難易度・合格率

宅建の合格点はどのくらい?過去の推移を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

宅地建物取引士、通称「宅建士」という資格、一度は耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

今回のコラムでは、宅建試験の合格点や合格率などについて解説していきます。

宅建試験の合格を目指す方や、興味がある方はぜひご覧ください。

令和2年度の合格率43.3%(全国平均の2.58倍)

最短合格を目指す最小限に絞った講座体系

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

宅建の合格点について

宅建試験はマークシート形式の試験であり、50点満点の試験です。

1問1点のため、50問出題されます。

そして合格点は一律に固定されているわけではなく、毎年変動します。

宅建試験の合格点の推移

それでは、具体的に合格点はどの程度変動しているのでしょうか。

過去の合格点の推移を見ていきましょう。

年度 合格点
令和2年度(12月実施分) 36点
令和2年度(10月実施分) 38点
令和元年度 35点
平成30年度 37点
平成29年度 35点
平成28年度 35点
平成27年度 31点
平成26年度 32点
平成25年度 33点
平成24年度 33点
平成23年度 36点
平成22年度 36点

引用元:https://www.retio.or.jp/exam/pdf/zissigaikyo.pdf

最高点と最低点の差は大きいですが、近年は概ね35~38点程度の傾向にあります。

そのため、まず目標として35~38点を安定して得点できるように勉強するのが大切であるといえます。

合格率

それでは合格率は概ねどのくらいで推移しているのでしょうか。

過去の合格率を表にまとめましたので見ていきましょう。

年度 受験者数 合格者数 合格率
令和2年度(12月実施分) 35,258名 4,609名 13.1%
令和2年度(10月実施分) 168,989人 29,728人 17.6%
令和元年度 220,797人 37,481人 17.0%
平成30年度 213,993人 33,360人 15.6%
平成29年度 209,354人 32,644人 15.6%
平成28年度 198,463人 30,589人 15.4%
平成27年度 194,926人 30,028人 15.4%
平成26年度 192,029人 33,670人 17.5%
平成25年度 186,304人 28,470人 15.3%
平成24年度 191,169人 32,000人 16.7%
平成23年度 188,572人 30,391人 16.1%
平成22年度 186,542人 28,311人 15.2%

参照:https://www.retio.or.jp/exam/pdf/zissigaikyo.pdf

この数値は決して高いものとは言えないため、しっかりと対策を行うことが必須条件となります。

もっとも、宅建試験には受験資格がないからこそ受験者数が非常に多いのが特徴です。

したがって、受験者数が多いからこそ合格者の割合が少なくなっているともいえますので、余り合格率を見て躊躇する必要はありません。

計画的な学習が合格へと繋がります。

関連コラム:宅建試験の合格率は?過去の推移と合格率を高めるポイントを解説!

まとめ

合格率、合格点から、宅建試験合格は容易ではないということがいえます。

関連コラム:宅建は独学だと無理?独学でも合格できる人とできない人の違い

もっとも、各試験科目の特徴を押さえつつ、効率的に、計画的に学習を進めていけば決して合格不可能な試験ではありません。

ぜひアガルートの講座等を活用して合格を確実なものにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20日間無料で講義を体験!