HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験 | 司法試験・予備試験 合格者の声 > 令和元年 予備試験合格者 > 令和元年度 予備試験合格者 三浦雅哉さん

令和元年度 予備試験合格者 三浦雅哉さん

合格者インタビュー&体験記

インタビュー

合格者アンケート

自己紹介(年齢・属性・学歴)

三浦雅哉・21歳・大学3年生・短答340位・論文146位・受験回数2回目

法曹を目指すきっかけ

大学入学時に組んだバンドが初ライブで解散して時間に余裕ができたからです。

勉強の方針とどのように勉強を進めていたか

総合講義と書き方の講座を並行して進めました。総合講義・書き方が終ったのが一年目の2月頃で,大分時間がかかってしまったので1月からはこれと並行して短答過去問を解き始めました。1年目の短答合格後からは,2か月後に迫る論文試験のため重問を回し始めましたが,とても2か月でやり切れる量ではなかったので,先生に特に重要な問題を絞ってもらい,幅を狭めて詰め込みました。論証や定義は重問の解答例にあるものを紙にまとめて暗記しました。論文前に余裕が持てるように,総合講義は早く終わらせるのが無難かと思います。
一年目の口述試験は舐めすぎて落ちてしまいましたが,今年は何としても1位合格するつもりでめげずに努力しました。
二年目の論文式は先生にもらった論証集や基本書・判例の言い回しなども参考にして論証を作り,これをひたすら暗記しました。短答は同様に過去問をひたすら回していました。口述の勉強は前年実体法の勉強を一切しなかったことの反省を踏まえて,手続法のみならず実体法の諸学説なども重点的に勉強しました。また要件事実は条件反射的に出てくる程度に完璧に覚えました。

アガルートならびにアガルートアカデミー講師との出会いやきっかけ

ネットで見つけました。

受講された講座の良さ,当該講座の学習方法(使い方)

講座名:総合講義300
総合講義は,他の予備校のインプットに比べて端的に必要な知識のみがまとまっていて,分量も相当程度に抑えられています。そのため自分のように勉強が嫌いな方・飽きっぽい方には向いていると思います。また一周目と二周目に分かれていて,必然的に二周目で復習ができるので,記憶も定着しやすかったです。わからない点も多かったですが,指導・自習の際にラウンジの先生に聞いたりして対処しました。

講座名:論文の書き方
総合講義一科目終るごとに,終わった科目の書き方を学ぶという形で進めました。最初は論文の書き方など全く分からず,小学生の作文のような論文を添削してもらってましたが,書き方の簡単な問題になれることによりインプット段階から論文の基本的な形式等を理解することができたと思います。

講座名:重要問題習得講座
一年目の論文試験前に始め,二年目も何度も回しました。重問は,憲法の統治分野以外本当に必要な論点のみが過不足なく詰まっていて,非常に良かったです。予備試験の論文は基礎基本知識のみで合否が決まりますので,重問を完璧に解けるようにすれば論文式の合格は容易かと思います。

学習時間はどのように確保し,一日をどのように過ごしていたか

基本的に大学生活は忙しくないので,勉強時間を確保することは容易でした。大学の授業に出席していた時間より日吉ラウンジにいた時間のほうが長かったと思います

直前期の過ごし方

短答の直前期は過去問をひたすら回し,また過去問出題範囲の周縁知識についてもノートにまとめるなどして必死に詰め込みました。論文直前期は論証をワードでまとめてひたすら暗記しました。通学時間やバイト中の暇な時間にも勉強していましたので,一日当たりの勉強時間は6時間を超えていたと思います。試験にはできる限り平常心で挑みました。

試験期間中の過ごし方

とにかくリラックスすることを意識しましたので,いつもより早起きする程度でそれ以外は普段通りの生活だったと思います。

受験した時の手ごたえと合格した時の気持ち

手ごたえ通りの感覚でした。一年目は,短答論文は手ごたえがあって合格していましたが,口述は感覚同様落ちていました。二年目も同様に,成績も含めて手ごたえ通りの出来栄えでした。

振り返ってみて合格の決め手は?

余計な勉強をしなかったこと,論文答案の正しい書き方を身に着けたことです。これらは全てマネオプの論文指導のおかげですし,正直論文指導の充実していない他の予備校で合格するのは困難だったと思います。

アガルートアカデミーを一言で表すと

方位磁針です。

受験生に対するメッセージ

予備試験は簡単な試験ではありません。これは数字を見ても明らかなことです。しかしゴールポストは動きません。この数字を見てなおも予備試験合格を志望し,貴重な時間を投げうって勉強に捧げることを決意した皆さんであれば,決して合格は不可能でないと思います。皆さんのやるべきことは,合格水準に達するまで,ひたすら正しい勉強を積み重ねることのみです。そして皆さんが合格できるよう,正しい道を指し示し,誤った方角に向かったときには正しい道へと導いてくれる,それがアガルートのマネオプ指導だと思います。勉強はつまらないし大変ですが,合格の悦びのために,勝ち組の人生を得るために,アガルートを信じて一緒に頑張りましょう。

令和元年度 予備試験合格者一覧