宅建試験は合格率が低いから合格は無理と諦めていませんか?

多くの受験者が、宅建試験に挑む前に合格を諦めてしまいがちです。

しかし、宅建試験の合格率が低い理由は、難易度の高さ以外にも多くあります。

この記事では、宅建試験の合格率が低い理由と、予備校活用のメリットを解説します。

宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校

令和5年度の合格率64.8%(全国平均の3.77倍)

資料請求で宅建の対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・宅建業法、権利関係の講義
  ・講義時間 約3.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

宅建の合格率は低い?まずは公式データをチェック!

宅建士試験の合格率が「低い」との声が多いなか、真偽の程はどうなのでしょうか。

噂だけでなく、公式のデータに基づいて現状を把握することが重要です。

以下では、宅建士試験を運営している一般財団法人不動産適正取引推進機構が公表しているデータに基づいて、合格率の実際を探っていきましょう。

試験年度合格率
2023年度
(令和5年度)
17.2%
2022年度
(令和4年度)
17.0%
2021年度
(令和3年度12月実施)
15.6%
2021年度
(令和3年度10月実施)
17.9%
2020年度
(令和2年12月実施)
13.1%
2020年度
(令和2年10月実施)
17.6%
2019年度
(令和元年実施)
17.0%

データを見ると、宅建試験の合格率は過去数年間で15%から18%の間で推移していることが分かります。

この合格率を「高い」と取るか「低い」と取るかは受け手の主観に左右されますが、確かに「低い」と捉える声があるのも無理はありません。

次の章では、これらの数字がなぜ低いと感じられるのか、その背景にある主な要因を詳しく解説します。

公表されている合格率のデータは一つの指標に過ぎませんが、受験者が試験に臨む際の心構えや、どのような準備が必要かを考える上での参考になるでしょう。

実際の合格率を知ることで、受験勉強に対するモチベーション維持や、より効果的な学習法の策定に役立てることが可能です。

宅建の合格率が低いと考えられる3つの理由

「宅建の合格率は低い」という声が多く聞かれますが、それにはいくつかの理由が考えられます。

この章では、その背後にある主要な3つの理由を詳細に分析していきます。

具体的には、受験制限の欠如、合格者数の調整、そして不動産関連資格としての受験のしやすさが挙げられます。

受験制限がないため

資格試験における受験制限は、受験者の質を確保し、その結果、合格率にも影響を及ぼす重要なファクターです。

多くの資格試験、特に専門性が高いものでは、受験資格が厳格に定められています。

各種試験において、受験できる人に一定の制限をかけている理由としては、社会で必要とされる人数に対して、受験者が多いことが挙げられます。

誰もが合格できても、その後、供給が多すぎればその職業で食べていけなくなる人が出てしまいます。そのため、専門性の高い多くの国家資格は、受験資格を厳格に定めているのです。

具体的な例としては、司法試験があります。

この試験は、法律の専門家(弁護士や検事など)を目指す者にとっての関門であり、受験するためには予備試験の合格などの特定の経歴・学歴が要求されます。

受験資格が設定されているため、受験者は高い知識レベルや深い理解を持つ者が多く、結果的に合格率も20~40%と、他の一般的な資格試験と比較して高い水準に保たれています。

