• 検索

これから行政書士試験を目指す方へ

1 行政書士試験を目指す方へ - ガイダンス

【アガルートアカデミー行政書士試験】
行政書士試験を目指す方へ 1/3
柴田孝之講師

柴田孝之講師が,行政書士試験を目指す方に向けて,行政書士とは何か,どのような職務内容なのか,職業としての魅力や今後の展望について説明します。

【アガルートアカデミー行政書士試験】
行政書士試験を目指す方へ 2/3
柴田孝之講師

柴田孝之講師が,行政書士試験に出題される科目について説明します。この中で,それぞれの科目ごとに,どのような形で出題されるのか,難易度及び対策方法について掘り下げていますので,行政書士試験がどのようなものであるか,イメージしやすいでしょう。

【アガルートアカデミー行政書士試験】
行政書士試験を目指す方へ 3/3
柴田孝之講師

柴田孝之講師が,どのように勉強を進めていけばよいのか,合格戦略について,具体的にお話します。行政書士試験に出題される科目には,それぞれ配点があり,また難易度もあるため,それらの事情を踏まえた勉強が必要です。学習経験者にとっても,有意義な内容となっています。

2 行政書士とは

(1)行政書士の業務

 行政書士は,行政書士法に基づく国家資格者で,他人の依頼を受け報酬を得て,役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理,遺言書等の権利義務,事実証明及び契約書の作成等を行います。
 行政書士は書類の申請や作成を通じて,「裁判」「訴訟」といった法律を巡る紛争を未然に防ぐ役割を担います。

【行政書士の仕事・収入】

 →行政書士が登録を受けた後,具体的にどのような仕事をしているのか,行政書士になったら毎月どれくらいの収入が見込めるのか説明しています

(2)行政書士のルーツ

 行政書士の前身は、1872(明治5)年の太政官達「司法職務定制」による代書人制度にあるとされています。その中で、証書人(現在の公証人)、代言人(現在の弁護士)、代書人(現在の司法書士・行政書士)、の職業が制度として定められておりました。代書人制度においては、訴状などの裁判書類などの作成を主たる業務とするか、その他一般の文書や図面作成を主たる業務とするかどうかによって職務領域が分かれており、後者のその他一般の文書や図面作成を主たる業務としていた代書人が、後の行政書士のルーツになっています。
 そのうち、市町村役場、警察署等に提出する書類の作成を業とする者は、行政代書人として活動を行っていました。
 そして、1876年(大正9年)11月25日の代書人規則(現在の行政書士法)の制定,1951(昭和26)年2月10日、行政書士の制度を制定を経て、「行政書士法」が成立しました。

3 行政書士になるためには

(1)「行政書士となる資格」を得る

次のいずれかに該当する方は,「行政書士となる資格」があります。

【行政書士法第2条】
・行政書士試験に合格した者
・弁護士となる資格を有する者
・弁理士となる資格を有する者
・公認会計士となる資格を有する者
・税理士となる資格を有する者
・国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人(独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第2項に規定する特定独立行政法人をいう。以下同じ。)又は特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成15年法律第118号)第2条第2項に規定する特定地方独立行政法人をいう。以下同じ。)の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して20年以上(学校教育法(昭和22年法律第26号)による高等学校を卒業した者その他同法第90条に規定する者にあっては17年以上)になる者

(2)行政書士名簿への登録

「行政書士となる資格」を有する者が行政書士となるためには、各都道府県の行政書士会に登録申請をして,日本行政書士会連合会が備える行政書士名簿への登録を受けることが必要です。

関連ページ情報

【行政書士試験 試験情報】

 →行政書士試験の実施要綱,科目,配点等の試験情報を説明しています。

 

【行政書士試験 傾向と対策】

 →出題傾向を分析し,合格戦略を立て,効率のよい学習方法を紹介しています。

 

【行政書士試験 2016 総合講義】

 →いわゆる入門講座に当たるアガルートアカデミーの行政書士試験対策講座です。弁護士 柴田孝之講師が,法律学習初心者であっても,法律を理解して合格水準に達することができるよう,楽しく丁寧に講義します。