあります)。

国内MBAで「ファミリービスネスの後継者」「スタートアップビジネスを担う人材」という中小零細企業、ベンチャー企業を対象とした人材育成を目的とするビジネススクールは数少ないです。

このような「ファミリービスネスの後継者」「スタートアップビジネスを担う人材」という切り口の設定に対応して、授業のあり方も明治MBA独自の「クラスター」という概念を導入しています。

従来のMBAでは、マーケティング、ファイナンス、アカウンティング、組織人材といった形で科目の縦割りでの履修が行われています。

明治のクラスターでは、「ファミリービジネス」「スタートアップビジネス」というクラスターを設けて、例えば「ファミリービジネス」であれば、ファミリービジネスに必要な科目を縦割りの括りに関係なく履修するような、複数の専門領域にまたがって横断的に履修する形態を採っています。

このような明確な切り口設定やクラスターによる授業形態が話題となっており、中小零細企業の経営者やベンチャー企業を興そうと考える方に人気のビジネススクールとなっています。

特徴2 英語環境でもMBA取得を目指すことができる

2つ目の特徴は、2019年より、必修科目5科目は日本語でも英語でも履修可能な形になっており、夜間開講の国内MBAとしては珍しい英語環境でMBA取得を目指すことができます。

必修科目のみならず、専門科目においても英語による授業科目を約40科目設置し、英語運用能力を高めることにも注力しています。完全英語のプログラムは厳しいが、英語力を高めたいと考える学生にはもってこいのMBAとなっています。

入試内容

明治MBAの入試は研究計画書と面接のみです。

入試がA方式とB方式にわかれておりまして、A方式は「入学年の4月1日現在で24歳以上かつ職務経験2年以上の社会人」を対象としたものです。
B方式は社会人以外の方、例えば大学生などが該当します。

A方式とB方式では、研究計画書の内容が異なりまして、A方式は、「自身の職務経験や社会的活動から生じた問題意識や課題を叙述し、それに基づく本研 究科での学習計画と研究テーマをそれぞれ作成するもの」となっています。
B方式は、「志望理由を含めて入学後の学習計画と研究テーマをそれぞれ作成するもの」となっています。

どちらもA4で5~8枚とかなりボリュームが多くなっています。面接は、提出した研究計画書をもとにした口頭試問が行われます。

※参考:MBA取得を日本国内で|入試日程/出願書類/アドミッション・ポリシー~明治大学MBA~

明治大学の入試倍率から見た難易度

MBAの難易度として倍率が2倍を超えてくると人気があり、難易度が高い傾向にあります。

明治大学の倍率は2023年度は2.14倍でした。

MBAの受験倍率としては比較的高い方だと言えるでしょう。

関連コラム:国内MBAの倍率から見る難易度と人気大学院合格に必要な勉強期間

入試対策

入試対策は先に説明した研究計画書の対策が中心です。
面接は研究計画書をもとに行われるため、研究計画書の対策をすればOKということです。

研究計画書は、経営学に関する専門的な知識が必要となることから、学習経験がない方はまずは基礎知識のインプットから始める必要があります。
各分野の専門書を買い込んで独学で勉強するか、予備校に通って基礎知識をインプットするかをする必要があります。

基礎知識のインプットが終わったら、実際に研究計画書を作成しますが、A4で5~8枚とかなりのボリュームになっています。

MBAのシラバスを読んで入学後の履修計画を立てたり、研究テーマを設定して先行研究を読んだりする必要があります。

かなり専門的な内容になるため、研究経験がない方は予備校に通って指導を受ることをおすすめします。

基本情報

明治大学専門職大学院
グローバル・ビジネス研究科 グローバル・ビジネス専攻
住所:住所:東京都千代田区神田駿河台1-1
最寄り駅:御茶ノ水駅徒歩3分

入試スケジュール(目安)


国内MBA試験の合格を
目指している方へ

  • 国内MBA試験に合格できるか不安
  • 勉強をどう進めて良いかわからない
  • 勉強時間も費用も抑えたい

アガルートの国内MBA試験講座を
無料体験してみませんか?

早稲田・慶應・一橋など難関MBA含む
2023年度の合格者147名!

追加購入不要!これだけで合格できる
カリキュラム

充実のサポート体制だから安心

合格特典付き!          

▶国内MBA試験講座を見る

約4.5時間分の経営学の基礎講座が20日間見放題!

実際に勉強できる!国内MBA試験対策のフルカラーテキスト

合格者の勉強法が満載の合格体験記!

国内MBA試験の全てがわかる!国内MBA試験ガイドブック

実例が満載!国内MBA合格者による研究計画書&面接再現          

1分で簡単!無料

▶資料請求して特典を受け取る