近年、科学技術の高度化、社会経済のグローバル化が進んだことで、高度専門職業人養成の必要性が高まった結果、大学院教育が重要視されるようになってきました。

大学院教育を受けた高度教育人材が企業経営のために必要となってきています。

そのため、大学院で提供されている学位プログラムのなかでも経営専門職大学院プログラム(MBAプログラム)が近年注目されています。

この記事ではMBAを取得できる関西圏の大学院について、各大学院の専門職学位課程の概要とMBAプログラムの特色をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、関西圏でMBA取得を考えている人が、どの大学院の専門職大学院が自分に合っているのかご紹介します。

早稲田・一橋など難関MBA含む2022年度の合格者80名!

資料請求でMBA対策の基礎が学べる講義とテキストを無料でプレゼント!  
  ・経営学の基礎講座 約270分  
  ・基礎講座のテキスト

1分で簡単!今すぐ見れます(会員登録→お申込み→講座視聴)

1分で簡単!
今すぐ学べる

関西の人気MBA

ここからは、関西圏から通えてMBAプログラムを提供している大学院の概要を、公立と私立に分けて説明していきます。

各大学院において特色あるMBAプログラムが提供されています。

MBAプログラムは、通常の大学院課程とは異なり、MBAプログラムの学習内容がどれだけ実務に活用できるかが重要です。

こうした観点から、各大学院におけるMBAプログラムの概要をみていきましょう。

関連コラム:【エリア別】国内MBA一覧表 ビジネススクールの科目&所在地

神戸大学

MBA神戸大学MBA
公式URLhttps://mba.kobe-u.ac.jp/
全日・夜間平日は夜間、土日祝日は昼間開講
入試科目・試験対策筆記試験と書類審査により選考
詳細は:神戸大学MBA【入試対策】
キャンパスの所在地〒657-8501 神戸市灘区六甲台町2-1
学費(1)入 学 料 282,000円(2)授 業 料 前期分 267,900円(年額 535,800円)
修了期間4月〜翌年9月(1年半)

神戸大学MBAプログラムの特色

神戸大学MBAプログラムは「プロジェクト方式」というユニークな教育方法を採用しています。

プロジェクト方式の教授法では、受講生が仕事のなかで直面している問題を持ち寄り、既存の優れた研究成果も活用しながら共同して問題を深く分析し、解決策を見出していきます。

具体的には、それぞれ5~6名の社会人学生からなるプロジェクトチームを編成し、学生相互間および教授陣・学生間でお互いに知恵を出し合いながら、共同研究により解決策を探っていきます。

神戸大学MBAの独自のプログラムは、「プロジェクト方式」(PRM: Project Research Method)、「働きながら学ぶ」(BJL: By the Job Learning)、「研究に基礎をおく教育」(RBE: Research-Based Education)という3つのコンセプトのもとに成り立っていて、1プロジェクトチームごとに、指導教授陣を中心とするきめの細かい教育研究体制を作りあげているので、高く評価されているプログラムです。

神戸大学MBAプログラムの受講生は社会人です。

実務を経験している社会人学生にとって、自分たちの経験を交換し合いながら、プロジェクト研究や現代経営学演習の担当教授のサポートのもと、納得のいく解決案を探求するのが神戸大学MBAプログラム最大の特徴となっています。

自らの努力と知恵で問題を解決するという経験をすることによって、経営の問題を解決するための発想法や問題解決の方法、判断の能力を身につけることができるのです。

京都大学

MBAの名前京都大学大学院経営管理教育部経営管理専攻
公式URLhttps://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/
全日・夜間全日(月曜~土曜 8:45~18:00 (昼間開講))
特徴経営学の理論的思考を身につけ、企業、官公庁、NPOなどの実課題の解決を目指す。理論と実務をつなぐ実践的な教育 / 段階的履修を可能にするカリキュラム体系が特徴です。
入試科目・試験対策書類選考と面接
詳細は京都大学ビジネススクール【入試対策】
キャンパスの所在地〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町京都大学大学院 経営管理教育部 経営管理大学院掛(吉田キャンパス内総合研究2号館内)
学費授業料年額: 535,800円 授業料半期額: 267,900円入学料: 282,000円
修了期間2年 (入学前に科目等履修生等により一定の単位を修得している場合は、1年間での終了も可)※1年半コースにおいては1年6ヶ月

京都大学MBAプログラムの特色

京都大学MBAプログラムは、基幹4プログラム群、国際プログラム群、観光経営科学コース、京都大学・コーネル大学国際連携コースという多様なコースが用意されていることが特徴です。

