宅建士試験の学習を進めている方の中には、試験の合格発表などに関しては詳しく知らないという方も多いかもしれません。

本コラムでは宅建士試験の合格発表について、その時間や方法なども含めて解説しています。

宅建士試験の合格発表について知りたい方は、ぜひご一読ください。

関連コラム:宅建試験日&申し込みから合格発表までの日程・試験概要を解説

宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校

令和5年度の合格率64.8%(全国平均の3.77倍)

資料請求で宅建の対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・宅建業法、権利関係の講義
  ・講義時間 約3.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

宅建士(宅地建物取引士)試験の2023年(令和5年)合格発表について

合格発表はいつ?時間は何時?

原則として、宅建士試験の合格発表は例年試験日の26日(土日祝日を除く)後に行われます。

2023年(令和5年)の合格発表は、2023年11月21日(火)の午前9時30分です。

令和5年度宅地建物取引士資格試験合格者の受験番号の公告にて記載されています。

以下では合格発表に関する様々な事柄を見ていきます。

なお、試験日などの詳細については以下のコラムも参考になります。

※関連コラム:2023年(令和5年)宅建試験日&申し込みなど日程や試験時間を解説

合格発表の方法は?

宅建士試験の合格発表は、一般財団法人 不動産適正取引推進機構のホームページ上で行われます。

ホームページには合格者受験番号・合否判定基準・試験問題の正解番号が掲示されるので、忘れずにチェックするようにしましょう。

なお、パソコン・スマートフォン等から合格発表の掲示にアクセスできる期間は、合格発表日から翌年7月末までの間とされています。

また、宅建士試験に合格していた場合、一般財団法人 不動産適正取引推進機から「簡易書留郵便」で合格証書等が送られます。

その際、不在などの理由で簡易書留郵便を受け取ることができなかった場合は「ご不在連絡票」が届けられるので、お近くの郵便局に連絡して合格証書等を受け取りましょう。

もし合格しているにも関わらず「ご不在連絡票」も見当たらないという場合は、一般財団法人 不動産適正取引推進機構の試験部に問い合わせてみてください。

合格発表時に合格点はわかる?

宅建士試験は、例年合格点が公表されています。

そのため、今年の試験に関しても合格点が分かるものであると考えられます。

なお、今年の合格点や、例年の合格点の推移などについては以下のコラムを参考にして見てください。

関連コラム:【令和5年(2023年)】宅建の合格点・合格ラインはどのくらい?過去の推移を解説

不合格になった場合通知される?

一般財団法人 不動産適正取引推進機構のホームページでは、不合格者への結果の通知は行われない旨が記載されています。

ですので、宅建士試験に合格しているかどうか早めに確かめたい場合は、一般財団法人不動産適正取引推進機構のホームページ上で行われる合格発表をチェックするのが確実でしょう。

宅建士試験に合格したらすること:宅建士登録

宅建士試験に合格した後は、宅建士登録を行うことで晴れて対外的に「宅建士」と名乗れるようになります。

対外的に宅建士と名乗らない(例えば自分の知力試しで受験しただけなど)場合登録は不要ですが、対外的に宅建士と名乗る場合は宅建士の登録が必要になるため、必ず手続きを行なっておきましょう。

宅建士の登録は、2年以上の実務経験があれば書類を揃えて申請することで登録可能です。ただし、実務経験がない場合は、実務講習の受講が必要となります。

このような宅建士登録に関する詳細については、以下のコラムを参考にしてください。

※関連コラム:宅建試験合格後の登録の流れや必要書類・費用について解説

宅建士試験に不合格になったら

宅建士試験を受験したものの不合格であった場合、まずは自己採点を行なって、何点足りなかったのか、間違えた問題に関しては純粋に知識不足だったのかケアレスミスだったのか等々の点について確認しておきましょう。

もし自己採点した結果、惜しい点数だった場合は次回頑張れば合格する可能性があるかもしれません。しかし、全く点数が届いていないと感じるようであれば、予備校を活用するのも一つの手です。

中でも、アガルートには多数のメリットが存在しています。アガルートの宅建試験講座は令和5年度の合格率が64.8%と、全国平均の3.77倍という高い実績を残しています。

初学者向けのカリキュラムも用意されており、実務経験がない方でも宅建士試験の合格を目指すことが十分可能です。

また、オンラインで学習できる点も大きなポイント。通勤や家事の合間のスキマ時間を活用して、効率よく学習を進められます。

宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校

令和5年度の合格率64.8%(全国平均の3.77倍)

資料請求で宅建の対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・宅建業法、権利関係の講義
  ・講義時間 約3.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

アガルートの講座で合格した人には合格特典があります!(1万円など)

行政書士試験合格特典

アガルートの講座を受講して宅建士試験に合格した方は、合格特典が受けられます。

合格特典の内容は講座料金の全額返金か、アマゾンギフト券(R)のコード1万円分です。

条件を満たしている場合、このどちらかを合格特典として受け取ることができます。

合格特典の対象となる講座は【2023合格目標】入門総合カリキュラム(テキストあり)と【2023合格目標】演習総合カリキュラム(テキストあり)になっています。

アマゾンギフト券(R)のコード1万円分を受け取るためには、合否通知書データと合格体験記の提出が必要です。

また、全額返金を希望される場合は、合格者インタビューへのご出演についても条件とさせていただいております。

宅建士試験の合格を目指している方は、ぜひ合格特典についても狙ってみてください。

関連コラム:宅建試験日&申し込みから合格発表までの日程・試験概要を解説

宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校

令和5年度の合格率64.8%(全国平均の3.77倍)

資料請求で宅建の対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・宅建業法、権利関係の講義
  ・講義時間 約3.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!