一方、宅建試験はその受験資格に特に制限がないため、受験する意思さえあれば原則誰もが受験することができます

業界知識がほとんどない初学者から、キャリアチェンジを考えている人、あるいは「試しに」という軽い気持ちで受験する人など、多種多様な背景を持つ受験者がいるでしょう。

真剣に取り組んでいる受験者も多いですが、同時に目的やモチベーションがそれほど強くない受験者も少なくありません。

こうした状況は、全体の受験者層の質が不均一であることを意味し、受験者全員が試験の難易度に適切に対応できるわけではないことを示しています。

これが宅建試験の合格率が他の専門的資格試験と比較して低い要因の一つとされています。

合格者数を調整している(可能性がある)ため

宅建試験の運営においては、その合格基準が一定ではなく、毎年の受験者のパフォーマンスや市場のニーズ、業界の状況に応じて変動する可能性が指摘されています。

具体的には、宅建試験において、合格点は固定されているわけではなく、その年の受験者の平均点、難易度、及び試験のバランスから動的に算出されるとされています。

この方式は、他の多くの専門試験でも採用されている標準化されたテスト手法の一つで、試験の公平性と一貫性を保つためのものです。

しかし、合格点を毎年変化させるという方法には一定の合格者数を維持するという副次的な効果がある可能性が指摘されています。

実際、過去数年にわたるデータを見ると、宅建試験の合格者数は毎年約3万人前後という数字に一定の傾向が見られます。

この傾向は、不動産市場の規模や業界内での認定資格者の需要に応じて、合格者数が調整されている可能性を示唆しているのです。

「調整」には、業界の健全性を維持するという理由があるとされています。

資格を持つ者が市場に氾濫すると、サービスの質が低下したり、不動産業界における賃金や就職機会にネガティブな影響を及ぼす恐れがあります。

そのため、業界自体が持続可能な成長を遂げ、質の高いサービスを提供できるよう、資格取得者の数を適切にコントロールする必要があるのです。

合格率は市場の状況やその年の受験者の質によって左右されるため、一定の割合を保つというよりは、総合的な状況に基づいて調整されると考えられています。

したがって、受験者数が増加しても、合格者数は一定である傾向があり、それが自動的に合格率を低く抑える結果を生んでいるのです。

不動産関係の資格の中でも「とりあえず選ばれやすい」ため

不動産業界において、宅建士資格はその知名度と権威から不動産系国家資格の一つに数えられることがあります。

宅建士資格以外には、マンション管理士や管理業務主任者などが含まれます。

不動産系の国家資格は、不動産業界におけるプロフェッショナルの証であり、特に宅建士は不動産取引全般に関する幅広い知識を要求される資格であることが特徴です。

宅建士資格の魅力は、資格の取得が業界内での地位向上、キャリアアップ、さらには顧客からの信頼獲得に繋がる点にあります。

また、不動産という領域は日常生活に密接に関わっており、多くの人が一度はそのサービスを利用することから、資格の認知度も自然と高まっています。

その結果、不動産関連の資格を目指す多くの人が、他の選択肢を十分に検討することなく、あるいは業界についての深い理解や実務経験を有していない状態で「まずは宅建から」と考えるケースが少なくありません。

しかし、こうした「とりあえず」の精神は、宅建士試験の受験者層に多様性をもたらす一方で、必ずしも試験の難易度や業界の要求する専門性を十分に理解した上で挑戦しているわけではないため、合格率に影響を与える重要な要因となっています。

資格取得を目指す者が増えれば増えるほど、その中で実際に合格できるのは一握りという現実が、合格率の低さに拍車をかけているのです。

さらに、宅建士試験には広範な法律知識や業界特有の実務経験が求められるため、試験対策として必要な学習量は他の国家資格と比較しても少なくありません。

特に法律関連の問題では、細部にわたる理解と正確な知識が必要とされます。そのため、「とりあえず」の心構えで臨んだ受験者が直面する難易度は、予想以上であることが多いのです。

こうした背景を踏まえると、宅建士試験の合格率が他の資格試験に比べて低い理由は明らかです。

受験者自身が試験の本質とその要求する能力を正しく理解し、適切な準備と真剣な取り組みが不可欠という事実が、この資格が業界内外から高い評価を受けている理由の一つでもあります。

特に独学だと合格率が低くなる可能性も

宅建試験の合格率が低い要因をこれまで見てきましたが、特に独学での挑戦はさらに厳しいとされています。

実際、アガルートアカデミーのアンケートによれば、独学受験者の合格率は約10%にとどまっています*。

*全国向け無作為抽出調査ではないため、あくまで参考数値です。

独学では試験に必要な広範で複雑な知識を網羅することの難しさを示唆しています。

対照的に、アガルートアカデミーの利用者の合格率は令和5年度において64.8%の合格率を示し、専門的な指導が受験成功に大きく寄与することを反映しています。

2023年度(令和5年度)における宅建試験の全受験者の合格率が17.2%であるのに対して、アガルートアカデミーを利用した方の合格率は64.8%と圧倒的に高いことが特徴です。

加えて、独学受験者の合格率は10%程度となっていることから、宅建試験に独学で合格することの難しさが際立っています。

こうしたデータから、宅建試験の難易度は高く、特に独学での学習では不十分な場合が多いことが伺えます。

したがって、資格取得を目指す際には、適切な学習方法とサポート体制の選択が重要となるでしょう。

独学合格が不安な場合予備校の活用を

宅建試験の合格率は全体で約15%と低く、特に独学での挑戦はさらに厳しい現実があります。

しかし、予備校を利用することでそのハードルは大きく下がります。

例えば、アガルートアカデミーでは、利用者の合格率が64.8%と、全受験者の約3.77倍の高い数値を誇っています。

これは、アガルートアカデミーが提供する質の高い教材、経験豊富な講師陣、徹底したフォローアップによるものです。

さらに、過去3年間で受講生が6.18倍に増えていることからも、多くの受験者がアガルートの効果を実感し、信頼していることがわかります。

不安を感じず、確実な準備をしたい方は、アガルートアカデミーの公式サイトを訪れ、無料の資料請求や受講相談、さらには体験受講を通じて、アガルートアカデミーの質の高いサービスを自身で体験してみてください。

本記事で説明してきたように、資格取得への近道は、適切な指導とサポートが必要であることを忘れないようにしましょう。

宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校

令和5年度の合格率64.8%(全国平均の3.77倍)

資料請求で宅建の対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・宅建業法、権利関係の講義
  ・講義時間 約3.5時間

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!