試験概要

【2021年度・令和3年度】宅建試験日&申し込み方法を郵送からインターネットまで完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
申し込み

今年の宅建試験日はいつなんだろう?

申し込みのスケジュールは?

宅建試験を受けようと思った際、試験の日程やスケジュールは気になりますよね。

当コラムでは、2021年度(令和3年度)の宅建試験日・申し込みのスケジュールを、「郵送での申し込み」と「インターネットでの申し込み」方法も含めて解説します。

令和2年度の合格率43.3%(全国平均の2.58倍)

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

2021年度 宅建試験日

試験会場

2021年度(令和3年度)の宅建試験の日程は、2021年10月17日(日)です。

※12月の指定を受けた方は、2021年度12月19日(日)

関連コラム:宅建試験は3か月で合格を目指せる?短期合格を目指す方法

今年も昨年同様、感染症対策のために一部の試験地で10月試験の会場が足りなくなる可能性があります。

その場合、一部の方は12月試験を受講することとなります。

参考:一般財団法人 不動産適正取引推進機構のホームページ

2021年度 宅建試験申し込みスケジュール

2021年度の宅建試験の申し込みスケジュールは、以下のようになっています。

2021年6月4日(金)官報公告

宅建試験の試験日や受験申込期限、受験料などが官報に掲載され、試験の概要を知ることができます。

参考:令和3年度宅地建物取引士資格試験について

2021年7月1日(木)~試験案内の配布・申し込み受付開始

7月1日~受験の申込方法などが記載された試験案内の配布が開始されます。

試験案内は、一般財団法人 不動産適正取引推進機構のホームページにも掲載されるため、インターネット申込みの方は、試験案内を入手しなくてもホームページで確認すれば問題ありません。

ただし、郵送で申込みを希望している場合は、試験案内の中に受験申込書が入っているので、試験案内を入手する必要があります。

インターネット申込み期間

2021年(令和3年)7月1日(木)9時30分から7月18日(日)21時59分まで 

※インターネット申込みは24時間利用可能。

郵送申込み期間

2021年(令和3年)7月1日(木)から7月30日(金)まで

この期間に申込みをしなければ受験をすることができません。

インターネット申込みは期限が短めなので、期限に注意しましょう。

2021年8月下旬 試験日の通知

8月25日までに試験日の通知をしたハガキが発送されます。

ここで、自分が受験する試験日が10月か12月であるか確認できます。

10月試験の方は、試験会場もこのハガキで通知されます。

※ハガキが8月27日までに届かない場合は、各都道府県の協力機関に問い合わせが必要です。

2021年9月28日(火)受験票発送

宅建試験の受験票が発送されます。

※12月試験の指定を受けた方は2021年11月30日(火)に発送されます。

2021年10月17日(日)宅建試験日

宅建試験日です。

※12月試験の指定を受けた方は、2021年度12月19日(日)です。

2021年12月1日(水)合格発表

10月試験を受験した方は12月1日が合格発表日となります。

12月試験の指定を受けた方は、2022年の2月9日に合格発表となります。

宅建試験の申し込み方法

まず、宅建試験の申し込みは、

①郵送での申し込み

②インターネットでの申し込み

2つの方法があります。

この2つでは出願方法や期限が異なるので、それぞれの場合に分けて出願方法を見ていきましょう。

郵送での申し込み方法

まずは郵送での申し込みについて解説します。

①試験案内及び受験申込書を入手する

郵送申し込みの場合は、まず試験案内を入手する必要があります。

試験案内は各都道府県の宅地建物取引業協会や全国の大型書店にあります。

不動産推進機構のホームページに配布場所が記載されているので参照してください。

色のついた封筒の中に試験案内受験申込書が同封されています。

この2点が入っているか確認しましょう。

②提出書類を準備する

必要な内容を記載した受験申込書と顔写真、受験手数料を払い込んだ証明書が必要になります。

これに加えて、5問免除の登録講習を修了した方は登録講習修了者証明書の原本を、身体に障がいなどがあり配慮を希望する方は障がい等の状況と希望する内容を記載した書面及び障がい者手帳などのコピー又は医師の診断書が必要になります。

