HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験コラム > 司法試験コラム|司法試験予備試験論文式試験 刑法の勉強法

司法試験コラム|司法試験予備試験論文式試験 刑法の勉強法

司法試験・論文式試験 刑法の勉強法①~試験で問われること~

1 登場人物の罪責を論じる

司法試験の論文式試験では,登場人物の罪責を論じることが求められます。
具体的にいうと,何らかの行為を行った者について,どのような犯罪が成立するのかを検討することになります。
例えば,他人の家に入って住人からお金を奪い取った場合には,住居侵入罪と強盗罪が成立する否かを論じることになります。

 

2 試験での評価ポイント

司法試験の採点実感によると,採点に当たっての基本方針としては,①刑法総論・各論の基本的な知識と問題点についてしっかり理解しているか,②事実関係を的確に分析・評価し,具体的事実に法規範を適用することができているか,③結論が妥当か,及びその結論に至るまでの法的思考過程が論理的かどうか等を総合的に評価するとされています。
なので,刑法を勉強するにあたっては,これらの点を意識することが大切になります。

 

司法試験・論文式試験 刑法の勉強法②~具体的な勉強法~

1 自分の中に刑法体系を作り上げる

刑法の特性として,非常に理論的であるという点が挙げられます。刑法の勉強を始めると,罪刑法定主義などの基本原理や行為無価値論と結果無価値論の対立など,様々な刑法理論に出くわすことになります。
もっとも,司法試験の論文式試験では刑法理論そのものではなく,刑法理論に対する一定の理解を前提に,理論を具体的事案に適用する能力が主に問われます。
大切なことは,刑法理論に深入りせず,自分にあった基本書1冊をしっかり学習し,論理矛盾のない刑法体系を自分の中に作り上げることです。

 

2 刑法答案の書き方をマスターする

先ほど述べたように,刑法は理論的な科目ですが,答案を書く際にも刑法理論を意識した答案が要求されます。
例えば,犯罪が成立するかを検討する際,一般的には,①構成要件に該当するか,②違法性が阻却されないか,③責任が阻却されないか,という順に従って検討することになります。
しかし,答案で①を飛ばしていきなり③から検討してしまうと,刑法理論に対する理解が疑われることになるでしょう。このように,刑法答案には一定の作法があるので,早い段階から刑法答案をマスターすることが重要です。
具体的な方法として,論文答案の「書き方」を学ぶための予備校講座や模範解答つきの問題集を解くことになるのでしょう。

 

3 刑法は「事実関係」の分析と評価が重要

一通り刑法理論の勉強を済ませた後は,「事実関係」を意識した勉強にシフトしましょう。刑法がなかなか得意になれない人の中には,「事実関係」を意識した勉強が不十分な人が多いように思います。では,「事実関係」を意識した勉強とはどういうことでしょうか。
例えば,刑法236条は,「暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者」は,強盗の罪とすると定めていますが,「暴行又は脅迫」は被害者の反抗を抑圧するに足りる程度のものでなければならないと解釈されています。ここまでは,刑法理論の話です。しかし,「暴行又は脅迫」にあたるかを検討するに際しては,行為者と被害者の性別・年齢・体格や周囲の状況など,様々な「事実関係」に着目した上で,被害者の反抗が抑圧されていると評価できるかを検討しなければなりません。これは刑法理論をマスターした後にこれを実際に使う段階といえるでしょう。
以上のように,刑法の学習をするにあたっては,刑法理論をマスターした後こそが重要なのであり,日ごろから「事実関係」を意識した勉強を心がけましょう。

 

4 判例の学習

平成28年の採点実感で,「重要判例のある問題点については,これを意識して論述することがより望ましい」とされているように,刑法の論文式試験では判例に対する理解が重要になります。
そして,判例を学習する際には,①事案の具体的事実,②問題の所在(学説の対立点),③結論に至るまでの判例理論,④判例の規範が妥当する範囲(判例の射程)を意識することが大切になります。

 

5 旧司法試験のススメ

基本的なインプットを一通り終えたら,旧司法試験の問題を解いてみることをお勧めします。なぜなら,旧司法試験は新司法試験よりも問題文の量が少なく,刑法答案をマスターする上で適切であることに加え,新司法試験では旧司法試験から出題されることもあるからです。
模範解答を参考にしつつ,刑法答案の「書き方」をマスターしましょう。