勉強法

宅建試験の独学におすすめのテキスト4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これから宅建を独学で勉強しようと思った時、最初に悩むテキスト選び。

あなたも、「どんなテキストを選べばいいか知りたい」と思っているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、宅建の独学におすすめのテキストや選び方のポイントを紹介していきます。

ぜひこの記事を参考にして、自分に最適なテキストを選びましょう。

令和2年度の合格率43.3%(全国平均の2.58倍)

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

宅建試験の独学におけるテキストの重要性

宅建を独学で合格するには、テキストは必要不可欠な存在です。

なぜなら、宅建の学習方法としては、テキストと過去問を交互に繰り返すことが基本であるためです。

テキストで学習した内容は、問題集を実践することで理解の定着度がわかります。

それと同時に、問題を解いても理解できなかったポイントは、再びテキストを読むことで理解が深まります。

この工程を繰り返すことで、解ける問題が増えていくのです。

つまり、宅建合格への近道は、インプット(テキスト)とアウトプット(問題集)を繰り返すこと。

そのためにも、宅建の独学において、テキストは無くてはならない存在です。

宅建試験の独学におけるテキストの選び方

宅建テキストを選ぶ上でのポイントは、「自分が理解できる言葉で書いてあるか」が重要です。

その他にもいくつかポイントがあるので、それぞれ見ていきましょう。

1.理解できる言葉で解説しているか

テキストを選ぶ際は、「自分でも理解できる言葉を使っているか」がポイントです。

なぜなら、初学者にとって、宅建を学習する上での大きなハードルは、言葉の理解です。

必要以上に難解な言葉を使っていたり、マニアックな内容のテキストでは、途中で諦めてしまう可能性もあります。

大事なのは、継続すること。そのためにも、まずは自分が理解できる言葉を使ったテキストを選びましょう。

2.問題集とリンクしているか

テキストを選ぶ際は、問題集とリンクしているかも大切なポイントです。これは、主に学習効率が良くなるという点でおすすめです。

テキストが問題集とリンクしている場合、大体は問題集の隅に「解説はテキストのP〇〇」などのように記載されているため、すぐさま間違った箇所をテキストで確認できます。

問題集とリンクしていないテキストだと、間違った問題に当てはまる内容を探すのも手一杯。

そのため、テキスト選びは問題集とセットになっているものを選びましょう。

3.その年の宅建試験に対応した最新のもの

当たり前と思うかもしれませんが、テキストはその年の試験に対応した最新のものを選びましょう。

なぜなら宅建試験に出る分野では、「法改正」が行われることがあり、そのまま改正した内容が試験に出たりします。

過去試験対応のテキストだと、この法改正に対応できず、間違った解釈のまま理解してしまう恐れがあります。

稀に、安いからといってメルカリなどで過去のテキストを買う人がいますが、必ず最新のテキストを買うようにしましょう。

宅建試験の独学におすすめのテキスト

ここでは、宅建の独学合格者がおすすめしたい、4つのテキストを紹介していきます。

今回テキストを選んだ基準は、「理解しやすい言葉か」「見やすいか」「リンクしている問題集があるか」の3つを中心に厳選しました。

1つ1つ見ていきましょう。

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)]

Amazonの売れ筋ランキングで、1位を獲得し続ける『宅建士の教科書』。

わかりやすい言葉で解説してあり、図解も多く見やすいため、初めて宅建を学習する方にはうってつけのテキストです。

以下の記事で紹介しているおすすめの問題集ともリンクしており、セットで使うと学習効率が高まります。

関連コラム:独学経験者が紹介!宅建試験の独学におすすめの問題集・過去問題集

また、各項目には例題があり、学習した内容と関連した問題がすぐ解けるため、知識の定着に役立つでしょう。

おすすめなポイント

  • 言葉への注釈が丁寧に書かれているため、テキストを読む負担が少ない
  • テキスト内の「ひとことメモ」が、わかりやすく理解が進む

微妙な点

  • 手書風のフォントが見づらいと感じる人もいる
  • 問題に対して解説がややシンプル

合わせて読むと効果的なテキスト

同じ著者が出している『みんなが欲しかった! 宅建士 合格へのはじめの一歩』では、宅建試験の概要や、学習内容の基本的なことを学べます。

余裕があれば、テキストに入る前に読んでおくといいでしょう。

わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 

わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト

宅建試験を徹底的に分析し、作られたテキスト。

合格に必要な知識を、必要な限度でマスターできる良本です。

図解はやや少ないですが、分かりやすい言葉で書かれています。

要所に表が用いられているため、要点をまとめながらの学習が期待できます。

以下の記事で紹介した『わかって合格(うか)る宅建士 分野別過去問題集』と合わせて使う事で、テキストではわからなかった内容も、実践を通して理解することができます。

関連コラム:独学経験者が紹介!宅建試験の独学におすすめの問題集・過去問題集

おすすめなポイント

  • 合格に必要な知識が絞られているため無駄が少ない
  • 根拠と理由がしっかり書かれている

微妙な点

  • 「図解がたくさんある方が好き」という人には向かない
  • 基本的な知識が多く、難問には対応できない

宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト【無料講義動画付/インデックス&ふせん付】

宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト

文章と図解のバランスが絶妙で見やすく、わかりやすい言葉で解説されています。

付録でついてくる、オリジナルのインデックスシールや付箋が特徴です。

おすすめなポイント

  • 宅建テキストでは数少ないKindle版があり、学習環境を選ばない
  • 読みづらい言葉に読み仮名があり、難しい言葉をわかりやすく解説

微妙な点

  • 赤シートに非対応

らくらく宅建塾

らくらく宅建塾

「宅建独学者のバイブル」とも呼ばれるほどの合格実績を持つテキスト。

他のテキストにはない講義形式の文章は、読む人の負担を減らし次々と読み進めることができます。図解やイラストも多く、見やすさも文句ありません。

ラインナップが非常に多彩で、テキストや問題集、マンガなど全て含めると9つあり、学習をサポートする体制が整っています。

おすすめなポイント

  • 法律と初めて触れる方でも理解しやすい
  • 語呂合わせが豊富で、暗記ポイントに強い

微妙な点

  • ゴロ合わせの中には無理矢理なものも多く、混乱する時がある
  • 内容がややあっさりとしていて、物足りなさを感じる

テキスト選びの注意点

宅建のテキストを選ぶ際は、内容が詰め込まれすぎているものは避けた方がいいでしょう。

そういったテキストの中には、ほとんど試験では出題されないような知識が盛り込まれている場合が多いのです。

難しい内容のテキストは、初学者にとっては難解な論文を読むようなもの。

結局途中で折れてしまったということにならないよう、要点が整理され、理解できる言葉で解説してあるテキストを選びましょう。

まとめ

宅建試験に独学で合格するためには、テキストは必要不可欠です。

これが無いことには、何も始まりません。

自分に合うかどうかを把握するには、一度書店で手に取って見てみることをおすすめします。

テキストを選ぶ際のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 「理解できる言葉で解説している」
  • 「問題集とリンクしている」
  • 「最新のテキスト」

ぜひ今回紹介したテキストや選び方のポイントを参考にして、宅建試験合格への第一歩として頂ければと思います。

また、「今年どうしても受かりたい」という方は、講座受講も合わせてご検討ください。

関連コラム:宅建は独学だと無理?独学でも合格できる人とできない人の違い

令和2年度の合格率43.3%(全国平均の2.58倍)

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20日間無料で講義を体験!