「東京都特別区職員を目指しているけど、東京都特別職員って年収どのくらい?」
「公務員試験どこを受けるか迷っているけど、東京都特別区職員の魅力って?」

そんなお悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

本稿では、東京都特別区職員の年収・魅力をご説明したいと思います。

公務員試験を目指す参考にしていただければ幸いです。

公務員を目指している方へ

  • 国家一般職・専門職や地方公務員になりたいけど何から始めていいかわからない
  • なるべく試験対策にかかる費用を抑えたい
  • 学校や仕事と試験勉強を両立できるか不安

アガルートの公務員試験講座を
無料体験してみませんか?

約3時間分のミクロ経済学・数的処理対策などの講義が20日間見放題!

実際に勉強できる!公務員試験のフルカラーテキスト

公務員試験の全てがわかる!はじめての公務員試験ガイドブック

実際の試験問題が解ける!「実践ミニ問題集」がもらえる!

地方上級・一般職合格者の「面接再現レポート」がもらえる!

1分で簡単!無料!

▶資料請求して特典を受け取る

東京都特別区職員とは

東京都特別区職員は、東京の23区(特別区が正式名称です)のどれかを担当し区の行政に携わる職業となります。

一方、東京都庁職員という職種が別にあり、こちらは東京都全体にわたる業務を行っています。

東京都庁職員との違い、区の運営に集中しているため生活保護、児童福祉、保育園の整備、証明書の発行、ごみ処理やリサイクル関連業務など 区民の生活に直結する仕事が主になります。

東京都特別区職員の年収は

東京都特別区職員の年収は、特別区の各区が公開している令和4年給与・定員管理等によると、平均給与月額は420,367円で、平均年収は約693万円(約6,936,056円)でした。

平均年収:約693万円(約6,936,056円)
初任給:約220,400円
(1類)

初任給は全体平均(約21万円)と比較すると、そこまで変わりません。

平均年収は、国税庁の令和3年分民間給与実態統計調査結果によると民間企業に勤務した給与所得者の平均年収は433万円(男性545万円・女性302万円)のため、特別区の平均年収は民間企業より高いといえるでしょう。

さらに公務員は充実した福利厚生があるため実質的な給料はもっと多いです。
また待遇面を見ても例外的な場合を除き、解雇されることがありません。

そうした安定性も含めると非常に魅力的だと言えるでしょう。

※平均年収は平均給与月額×12ヶ月+平均給与月額×4.6ヶ月(令和3年度ボーナス)で算出
※参考:特別区人事委員会事務局 給与勧告情報|特別区人事・厚生事務組合
※参考:令和3年分民間給与実態統計調査結果

令和4年度から初任給の改定が開始

令和4年度の特別区人事委員会事務局 給与勧告情報によると、国や民間企業における初任給の動向などを踏まえて初任給が値上げされました。

種類現在の給料月額改定後の給料月額改定額
Ⅰ類183,700円188,200円4,500円
Ⅲ類147,100円152,100円5,000円

特別区では、初任給の値上げを踏まえて若年層職員の給料に関しても一定の改善が及ぶように改定するそうです。

令和3年特別区の平均給与月額・平均給与ランキング

各区で公開している令和3年度給与・定員管理等を参考に、特別区の平均給与月額と平均年収をランキング化しました。

各区の令和3年度給与・定員管理等によると、1位は杉並区で平均給与月額は444,282円、平均年収は約733万円で、23位は目黒区で平均給与月額は373,896円、平均年収は約616万円という結果でした。

順位地域平均給与月額平均年収
1位杉並区444,282円約7,330,653円
2位足立区433,138円約7,146,777円
3位中央区432,088円約7,129,452円
4位文京区425,776円約7,025,304円
5位世田谷区423,796円約6,992,634円
6位台東区423,118円約6,981,447円
7位品川区423,067円約6,980,606円
8位江東区420,308円約6,935,082円
9位練馬区418,906円約6,911,949円
10位北区417,817円約6,893,981円
11位江戸川区417,331円約6,885,962円
12位渋谷区417,107円約6,882,266円
13位千代田区416,193円約6,867,185円
14位豊島区415,175円約6,850,388円
15位墨田区413,763円約6,827,090円
16位荒川区412,776円約6,810,804円
17位港区412,724円約6,809,946円
18位新宿区411,273円約6,786,005円
19位中野区409,842円約6,762,393円
20位葛飾区409,400円約6,755,100円
21位板橋区408,064円約6,733,056円
22位大田区408,030円約6,732,495円
23位目黒区373,896円約6,169,284円
令和2年、令和3年度特別区の平均給与月額・平均年収一覧

※特別区の平均年収は平均給与月額×12ヶ月+平均給与月額×4.5ヶ月(ボーナス)で算出
※葛飾区のみ令和2年の情報になります
※平均年収はあくまでも目安としてお考え下さい
※参考:東京都区市町村の給与情報等の公表に関するホームページ一覧

