宅建試験の合格ラインは毎年異なります。受験生にとって、今年は何点で合格となるのか、非常に気になるポイントですよね。

本コラムでは令和5年(2023年)度宅建試験の合格ライン予想や、予想の精度について解説しています。今回の合格ラインが気になるという方は、ぜひ参考にしてください。

宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校

令和5年度の合格率64.8%(全国平均の3.77倍)

資料請求で宅建の対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・宅建業法、権利関係の講義
  ・講義時間 約3.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

宅建試験の合格ライン予想について!実際に当たるの?

宅建試験の出題は、例年50問で1問1点となっています。(例外として、5問免除を受ける場合5点が確定で、残りは45問となります。)

その中で50問の何点が合格ラインとなるかについて、各予備校の講師やX(旧Twitter)のアカウント、ブロガーが予想を繰り広げています。

この合格ライン予想に関して、まずは令和5年度(2023年度)のものについて見ていきましょう。

次に、合格ライン予想は当たるのか?という疑問について、資格試験予備校アガルートアカデミーでは、原則として毎年YouTubeに現役講師による合格ライン予想動画をUpしているので、その情報を元にチェックしていきます。

令和5年(2023年)度の宅建試験合格ライン予想

令和5年(2023年)度の宅建試験は、2023年10月15日(日)に行われました。

以下の動画では、毎年合格ラインを予想している林 裕太講師工藤美香講師に加え、小林美也子講師を含めたアガルートアカデミーの3講師が令和5年宅建試験の合格ラインを予想しています。

是非参考にしてみてください。

過去の合格点・合格ラインと講師予想

はじめに、令和元年から令和5年にかけて毎年アガルートの予想動画に出演されているのは林 裕太講師工藤美香講師です。

この章では、お二人の令和元年〜令和5年度の合格ライン予想と、実際の合格点の乖離について確認していきます。

実際の合格点/50林講師工藤講師差分予想ソース
令和5年363737~38+1~+2こちら
令和4年363434-2こちら
令和3年12月343635~37+1~+3こちら
令和3年10月343534~350~+1こちら
令和2年12月363837+1~+2こちら
令和2年10月383536-3~-2こちら
令和元年353534~35-1~0こちら

以上から分かる通り、アガルートの両講師による合格ライン予想は、乖離が大きい年でもプラスマイナス3点以内に収まっています。

必ずしも完璧に的中させているわけではありませんが、毎年非常に高い精度で合格ラインを予想しているといえるのではないでしょうか。

今年不合格だった人は予備校の利用もあり!

この合格ラインに関するコラムの読者の中には、宅建の受験直後という方も多いのではないでしょうか。

もし試験に合格したのであれば、ただただおめでとうございますという言葉に尽きます。

一方で、もし今年、独学で臨んで不合格だったという場合、次からは予備校を活用して合格を目指すという方法も十分アリです。

予備校では、実力のある講師がポイントを絞って試験の内容を分かりやすく教えてくれます。

中でもアガルートでは、今回見てきた通り非常に高い精度で合格ラインを予想できる実力派の講師陣が揃っており、その授業はみなさんの合格に非常に大いに役立つでしょう。

なお、アガルートでは無料の資料請求や受講相談も可能です。興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校

令和5年度の合格率64.8%(全国平均の3.77倍)

資料請求で宅建の対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・宅建業法、権利関係の講義
  ・講義時間 約3.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!