顔写真はパスポート申請用の規格と同じ縦4.5cm×横3.5cmで頭頂からあごまで3.2cm以上3.6cm以下のものが必要です。

写真の裏面に都道府県名と氏名を記入し、受験申し込み書の所定欄に張り付けてください。

受験手数料は7,000円と払込手数料が必要となっています。

指定の用紙を使い、郵便局又は銀行の窓口で7月30日の営業時間までに支払う必要があります。

支払いを行ったあと、受付証明書又はご利用明細表を申し込み書に添付して下さい。

③封筒記載の提出先に郵送で提出する

宅建は持参受付は行っていないため、郵送での提出となります。

試験案内が入っていた封筒に受験申し込み書を入れ郵便窓口から簡易書留で郵送してください。

7月1日から7月30日までが提出可能期間となっており、30日の当日消印有効です。

送付先は試験案内1ページに記載された各都道府県の協力機関(問い合わせ先)となっています。

試験案内が入った封筒で提出する場合には印刷されています。

インターネットでの申し込み方法

次にインターネットでの申し込み方法です。

①顔写真ファイルを用意する

インターネットで申し込む場合、デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影した顔写真データを送信することになります。

ファイル形式はJPEG(ファイル名.jpg)にしてください。

②機構のホームページにアクセスし、必要事項を入力

不動産適正取引推進機構のホームページで必要事項を入力してください。

期間は7月18日の21時59分までとなっています。

郵送に比べ期間が短いので注意してください。

インターネットによる申し込みは24時間利用可能です。

また、複数の試験会場がある場合、試験会場を選択することもできます。

もっとも、選択は先着順となっているため、必ずしも希望する試験会場を選択できるとは限りません。

身体に障がいがあり配慮を希望する方はインターネット申し込みの前に協力機関に相談しましょう。

③受験手数料の支払い

受験手数料は7,000円(非課税)です。

受験手数料に加えて、払込みに必要な事務手数料242円(税込)も払い込む必要があります。

支払い方法は、クレジットカード決済またはコンビニ決済(現金のみ)となります。

コンビニ決済を選択した場合、払込みは2021年7月19日の午後11時59分までとなります。

宅建試験申し込み時の注意点

以上で申し込みは完了ですが、いくつか注意が必要なことがあります。

①インターネット申し込みは郵送に比べ申し込み期間や払込期間が短い

郵送による申し込み方法が7月30日までになっているのに対し、インターネットによる申し込み方法は7月18日と短くなっています。

24時間申し込みできるというメリットがありますが、申し込み期間が半分になっており、受験地も先着順なので早めに出願するよう心掛けましょう。

②登録講習修了者のなかにはインターネットでの申し込み方法が利用できない人がいる

登録講習者のうち、「インターネット申し込みができない講習」の修了者又は登録講習修了者証明書の氏名と現在の氏名が異なる方はインターネットでの申し込みができません。

これらの方は郵送による申し込みにしましょう。

③受験地は原則として申し込み時点で住民登録をしている都道府県

受験地は申し込みの時点で住民登録をしている都道府県となります。

ただし、進学や単身赴任などで別のところに住んでいる場合には、例外的に、現に居住している都道府県で受験することができます。

まとめ

以上、宅建試験日と申し込みのスケジュール、申込み方法について解説しました。

郵送とインターネットで申し込み期間が違う点は、特に注意が必要です。

どちらの方法でも顔写真などは申し込み期間の開始前に準備し、早めに受験の申し込みを終わらせることができるようにしましょう。

そして、より確実に合格を狙うなら、講座の受講も併せて検討してみてはいかがでしょうか?

令和2年度の合格率43.3%(全国平均の2.58倍)

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20日間無料で講義を体験!