HOME > データサイエンス > データサイエンス|G検定対策講座(日本ディープラーニング協会)

データサイエンス|G検定対策講座(日本ディープラーニング協会)

本サイトの価格は,すべて税抜きになります。

G検定対策講座

GRI

produced by GRI

汎用的な基礎知識からG検定の合格に必要なレベルまで、体系的にリード!

人工知能を活用できる人材の育成が社会の喫緊な課題となっている中、G検定資格(ジェネラリスト検定資格)は、AI・機械学習・ディープラーニングの知識・スキルをビジネスに応用できる力を客観的に評価するための資格として位置付けられています。

・G検定資格を習得したいけど、データサイエンスの初学者として、どこから着手したら良いのか?
・今の自分のレベルからすると市販の書籍で独学しても、合格からほど遠い
・業務の傍らでG検定試験の対策をするため、効率よく重点を抑えた勉強法を取り入れたい

本講座では、初めてデータサイエンスを学ぶ方でも充実して学べるように、初歩的な事項から入り、一歩一歩丁寧に知識をお伝えしていきます。ついていけるか不安のある初学者の方、基礎からG検定合格にリーチするレベルまで学習したい方に最適な講座です。

G検定とは?

講義時間
  • 全17時間(インプット講義:約16時間+模擬試験解説:約1時間)
    ※インプット講義の各パートは約2~3時間です。
    ※講義時間は前後する場合がございます。

教材発送・視聴開始日
パート1~4:2020年10月6日
パート5:2020年10月20日
模擬試験:2020年10月20日
教材内容

各パート:講義テキスト1冊(インプット講義+演習問題40問)、
模擬試験:問題冊子・解説冊子各1冊
※テキストのPDFデータはマイページからダウンロードすることもできます。

視聴期限
お申込み日より180日
担当講師
パート1~4:ヤン ジャクリン講師
パート5:林 裕太講師

メイン担当講師:ヤン ジャクリン

講座ガイダンス

サンプル講義

インプット講義

例題

本講座の特長

「理解」と「効率」の両方を叶える設計

・専門用語が並ぶ参考書とは異なり、初歩的な内容から一歩一歩丁寧に説明。
・用語の丸暗記にならないように、豊富で具体的な事例を用いた解説。
・質問制度を通じて、疑問点をいつでも講師に質問し、スムーズに解決可能。
・初学者はもちろん、苦手分野を徹底的に学習したい方にも最適な講座設計。

G検定試験の出題範囲を徹底的に網羅

・基礎知識から合格に必要なレベルまで、すべてがこの講座に。

受験生が苦手とする法律分野はアガルートアカデミー監修

・司法試験合格者を多数輩出しているアガルートアカデミーが法律分野の問題を徹底解説。昨今のAIに関する諸問題を完全網羅し、出題が予想される問題を掲載。

実践的なスキルを獲得に向けた次の勉強への意欲を刺激

・「一度の試験のためだけ」ではなく、「本物の理解のため」に知識を本質・原則から丁寧に解説。
・現役のデータサイエンティストが講師を務めるからこそ、学んだ知識を実際のビジネスに応用するイメージを獲得。

インプットした知識をすぐに練習問題で確認する

・各パートにおいて、インプット講義を受講後にすぐに当該範囲の問題(各40問)を解き、知識の定着を図る。

コンパクトな模擬試験で実力診断

・全てのパートを受講した後は50問のコンパクトな模擬試験で弱点を把握。

ヤン講師作成オリジナル「チートシート」

・本試験直前に重要な知識を整理するチートシートつき。

印刷されたテキスト&pdfデータでどこでも学習可能

・各パートは、印刷されたテキストに加えpdfデータを利用して学習することが可能。

<本講座の構成>

学習方針
・G検定の特徴、出題傾向
・本講座の効果的な活用法・学習アドバイス

講義
・合格に必要な知識を体系的に学ぶ
・例題の解説

演習
・練習問題 全200問(各パート40問) + 解説
・模擬試験 50問 + 解説
・チートシート(知識を整理し暗記を助ける)

<目次>
パート1 人工知能(AI)の定義、技術の動向
パート2 機械学習の基礎概念、代表的な手法、精度評価
パート3 ディープラーニングの重要概念と技術
パート4 ディープラーニングの研究分野とその発展可能性
パート5 ディープラーニングの応用に伴う社会的課題