令和3年特別区の経験年数別平均給与月額・平均年収

各区で公開している令和3年度給与・定員管理等を参考に、大卒の経験年数別の平均給与月額とその地区をご紹介します。

経験年数 年齢 平均給料月額
平均給料月額 最高 最低
地区 平均給料月額 地区 平均給料月額
10年 32歳 273,038円 新宿区 297,146円 中野区 254,639円
20年 42歳 363,413円 杉並区 383,200円 渋谷区 340,414円
25年 47歳 389,719円 中野区 420,800円 足立区 368,092円
30年 52歳 391,714円 墨田区 420,330円 千代田区 379,525円

続いて、高校卒の経験年数別の平均給与月額とその地区をご紹介します。

経験年数 年齢 平均給料月額
平均給料月額 最高 最低
地区 平均給料月額 地区 平均給料月額
10年 28歳 225,762円 大田区 257,750円 港区 188,700円
20年 38歳 316,113円 品川区 356,100円 台東区 269,000円
25年 43歳 343,931円 中野区 366,300円 台東区 283,171円
30年 48歳 362,792円 杉並区 379,023円 渋谷区 342,722円

※区によっては一部経験年数別の平均給与月額を公開していないため、あくまでも目安としてお考え下さい
※参考:東京都区市町村の給与情報等の公表に関するホームページ一覧

東京都特別区と他の公務員職の平均年収を比較

特別区の公務員とよく比較される都道府県別の地方公務員と、指定都市別の地方公務員の平均年収を比較しました。

区分平均年収平均初任給
特別区約6,936,056円約220,400円
都道府県約6,441,246円約194,300円
指定都市約6,896,855円約183,007円
令和3年東京都特別区の平均年収・初任給と令和2年地方公務員の平均年収・初任給を比較

※令和2年の地方公務員(都道府県、指定都市)の平均年収は給与月額合計×12ヶ月+期末手当+勤勉手当で算出
※令和3年の特別区の平均年収は平均給与月額×12ヶ月+平均給与月額×4.6ヶ月(令和3年度ボーナス)で算出
※参考:千代田区給与・定員管理等について(令和3年度)
※参考:令和2年地方公務員給与の実態

特別区の平均年収、初任給は都道府県別、指定都市別よりも高いことがわかります。

地方公務員は地域差が大きいので、平均年収だけでなく、志望したい地域の年収を個別で調べるようにしましょう。

東京都特別区職員の3つの魅力

東京都特別区職員の魅力はたくさんありますが、他の公務員職と比べてよりよいと思われる魅力を3つご紹介します。

圧倒的な規模の都市で仕事に従事できる

一つ目は、東京という圧倒的な規模の都市で仕事に従事できることです。

東京は日本で一番の都市であることは言うまでもないですが、世界的にも有数の都市です。

民間ではこうした環境で働くことはできません。

都庁よりも現場に近い取り組みができる

二つ目は、都庁よりも現場に近いことです。

都庁の場合、東京都全体にアプローチする仕事が多くなります。

それに対して特別区は担当している区にフォーカスして仕事をするので、現場に近い場所で行政課題に取り組めます。

区民の感謝の声も届きやすく、誰に対して仕事をしているのかが分かり、やりがいを感じる機会も多いでしょう。

都内で働き続けたいならこれ以上ない待遇

三つ目は、圧倒的な待遇です。

東京都特別区職員は、公務員職の利点を高レベルで備えた待遇となっています。

安定性や信用、転勤なしなどの働きやすさがあるのはもちろんのこと、年収も他の公務員職と比較して高いです。

都内で働きたいという方にとってはこれ以上ない待遇でしょう。

最後

東京都特別区職員は、東京という日本一の大都市の行政を支えることができ、とてもやりがいのある仕事です。

そして公務員であるため、将来にわたる高収入・地位が確保できます。

ぜひ一度東京都特別区職員を目指すことを検討してみてはいかがでしょうか?

本稿が、皆さんの悩み解決のお役に立てば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

公務員を目指している方へ

  • 国家一般職・専門職や地方公務員試験に合格できるか不安
  • 勉強をどう進めて良いかわからない
  • 勉強時間も費用も抑えたい

アガルートの公務員試験講座を
無料体験してみませんか?

2年で合格者数7.56倍!国家一般職専門職・地方上級の合格者を多く輩出!

フルカラーのオリジナルテキストがスマホやタブレットで閲覧可能!

学習の相談や質問が気軽にできる充実したフォロー制度!

内定特典でお祝い金贈呈or全額返金!

9月8日までの申込で20%OFF!

▶公務員試験講座を見る

約3時間分のミクロ経済学・数的処理対策などの講義が20日間見放題!

実際に勉強できる!公務員試験のフルカラーテキスト

公務員試験の全てがわかる!はじめての公務員試験ガイドブック

実際の試験問題が解ける!「実践ミニ問題集」がもらえる!

地方上級・一般職合格者の「面接再現レポート」がもらえる!

1分で簡単!無料!

▶資料請求して特典を受け取る