試験概要

宅建の試験会場は?場所の選択や変更など気になる疑問も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
試験会場

宅建の試験会場はどこなのか、選択することはできるのか、あるいはどのように決まるのか、受験をするうえで気になるのではないでしょうか。

このようなことは受験案内を見なければなりませんが、色々なページに記載があり、まとまっていないため確認するのが大変です。

このコラムでは、宅建の試験会場について解説します。


※日程に関する記載は、例年の場合について述べています。

令和2年度の合格率43.3%(全国平均の2.58倍)

最短合格を目指す最小限に絞った講座体系

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

宅建の試験会場はどこ

宅建は毎年全国で20万人という多数の人が受験することから、全国各地に試験会場があります。

原則として、申し込み時点で住んでいる都道府県が試験を受ける場所となります。

例外として、学生や単身赴任などで現住所と居住地が異なっている場合には居住地の都道府県での受験も認められています。

つまり、家の近くに隣県の受験会場があった場合、都道府県が異なるため、その会場で受験することは認められておらず、自分の住んでいる都道府県の受験会場で受験することになります。

また、大学や高校といった学校が試験会場になることが多いです。

宅建は沢山の人が受験するので、机や椅子が揃っている学校が受験に適しているためでしょう。

試験会場は選べる

東京都・大阪府・愛知県など受験者が多い大都市、北海道・福島県・長野県など面積の広い都道府県をはじめ、複数の試験会場が存在する都道府県があります。

複数の試験会場が存在する都道府県では、インターネットによる申込み方法で試験会場を選択することができます。

もっとも、先着順となっており定員に達した試験会場は選択できません。

また、インターネットによる申込み方法の場合は、郵送に比べて申込み期間が半分ほどしかありません。早めに申込みをしましょう。

郵送による申込み方法の場合、インターネットのように試験会場を選択することはできませんが、都道府県によっては試験会場の希望を出すことができます。

この場合、第1~第3希望を選択して受験申込書に記入します。なお、この場合も先着順で定員になり次第締切となります。

郵送の場合も第1希望の試験会場となるよう、早めに申込みを行いましょう。

試験会場はいつ決まる?

他の試験では受験票に試験会場が記載され、そのタイミングで試験会場を知ることが多いです。

一方、宅建の場合は受験票の送付前に試験会場の通知が送付され、その段階で試験会場を知ることになります。

具体的には、例年7月末の申込み締切後、8月の中旬から下旬にかけて「試験会場通知(はがき)」というものが送付されます。

この通知には、自己が受験する試験会場が記載されており、この通知により試験会場が確定します。

つまり、宅建の試験会場は8月中に決まります。

郵送による申し込み方法で記載した第1~第3希望の会場以外の場所になることもあるので、よく確認しましょう。

また、通知には試験会場案内図や注意事項等が記載されているので、受験まで大切に保管しておきましょう。

試験会場は変更できる?

試験会場の変更については、受験生の都合で変更することは一切できません。

また、変更が認められないため試験を受験できなかった場合でも、受験手数料の返還はされません。

引越しをした場合、試験会場はどうなる?

引っ越しをした場合、試験会場と居住地が離れてしまい、受験が難しくなることもあるでしょう。

しかし、上記の通り試験会場の変更はできないので、申込時の居住地の都道府県で受験することになります。

なお住所変更がある場合には、郵便局へ転居届を提出しましょう。

これを行わないと、試験会場通知や受験票が届かず、受験できないおそれが生じてしまいます。

試験会場が決まった場合、どのようなことをすべき?

試験会場通知を受け取り、試験会場が決まった場合には試験会場までのアクセスやルートの確認を行いましょう。

試験会場は普段使わない交通機関や道を使うことが多いでしょう。

日頃使ってないため乗り過ごしや道に迷うことも予想されます。

もし試験開始時刻に間に合わず、試験開始から30分が経過してしまうと受験できなくなってしまいます。

使用する交通機関や道などを予め確認しておき、当日はスムーズに試験会場へ到着できるようにしましょう。

まとめ

以上、宅建の試験会場についてでした。

ここまでの大事なポイントをまとめると、

・試験会場は原則として現住所の都道府県

・複数の試験会場がある場合には、インターネットによる申込みで選択を、郵送による申込みで希望の記載ができる場合がある

・もっとも、両方の方法とも先着順なので申込みは早めに行うべき

・引っ越しなどによる試験会場の変更は一切認められていない

・試験会場が決まったら、会場までのアクセスやルートを確認すべし

ということになります。

人気の試験会場はすぐに定員に達してしまうこともあります。

希望に沿う会場となるよう、申込みは早めにしましょう。

▼宅建試験の申込み方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20日間無料で講義を体験!