京都大学MBAに入学を希望する場合、自身のバックグラウンドや習得したい知識内容に合わせてコースを選択できるようになっています。

京都大学MBAプログラムを希望する多くの学生は、基幹4プログラム郡に入学します。

基幹プログラム郡は、4つの教育プログラムによって構成されています。

学生は、入学の際に4つのプログラムの中から1つのプログラムを選択し、それぞれの履修モデルに従い、授業を選択していくことになります。

主に1年生前期に基礎科目、1年生後期から2年生前期に専門科目、そして2年生前期からは実務科目と発展科目という体系的な履修を実現する科目が構成されているので、修了期間まで着実に力を付けられるプログラムです。

京都大学MBAでは、他の専門職大学院とは異なり、修了のために修士論文の提出は課されていません。

学生一人一人にスーパーバイザーを設置して、履修指導をはじめ、学修全般に関するサポートを行うきめ細やかな教育体制が特徴となっています。

兵庫県立大学

MBA兵庫県立大学経営研究科経営専門職専攻(専門職学位課程)
公式URLhttps://www.u-hyogo.ac.jp/mba/
全日・夜間平日は夜間、土日祝日は昼間開講
特徴理論に裏打ちされた実践能力という高度な専門的知識を有した経営のプロフェッショナルを養成する学習プログラム。産学公が連携した「ビジネスづくり」教育を志向し、経営の「理論」と「実践」の融合化が特徴のプログラム。
入試科目・試験対策推薦入試(口述試験)、一般入試(小論文+面接)
詳細は兵庫県立大学ビジネススクール【入試対策】
キャンパスの所在地​​〒651-2197 兵庫県神戸市西区学園西町8丁目2-1
学費授業料: 535,800円 入学金: 282,000円(県内)、423,000円(県外)
修了期間1.5年ないし2年

兵庫県立大学MBAプログラムの特色

兵庫県立大学MBAプログラムは、教室での理論研究にとどまらず、経営活動の現場で、さまざまな機関の実務家と共同で問題解決にあたる授業を設け、「机上の理論」を「活かせる理論」に進化させる教育を目指しています。

MBAプログラムを構成する授業科目は、「基礎科目」、「発展科目」「応用実践科目」に分けられ、基礎科目、発展科目、応用実践科目の順に履修していきます。

段階的に着実に力をつけられるのが特徴です。

ビジネスイノベーションコース、地域イノベーションコース、医療マネジメントコースに分かれており、入学時に自分の興味関心に合わせてコースを選択することが可能です。

特に、医療マネジメントコースは、日本の経営専門職大学院では初めて設置されたコースで、特色ある講義が展開されています。

経営戦略・マーケティング・ものづくり・人的資源管理などの企業のみならず、公的セクターである医療機関等の経営課題に取り組んでいるのが特徴です。

また、フィールド(経営の現場)での調査・分析・診断・助言・戦略策定など「体験を通じた学習」を展開していることが、兵庫県立大学MBAプログラムの魅力です。

関西学院大学

MBA関西学院大学経営戦略研究科
公式URLhttps://iba.kwansei.ac.jp/
全日・夜間平日は夜間、土日祝日は昼間開講
特徴企業経営戦略コースは、現在企業で働いている職業人を対象に、主に夜間と週末でのコースワークと「課題研究」等の演習によって、グローバル化した日本のビジネス環境に合致した高度職業人の育成を目指す。
入試科目・試験対策筆記試験・面接
詳細は関西学院大学ビジネススクール【入試対策】
キャンパスの所在地西宮上ケ原キャンパス
〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155
大阪梅田キャンパス
〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階
学費(初年度)合計: 697,500
(入学金 200,000、授業料 385,000、教育充実費 112,500)
修了期間標準修業年限(2年)

関西学院大学のMBAプログラムの特色

関西学院大学MBAプログラムには、社会人を対象に多様なプログラムを提供する「企業経営戦略コース」と、大学新卒者・外国人留学生を対象にすべての授業を英語で行う「国際経営コース」があります。

企業経営戦略コースは、現在企業で働いている人を対象にしたプログラムです。

企業経営戦略コース では夜間と週末でのコースワークと「課題研究」等、グローバル化した日本のビジネス環境に合致した高度職業人の育成を目指したプログラムが提供されています。

