資格試験に興味を持った時、「最初に気になるのは合格率」という方は多いのではないでしょうか。

このコラムでは、行政書士試験の合格率について紹介いたします。

直近と例年の合格率をご紹介するので、試験の難しさをイメージする際などにお役立てください。

令和5年度受講生の合格率56.11% 全国平均の4.01倍

アガルート受講生の令和5年度合格者数304名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル講義動画 約13時間分
・サンプルテキスト(総合講義&図表まとめ講座)
・オンライン演習サービスTOKERUKUN 短答式試験の過去問(全科目)
・講座パンフレット/合格体験記

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!

令和5年度/2023年度の行政書士試験合格率は13.98%

2024年1月に発表された令和5年度/2023年度の行政書士試験の合格率は、13.98%でした。

受験者数は46,991名、合格者数は6,571名です。

行政書士試験の合格率は10%前後!過去10年分の合格率の推移

行政書士試験の合格率は例年10%前後です。

過去10年分の行政書士試験の受験者数・合格者数・合格率は下記の通りです。

年度受験者数合格者数合格率
2023年度/令和5年度46,991名6,571名13.98%
2022年度/令和4年度47,850名5,802名12.13%
2021年度/令和3年度47,870名5,353名11.2%
2020年度/令和2年度41,681名4,470名10.7%
2019年度/令和元年度39,821名4,571名11.5%
2018年度/平成30年度39,105名4,968名12.7%
2017年度/平成29年度40,449名6,360名15.7%
2016年度/平成28年度41,053名4,084名10.0%
2015年度/平成27年度44,366名5,820名13.1%
2014年度/平成26年度48,869名4,043名8.3%

出典:一般財団法人 行政書士試験研究センター

合格率を他資格試験と比較すると

文系の資格試験と、合格率だけを比較すると、下記のようになります。

  1. 司法書士:4~5%
  2. 中小企業診断士:3~8%(1次試験合格率×2次試験合格率)
  3. 社労士:5~7%
  4. 行政書士:10%前後
  5. 税理士:15%前後
  6. 宅建士:15~17%
  7. FP2級:20~50%

「合格率10%」は10人中1人しか合格できない、9人は落ちてしまうという難しい試験のように思うかもしれません。

しかしより難しい試験では合格率はさらに下がります。行政書士は、法律系資格の中では挑戦しやすい資格試験だといえるでしょう。

なお、試験の難易度は合格率だけでは測れません。

難易度について詳しくは、下記コラムも参考にしてください。

関連コラム:行政書士の難易度とは?合格するとすごい?合格のため知っておきたい基本情報を解説

アガルートの行政書士講座受講生の合格率は56.11%!全国平均の4.01倍!

ご紹介した通り、令和5年度(2023年度)の行政書士試験合格率は、13.98%でした。

それに対して、オンライン資格予備校アガルートの行政書士試験講座の受講生の合格率は56.11%で、全国平均の4.01倍となっています。

難しい試験に挑む際は、このような合格実績が確かな講座を利用すると、合格率が低い試験であっても、自分の合格可能性を上げることが可能です。

▼アガルートの行政書士試験講座担当 豊村慶太講師による動画もぜひ参考にしてください。

(動画の合格率は令和4年度版です。)

令和5年度受講生の合格率56.11% 全国平均の4.01倍

アガルート受講生の令和5年度合格者数304名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル講義動画 約13時間分
・サンプルテキスト(総合講義&図表まとめ講座)
・オンライン演習サービスTOKERUKUN 短答式試験の過去問(全科目)
・講座パンフレット/合格体験記

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!