HOME > 宅建士試験 > 宅建試験 | 講座一覧 > 宅建試験 | 2017 宅建試験カリキュラム

宅建試験 | 2017 宅建試験カリキュラム

2017年の宅建試験の合格を目指す方へ

宅建試験では,出題可能性の高い問題に限定しつつ,これを確実に得点できるよう,しっかりとその知識を定着させることが重要です。
そのためには,まずは,基礎的知識のインプットから始まり,重要なものだけをセレクトした過去問演習で問題の解き方をマスター。その後,これらの知識を総復習し,模擬試験で総仕上げをして,本番に臨む。
このような過程を踏むことが最も効率的な学習方法です。アガルートの宅建試験カリキュラムには,これら全ての学習ステージに対応した講座が詰まっています。

講義時間:合計約100時間

教材発送・講義配信スケジュール
2016年12月7日より順次(詳細は,こちらをご覧ください。)

学習スケジュール

繰り返して確実な知識へ

まずは,総合講義で試験に必要な知識をお伝えします。難しい用語も易しい言葉で言い換えて説明しますので,暗記よりも理解することを重視して聞いてください。講義を聞き終えたら,早速,過去問演習へ。講義で学んだ知識を復習しながら,問題の解き方を学んでいきます。
これで合格に必要な知識・ノウハウはすべてお伝えしたことになりますが,アガルートのカリキュラムでは,総まとめ講座で,知識と解き方をもう1回お伝えします。2回目なので,前提知識の説明はしない分,短時間で要点の復習をしていきます。繰り返すことで確実な知識を身につけ,合格を確実なものにします。

各科目の学習方針

権利関係:配点は高いのですが,非常に難しく細かいので,深入りは禁物です。法律の考え方や用語に慣れることを第一目標に,学習しましょう。
宅建業法:配点が最も高い上に,出題形式もワンパターンのものが多いので,ぜひとも得点源にしたい科目です。問題を解きながら一つ一つ確実に自分のものにしていきましょう。
法令上の制限:混合しやすい用語や数字が多く出てきますが,それさえマスターしてしまえば,安定的に高得点が期待できます。用語と数字を意識してコツコツと覚えていきましょう。
税その他:範囲が広く対策しにくい科目です。そのため,過去問中心の学習で,手を広げすぎないよう,気を付けましょう。

このカリキュラムに含まれる講座

サンプル講義

【アガルートアカデミー宅建試験】無料公開講座
2017 総合講義
権利関係
林裕太講師

 新たに収録した2017 宅建試験 総合講義(権利関係)です。
 本講座は,宅建試験を目指す方を対象に,初学者でも安心して受講して頂けるよう法律の知識をゼロからお伝えする講座です。テキストは画面下のバナーからダウンロードすることができます。

テキストのダウンロードはこちら

受講環境

講師全面監修のオリジナルテキストをお手元に置きながら,オンライン動画で好きな時に何回でも講義を視聴することができます。また,講義の音声がダウンロードができますので,スマートフォン等でスキマ時間に繰り返し講義を聴くことができます。

価格(税込)

2017 宅建試験カリキュラム 148,000円 →オープン記念価格74,000円

ご購入

2017 宅建試験カリキュラム/USBメモリオプション 198,000円 →オープン記念価格99,000円

ご購入

※ オープン記念特典により,2017年10月14日まで,半額でご提供いたします。
※ USBメモリオプションには,総合講義と過去問解析講座のUSBメモリが付きます。
※ USBは,MacOSには対応しておりません。