合格者の声

合格者の声|欲張らず重要な部分だけをおさえて勉強 田中 達基さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

合格者インタビュー

受講されていたカリキュラム

法曹・予備試験を目指したきっかけ

法律をしっかりと勉強したいと考えたことがきっかけです。

1年間だけ法律の勉強を頑張ろうと思い、真剣に予備試験の合格を1年間で目指すと考え予備試験を受験することに決めました受験のきっかけでした。

法科大学院に進学するくらいの法律知識を得たいなと考え、アガルートの講座を受けようと考えました。

アガルートアカデミーを利用しようと思ったきっかけ・感想

アガルートとの出会いは、アガルートアカデミーでアルバイトをしていた司法試験合格したという先輩からの紹介でした。

勉強するならアガルートがいいよと言われ、アガルートの受講相談を受けることに決めました。

受講相談に対応していただいたのが工藤北斗先生で、まさか代表の方が直々に対応していただけるとは思っておらず、3度見くらいしてしまったのを覚えております。

工藤先生の話を聞いて、1年間だけ頑張って勉強してみるかと決意し、その日に講座を申込みさせて頂きました。

その後、日吉ラウンジで指導を受けていたため、そこでお世話になった渥美先生や石橋先生と出会い、先生方から指導を受けさせていただきました。

合格体験記・学習上の工夫

勉強方針は、全体的に割り切っていました。

短答は、知識を網羅するのは1年で不可能であったため、基本的な知識は抑えつつ、わからない問題が出たらどっちの方が確からしいかという観点から、肢を選ぶ訓練を過去問を使ってやっていました。

論文も同じで、重問に乗ってる論点の規範だけ覚えて、わからない論点が出たら趣旨から考えて論証をその場で構築するという考えのもと割り切ってました。

やはり全部網羅しないのは不安にもなりますが、1年目だからしょうがないと合格可能性を少しでも上げるために重要な部分は押さえる、他はもう割り切ると言い聞かせてやってました。

勉強時間の確保について

大学生であり、時間もあったので、最初は気が向いたときに勉強していました。

しかし、短答半年前くらいからは自分の進捗に危機感を感じるようになりました。

最寄りのカフェで一人で黙々と勉強することもあれば、友達と勉強することもあり、基本的に1日中勉強していたと思います。

大学最後ですし、本来であればかなり遊び惚けていたと思います。コロナ禍ということもあり勉強以外することがなく、自粛期間中は友達とLINE電話をつなげながらお互い切磋琢磨しながら勉強していました。

直前期の過ごし方

直前期は新しい知識を詰め込まず、今ある知識の精緻化に努めました。
短答であれば、まとめた知識ノートや過去問で間違えたところを再確認する事をし、論文であれば規範をまとめたノートをひたすらに回して重要論点が出た時に書き負けないように心がけました。
なので、心構えとしては完全に割り切った勉強をしていたため、「どこからでもかかってこい」というまでは言えず、かなり不安もありつつ試験に臨んでました。試験期間中も、直前期と同様の過ごし方をしていました。

試験の手応え・合格した時の気持ち

短答は、終わった後は合格した気分がしなかったですが、普段の過去問でよくできなかった公法系の自己採点でかなりいい点数だったので少し手ごたえを感じました。

論文は、落ちたと思ってました。

1日目の手ごたえは十分にあったのですが、2日目の実務と民事系手手ごたえとしては大コケしたと思ったので、さすがに実務取れないのは1年目で致命傷だと感じ手ごたえを感じませんでした。

論文合格したときは大声で叫んでしまったくらいうれしかったです。

口述試験は、一番手ごたえがありませんでした。特に刑事系は過去問と全く異なり、聞いてきた罪もかなりニッチなところであったので、口述本番は本当に対策してないとこばっかり出たせいか生きている心地がしなかったです。

口述受かったときは本当に嬉しかったです。

これまでを振り返って

合格の決め手は、マネージメントオプションであると思います。

指導していただいた先生は、受講から予備試験論文までの前半の方は渥美先生、後半の方は石橋先生に主に指導していただきました。

渥美先生の指導では、かなり細かく丁寧に法的三段論法の書き方や重問等の問題演習をするコツを教えていただきました。

石橋先生は、書いた答案だけではなくそれ以外の知識もバンバン聞いてくる口述試験のような少し厳しめの指導でした。

しかし、その質問の中で関係ない知識は全くなく、どうしたら答案がよりレベルアップするか、理解が間違っていた時に正してくださり応用編のような指導内容でした。

運が良かったと思うところは、この二方の先生に基礎的な指導から応用的な指導というフローを踏んでご指導頂けたことだと実感しています。

もし、マネージメントオプションを追加しておらず先生方の指導を受けていなかったら、確実に落ちていたと思います。

受講されていたカリキュラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20日間無料で講義を体験!