宅建士試験は、解いた問題の数で合否が決まるともいわれています。

合格のため、スキマ時間での学習を進めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、宅建士のおすすめアプリを4つご紹介します。

宅建士試験の学習ができるアプリをお探しの方は、ぜひご活用ください。

宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校

令和5年度の合格率64.8%(全国平均の3.77倍)

資料請求で宅建の対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・宅建業法、権利関係の講義
  ・講義時間 約3.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

宅建士のおすすめアプリおすすめ4選

今回ご紹介するアプリは以下の4つです。

  • 宅建 聴くだけアプリ
  • 宅建用語集
  • 全問解説付 宅建士 一問一答問題集
  • 宅建 過去問集 2023年版「スタケン問題編」

以下でそれぞれについて詳しくみていきます。

宅建 聴くだけアプリ

宅建 聴くだけアプリは、宅建の各科目を15分程度のテキストにまとめたアプリです。

スピーチ機能を使用することで、宅建士試験の問題を読み上げてくれる仕組みになっています。

毎日聞くだけで宅建の学習を進められるので、スキマ時間の活用にはもってこいですね。

App Store(iOS)宅建 聴くだけアプリ
Google Play(Android)なし

宅建用語集

宅建用語集は、宅建試験に出題される専門用語を収録した用語集アプリです。

収録されている語数は全部で616語。用語を確認した後に、過去問でその用語がどのように出題されるかも確認できます。

さらに、各用語ごとに自分でメモ欄に情報を書き足すことも可能です。検索機能も充実しており、誤った読みでも検索できるようになっています。

図を使った解説も付いているので、初学者の方にもわかりやすいのではないでしょうか。

App Store(iOS)宅建用語集
Google Play(Android)宅建用語集

全問解説付 宅建士 一問一答問題集

全問解説付 宅建士 一問一答問題集は、宅建士アプリの決定版ともいえるアプリです。

このアプリに収録されている問題には、全てに詳細で分かりやすい解説が付けられています。

さらに、完全版へアップグレードすると、問題数が約250問に増加し、ランダム出題機能も使用できるようになります。

アップグレード前に約30問のお試しが可能なので、このアプリが気に入った方は完全版へアップグレードすることをおすすめします。

App Store(iOS)全問解説付 宅建士 一問一答問題集
Google Play(Android)なし

宅建 過去問集 2023年版「スタケン問題編」

宅建 過去問集 2023年版「スタケン問題編」は、不動産のコンサルティング会社が受験者目線で開発したアプリです。

※なお、現時点で最新版は2023年版です。

このアプリでは、10年分(約2400問)の過去問を解くことができます。

宅建士試験は解いた問題の数で合否が決まると言われるほど、過去問への挑戦が欠かせません。

その上、ただ問題を解くだけでなく、学習のモチベーションを維持する仕掛けがたくさんあります。

アプリならスキマ時間を活用して過去問の対策を行うことも可能です。受験者目線で開発されたアプリの使い勝手をぜひ一度体感してみてください。

App Store(iOS)宅建 過去問集 2023年版「スタケン問題編」
Google Play(Android)宅建 過去問集 2023年版「スタケン問題編」

そもそも論として、宅建試験は独学で合格できる?

この記事では宅建の勉強に役立つアプリを紹介してきました。

おそらく多くの方は独学での合格前提で、「何か良い宅建の勉強アプリはないか?」と思ってこのコラムを見ているでしょう。

しかし、そもそも論として「宅建試験は独学で合格できるのか?」という問題があります。

資格試験予備校アガルートアカデミーが独自に実施した簡易なアンケートによると、宅建試験に独学で受験した人の合格率は約10%と、例年の全国平均合格率15%前後を下回る結果となっています。

もちろん、0ではない=独学での合格も不可能ではない、ということにはなります。しかし、ただ漫然と勉強をしていては難しいでしょう。

そのため、独学で合格するにはしっかりとした戦略が必要になってきます。

なお、以下のコラムではアガルートアカデミーの宅建講座を担当する林講師が宅建に独学で合格するための勉強法やそのための勉強時間などについて詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

アプリ以外にもスマホやネットでのスキマ学習は可能です!【オンライン予備校】

今回はスマホアプリについて紹介していきました。

多くの人の間でスマホを使って通勤通学などのスキマ時間で勉強したいというニーズがあり、このようなアプリが調べられているのだろうと思います。

なお、予備校の中でも通信予備校・オンライン予備校であれば、スマホアプリと同様にスキマ時間での学習が可能です。また、講師や専門スタッフによる各種サポートも受けられます。

そのため、スキマ時間での学習を行いたい場合は、オンライン予備校も検討の余地があるのではないでしょうか。

アガルートの宅地建物取引士試験(宅建試験)講座は、令和5年度の合格率が64.8%となっています。これは全国平均の3.77倍という数値です。年々人気も集めており、受講者数はこの3年で6.18倍となりました。

そんなアガルートの宅建試験講座ですが、無料体験も行なっています。

条件は無料の資料請求を行うだけ。お申し込み1分で、すぐに講座が見られます。受講を検討している方は、一度ぜひ以下のバナーからチェックしてみてはいかがでしょうか。

宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校

令和5年度の合格率64.8%(全国平均の3.77倍)

資料請求で宅建の対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・宅建業法、権利関係の講義
  ・講義時間 約3.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!