国際経営コースは、活躍するフィールドを日本以外にも求めるビジネスパーソンを対象としたプログラムです。

ビジネスの知識に加えて外国語、特に英語でビジネスを遂行する能力を高めることを目指したプログラムが提供されています。

「企業経営戦略コース」は交通に便利な「大阪梅田キャンパス」ですべての講義を行っています。

ビジネススクールの「国際経営コース」、およびアカウンティングスクールは、様々なニーズを持つ学生に対応するために「大阪梅田キャンパス」と大学図書館に代表される優れた学習環境を持つ「西宮上ケ原キャンパス」の両キャンパスで講義を開講しています。

特に、大阪梅田キャンパスは、社会人でも通いやすく、便利な立地なのが魅力です。

同志社大学

MBAの名前同志社大学大学院ビジネス研究科
公式URLhttps://bs.doshisha.ac.jp/outline/mba.html
全日・夜間平日は夜間、土日祝日は昼間開講
特徴知識、技術を理論的に理解することと、それらを実践的に理解することを組み合わせたプログラム。多くの企業、産業界等との連携の中で、個別具体的な事例研究や、いわゆるケーススタディによる事例研究をツールとし、高い研究実績を持った教員と豊富な実務経験を有する教員が協力して教育に当たる。
入試科目・試験対策第1次選考(書類選考)/第2次選考(口述試験)
詳細は同志社大学ビジネススクール【入試対策】
キャンパスの所在地今出川キャンパス 寒梅館(2階・3階)
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入
大阪サテライトキャンパス
〒530-0001 大阪市北区梅田1-12-17 JRE梅田スクエアビル17階
学費2年間総計: 2,894,000
修了期間2年を標準としますが、3年修了も可能。

同志社大学のMBAプログラムの特色

同志社大学のMBAプログラムは、知識、技術を理論的に理解することと、それらを実践的に理解することを組み合わせたプログラムとなっています。

高い研究実績を持った教員と豊富な実務経験を有する教員が協力して教育に当たっているのも魅力です。

教育効果を最大化する最新の施設、設備が整っており、快適な学習環境が整備されています。

授業は、1回に1コマ90分を2コマ連続で開講します。社会人でも履修しやすいように、1つの科目は、7週間、全13コマの授業で完結し、2単位が取得できるようになっています。

平日夜間と土曜日に受講することで無理なく2年間でMBAが取得可能です。

また、京都の今出川キャンパスの他、大阪サテライトキャンパスもあり、大阪では平日の夜間に今出川と同じ授業を受講することができます。

立命館大学

MBAの名前立命館大学大学院 経営管理研究科経営管理専攻
公式URLhttp://www.ritsumei.ac.jp/mba/
全日・夜間平日は夜間、土日祝日は昼間開講
特徴実践的スキルや知識の修得に関する科目が多い。また、即戦力としての総合的な能力を修得するため、実際に存在する企業や事例を用いた教授法を採用している。
入試科目・試験対策書類選考、筆記試験(論述試験)、面接試験。
詳細はこちら 立命館大学ビジネススクール(RBS)【入試対策】
キャンパスの所在地大阪いばらきキャンパス
〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150
大阪梅田キャンパス
〒530-0018  大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル5階
学費2年間総計: 2,729,600
修了期間2年間

立命館大学のMBAプログラムの特色

立命館大学MBAプログラムは、基礎的な科目が複数クラス(平日夜間、土・日曜日)開講されているので、働きながらでも通いやすい環境が魅力です。

また、クォーター制が採用されているので、1年間が4つのクォーターに分かれています。

1科目の受講期間は約2ヶ月となり、履修した科目を集中して学べるほか、繁忙状況に応じた柔軟な履修が可能であるのも魅力です。

先端的な事象や特に高度な内容を扱う「特殊講義」も含めて開講されているので、座学だけではなく、より実践的な学習内容を取り扱っています。

大阪いばらき・大阪梅田キャンパスの2つのキャンパスで展開しているので、自分が通いやすいキャンパスで授業を履修可能です。

科目同士が全体として体系化されているので、ブツ切りの知識やスキルではなく、知識を秩序立てて修得でき、まとまった時間を学習にあてることによって短期間で論理的な思考力を養えます。

受験校選びに困ったらアガルートの受講相談へ

ここで紹介した内容をもとに、あなたの目的に合った国内MBAを選んでみてくださいね。

MBAの学位をとることを決意して、国内MBA志望校選びや受験対策で悩んでいる際にはアガルートの受講相談をご利用下さい。

早稲田・一橋など難関MBA含む2022年度の合格者80名!

資料請求でMBA対策の基礎が学べる講義とテキストを無料でプレゼント!  
  ・経営学の基礎講座 約270分  
  ・基礎講座のテキスト

1分で簡単!今すぐ見れます(会員登録→お申込み→講座視聴)

1分で簡単!
今すぐ学べる