HOME > 行政書士試験 > 行政書士試験 | 科目ごとの攻略法 > 行政書士試験|一般知識の攻略法

行政書士試験|一般知識の攻略法

一般知識(配点:56点)

【アガルートアカデミー行政書士試験】
一般知識の攻略法
豊村慶太講師

豊村慶太講師が,行政書士試験を目指す方に向けて,出題傾向を踏まえ,科目ごとの攻略法・学習方法・学習スケジュールをお伝えいたします。本講義では,一般知識について解説しています。

一般知識対策もまずは過去問から

一般知識等科目は,択一式で56/300点の配点があります。行政書士試験において,一般知識等科目の得点が,満点(56点)の40パーセント(24点)に達しない場合,不合格になってしまうため,多くの受験生の悩みの種です。
一般知識対策の第一歩としては,やは過去問分析になります。例えば,2015年に出題された「問題50」では「日本の名目GDP」が出題されましたが,これは2007年問題49でも出題されています。また,2015年に出題された「問題53」では「日本における高齢者(65歳以上)」が出題されましたが,これは2006年問題51でも出題されています。
このような状況ですので,一般知識は「過去10年分」過去問を検討しておきたいところです。

行政情報関連三法

「行政情報関連三法(公文書管理法,行政機関情報公開法,行政機関個人情報保護法)を学習して確実に点を取る」

一般知識は,「政治・経済・社会」(政経社)「情報通信・個人情報保護」(情報)「文章理解」の3分野が出題され,非常に幅広い知識が要求されます。このような一般知識対策としては,まずは確実に出題される内容を解答できるようにすることが大切です。ほぼ確実に出題される内容として,行政情報関連三法が挙げられますが,これは行政法の法分野に属するものですから,行政法と併せて対策をすることが効率的です。

情報通信の用語学習にお勧め

総務省 国民のための情報セキュリティサイト「用語辞典

政治・経済・社会・文章理解

「政治・経済・社会と文章理解はスタート時での個人差あり」

政治・経済・社会と文章理解は,それまでの受験や学習の経験値によって差が出てしまいやすいです。そのため,苦手な方は,早めに過去問をチェックして,初期段階からコツコツと取り組んでください。時間が限られている場合は,頻出分野に絞って学習し,模試で実践トレーニングを積むというのも一つの手です。

【豊村慶太の政経社無料ポイント講義】

豊村慶太講師による行政書士試験 一般知識対策の政経社ポイント講義を無料で配信しております。ぜひご視聴ください。

一般知識の分野別攻略法

「政治・経済・社会」(政経社)「情報通信・個人情報保護」(情報)「文章理解」の3分野の分野別攻略法について詳しく知りたい方は,こちらのコラムをご覧ください。