宅建士とは

宅建資格でできる副業の内容と得られる報酬を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

宅建資格を活かしてできる副業には、どのようなものがあるのでしょうか?

また、どのくらいの収入が期待できるのでしょうか?

このコラムでは以下の点についての疑問を解説します。

・宅建資格を活かしてできる副業と収入の目安

・宅建資格を活かしてできる副業の探し方

・副業をする際の注意点

令和2年度の合格率43.3%(全国平均の2.58倍)

最短合格を目指す最小限に絞った講座体系

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

宅建の資格取得により副業することはできる?

結論から言うと、宅建資格を活かして副業することはできます。

宅建資格を使った副業をできる人は当然宅建資格を持っている人なので、ある程度需要があります。

そのため、宅建資格を使って副業をすることで、一定の収入が期待できます。

宅建資格を使って副業をすれば、収入が増える分貯金に回せたり、たまには贅沢をしたり、旅行に行くことだって可能です。

宅建資格を本業に活かすつもりがない方でも、副業に活かすという選択肢を知っておくことで、宅建資格取得へのモチベーションがアップするでしょう。

宅建の資格で行える副業と収入の目安

独占業務の代行

宅建資格を使った副業としてまず挙げられるのが、独占業務の代行です。

宅建士には「重要事項説明(法35条)」や「重要事項への記名・押印」「契約内容記載書(法37条)への記名・押印」という独占業務があり、これらは宅建資格を持っていないとおこなえません。

不動産業者には5人に1人は専任の宅建士を配置する義務がありますが、このラインギリギリしか宅建士を用意していない不動産業者では、宅建士が足りていないケースがあります。

特に土日や、1~3月などの繁忙期は、宅建士が不足することが多いです。

このような場合、不動産業者はアルバイトやパートとして宅建士を雇います。

このような働き方をする場合の時給の相場は、900~1,500円程度です。

予備校講師・家庭教師

宅建資格は、毎年約20万人が受験する人気資格です。

また、独学での合格は容易ではありません。

そのため、宅建試験講座に対する需要は大きいです。

そこで、本業が終わった後の夜間講座や、本業の休日に資格試験講師として働くという選択肢もあります。

家庭教師として宅建試験の指導をすることも可能です。

副業として行う場合の時給相場は、資格試験講師が3,500円以上、家庭教師が2,500円程度と、高額です。

また、近年はリモートでの指導が盛んになっているため、働きやすさも向上しています。

Webライター

Webライターは宅建資格を持っていなくてもなれますが、だからこそ宅建資格を持っていることで他のライターとの差別化ができ、高収入を得やすくなります。

特に不動産、金融、住宅などのジャンルで、宅建資格保有者は重宝されます。

Webライターは、最初は稼げないことが多く、時給が500円程度になることも珍しくありません。

しかし、実績やスキルが身につくごとに時給がアップし、時給3,000~5,000円程度稼ぐことも可能です。 

副業で宅建の仕事を得る方法

宅建資格を活かしてできる副業を見つける方法は、さまざまです。

ネットの求人で探すこともできますし、求人誌で見つけることもできますし、クラウドソーシングで応募することも出来ます。

また、伝手があれば知人の紹介によって仕事を得ることも可能です。

このように、宅建資格を活かした副業を見つける方法は多く存在するため、見つけやすいです。

副業する際の注意点

宅建士として登録が必要になる

宅建資格を活かして副業をするためには、基本的に宅建士としての登録が必要です。

ただし、副業をするだけなら、宅建の免許の取得が必要にならないケースもあります。

例えば、WEBライターとして仕事を行う場合などは、宅建試験に合格しているという実績があれば仕事を受けられるケースもあります。

収入が20万円以上になった場合確定申告をする必要がある

会社員の方は基本的に税金は源泉徴収されるため、確定申告をする必要はありません。

しかし、副収入が20万円以上になると、自分で確定申告をする必要があります。

確定申告は面倒なので、その点がデメリットです。

本業に支障が出る可能性がある

副業に力を入れすぎると、本業に支障が出る可能性があります。

例えば、疲れすぎて本業の時間まともに働けなかったり、副業が楽しすぎて本業に対するモチベーションが低下したりするおそれがあります。

こうなっては本末転倒ですから、本業と副業のバランスを考え、本業に支障が出ないよう気をつけましょう。

まとめ

以上をまとめると、

・宅建資格を活かして副業で稼ぐことができる

・宅建資格を活かした副業の種類は「独占業務の代行」「資格講座講師・家庭教師」「Webライター」がある

・宅建資格を活かした副業を見つける方法はさまざまなので仕事を見つけやすい

・副業をする際の注意点を意識する

宅建資格を活かして副業をすれば、生活が豊かになります。

それをモチベーションに、宅建試験合格に向けて頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20日間無料で講義を体験!