分からないことは気軽に質問できる

質問制度付き講座では、学習を進めていて分からないことがあった場合、いつでも質問をすることができます。

質問制度つきの講座では、講師によるサポートが受けられます

Slackで質疑応答(購入から3カ月以内)
 ヤン講師が直接、受講生の疑問に迅速に回答いたします。講義内容に関する質問やディスカッションをすることができます。またモチベーションの維持にもご利用ください。
※質問制度つき講座をお申込み後、登録いただいているメールアドレス宛に招待のメールをお送りいたします。

おすすめの学習法

推奨する学習の流れは以下の通りです。

(1)出題パターンに慣れる + 練習問題をたくさんこなす

G検定は自宅でオンライン試験中にウェブ検索やテキストを参照することはは可能です。
一方で、出題数が多いため(1問2分未満!)、いちいち調べていたら時間内に全回答することは難しいでしょう。では、何が必要なのでしょうか?
それは「数多くの練習問題をこなす」「身体で慣れる」ことです。

G検定の過去問は非公開です。代わりに、本講座で提供している豊富な類似問題を数多くこなすことが、G検定合格のために最も重要な対策法です。インプットした知識を本番と同じ形でアウトプットする訓練は効果抜群です。また、出題パターンに慣れることで、本番での緊張を和らげることができます。
知識が深く根付いていれば、問題文を見た瞬間考え込まずに「自分の名前を答える」と同じくらいすらすらと回答できるはずです。

(2)学習計画を立てる

学習開始前にシラバスや例題をざっと確認し、試験問題の具体的なイメージを把握してください。
開始時点のレベルに基づいて、合格するために必要な学習量を見積もり、詳細な学習計画を受験日から逆算して立てる必要があります。
学習期間中は、計画表にチェックマークを入れていくことで進捗管理の助けになります。

(3)知識の覚え方を極める

丸暗記は苦痛なので、以下の工夫がおすすめです。

・テキストを読む/講義を視聴する時「理解した!」と実感できるまで同じ場所を繰り返す

・目の前の仮想的な質問者に「自分の言葉で相手に説明できるか」を試す

「どうしても覚えきれない所だけをまとめたノート」や「フラッシュカード」を作る(本番直前に「これだけ見れば良い」ようなもの)

・暗記を助ける本講座の体系的なチートシートを活用する

(4)多様なリソースを活用

本講座以外の情報を活用することで、理解がさらに深まります。

■図書・参考書
JDLA推奨の図書(G検定対策に特化したもの、理解を拡張するためのものがあります)

■ウェブリソース
特定の概念に関して、講義や参考書だけでは理解しきれない場合は、ウェブ上での検索も頼りになります。ウェブの情報は非定常ではありますが、受験者目線で描かれているブログや体験記のなかには有用なものもあります。

■関連講座や関連講座のコーチング
データサイエンスを初めて学ぶ方、余裕をもって基礎を固めたい方は、データサイエンス分野の基礎講座を事前に受講することもおすすめです。講師による添削がつき、質疑応答が可能であるコーチング制度を活用すると、さらに理解の助けとなります。

データサイエンス概論講座

データサイエンス概論講座はこちら

商品内容の比較

※全体が表示されていない場合、横スクロールでご確認いただけます

  G検定対策講座 G検定対策講座
質問対応付き
通信講義
約25時間
講義資料・テキスト
演習問題・解答
模擬試験
質問対応
Slackで3ヶ月 ※1
価格(税抜)

講義とテキストで充分な方

59,800円

ヤン講師による質問対応付き

98,800円

※1 起算日は講座お申し込み時です。

【G検定】 合格者の声

合格者の声

アガルートアカデミーのG検定対策講座を受講して,G検定に合格された方の合格体験記をお届けします。

合格者の声を見る

価格/講座のご購入

  • G検定対策講座
    全5パート+模擬試験
    59,800円(税抜)
    ご購入
  • G検定対策講座
    全5パート+模擬試験
    質問制度付き
    98,800円(税抜)
    ご購入
  • G検定対策講座
    パート1
    14,000円(税抜)
    ご購入
  • G検定対策講座
    パート2
    14,000円(税抜)
    ご購入
  • G検定対策講座
    パート3
    14,000円(税抜)
    ご購入
  • G検定対策講座
    パート4
    14,000円(税抜)
    ご購入
  • G検定対策講座
    パート5
    14,000円(税抜)
    ご購入
  • G検定対策講座
    模擬試験
    4,000円(税抜)
    ご購入