社会保険労務士は、30代の未経験でも転職が可能です。

社労士試験は年齢制限がなく実務経験も必須ではありません。

また、30代の合格者も多数存在するため、今から対策を始めても十分に間に合います。

しかし、試験の難易度は決してやさしくないため、予備校や通信講座の活用を検討して効率良く学習を進めましょう。

本記事では、30代の転職に社労士がおすすめの理由や主な就職先、30代の合格者の割合、平均年収などを解説しています。

「社労士に転職すべきか」「試験に向けて何をすべきか」が理解できるため、ぜひご覧ください。

社会保険労務士試験の合格を
目指している方へ

  • 自分に合う教材を見つけたい
  • 無料で試験勉強をはじめてみたい
  • 社会保険労務士試験に合格している人の共通点や特徴を知りたい

アガルートの社会保険労務士試験講座を
無料体験してみませんか?

約6.5時間分の労働基準法講義が20日間見放題!

実際に勉強できる!社会保険労務士試験対策のフルカラーテキスト

一発合格者の勉強法が満載の合格体験記で、合格への最短ルートがわかる!

1分で簡単お申込み

▶資料請求して特典を受け取る

30代の未経験でも社会保険労務士へ転職可能!

30代の未経験でも社会保険労務士への転職は可能です。

人事や労務部門の仕事はどの業界・企業にも存在し、高度な知識やスキルを要するため、社労士の需要は非常に高いです。

また、社会保険労務士になるには資格取得が必要ですが、年齢制限がなく実務経験も必須ではないため、今から対策を始めても決して遅くはありません。

主な就職先

30代の社労士の就職・転職先には、以下のような業界・企業があります。

  • 社労士事務所
  • 企業の人事部や総務部
  • 社労士事務所以外の士業事務所

社労士の就職・転職先と聞くと「社労士事務所一択」と考える方もいますが、民間企業の人事部や総務部という選択肢も有力です。

また、税理士事務所弁護士事務所といった別の士業事務所内で社労士業務を開業させることで業務拡大を図るケースも存在します。

加えて、就職・転職ではありませんが、社労士は独立・開業にも適した資格であるため、一定の実務経験を得たら個人事業主や法人として起業する方も多いです

転職を成功させるコツとしてまずは資格取得する

社労士が行う人事労務管理業務は独占業務であるため、まずは資格取得を目指しましょう。

社労士事務所への就職・転職では資格が必須でないケースもありますが、社労士アシスタントや一般事務という形態になります。

また、社労士資格を有していると独占業務に携われるだけでなく、高度な知識やスキルを有している証明にもなるため、転職の成功率が高まるでしょう。

社労士試験は倍率が10〜20倍の難関試験であるため、自分に合った学習方法で効率的に対策を進めることが重要です。

30代の未経験でも社会保険労務士の資格取得はできる

繰り返しになりますが、社労士の資格取得は30代の未経験者でも可能です。

年齢要件が求められておらず実務経験も必須ではないため、30代で勉強を始めても全く遅くはありません。

ここでは、30代でも社労士を目指すメリットを紹介します。

社会保険労務士試験に受験年齢は関係ない

社会保険労務士試験には年齢要件が定められていません。

以下のいずれかの要件を満たしていれば、誰でも受験が可能です。

  • 学歴による受験資格
  • 実務経験による受験資格
  • 試験合格による受験資格

特に学歴による受験資格は、大学や短大、専門学校といった幅広い学歴が認められているため、比較的受験しやすい要件となっています。

また、第55回社労士試験の合格者における32.6%は30代です。

20代以下の合格者数が11.8%と考えると、今から勉強を始めても全く遅くないことがわかります。

社会保険労務士は定年後の独立開業におすすめの資格

社労士は独立開業にも向いている資格です。

実際に「社会保険労務士白書」によれば、社労士の60%以上は開業社労士というデータがあります。

※出典:社会保険労務士白書

社労士として独立開業できれば、自分に合った働き方に近付けられ、より多くの年収を目指すこともできます。

また、現在は終身雇用制度の崩壊や老後2,000万円問題などにより、将来の働き方や経済面で不安を覚える方も多いです。

そこで、社労士として独立開業できる選択肢があれば、定年後も働き続けられ、経済的なゆとりも生まれるため、安定した将来設計を立てられるのではないでしょうか。

このように30代で社労士資格を取得し、実務経験を積んだら独立開業する道がある点も社労士の大きなメリットとなります。

社会保険労務士は産休明けの再就職におすすめの資格

社会保険労務士は、産休明けの再就職を目指す際にもおすすめの資格です。

社労士は専門的な知識をアピールできる資格であるため、通常の民間企業への就職にも有利に働きます。

そのため、産休明けの再就職を有利にするために受験を行う方も多いです。

理系出身者や法律知識がゼロの方でも十分に合格を目指せるため「将来の再就職・転職を有利に進めたい」と考える方にもおすすめといえるでしょう。

社会保険労務士には将来性がある

将来的に需要がなくならないことも社会保険労務士の大きなメリットです。

社労士には2つの独占業務が定められているため資格所持者の需要が高く、人事や労務といった業務はすべての企業が携わる必要があるためです。

また、現在はAIを活用した人事労務管理が浸透しつつありますが、助成金の申請や人事労務業務に関するコンサルティングはニーズが高まっており、資格所持者は信頼性の観点で有利に動けます。

将来的にも需要がある職業であるため、一度資格を取得すれば長期間働き続けられ、将来の働き方についても計画を立てやすくなります。

30代で社会保険労務士試験に合格した人の割合

第55回社労士試験の結果によれば、合格者全体に占める30代の割合は32.6%です。

20代以下の合格者の割合が11.8%と考えると、30代での合格はむしろ早い部類であるとわかります。

年代合格者に占める割合アガルートの通信講座を利用
20代以下11.8%24%
30代32.6%31%
40代29.2%24%
50代18.9%17%
60代以上7.5%5%

また通信講座のアガルートの試験結果を見ても、合格者全体の31%は30代となっています。

※令和5年度社会保険労務士試験合格者向けアンケート結果の年代別の社会保険労務士試験合格者の割合から引用

ここからも、30代で社労士試験に合格して、就職や転職、独立開業を行うことは現実的といえるでしょう。

30代の社会保険労務士試験合格体験記

「30代で社労士試験に合格しているイメージが湧かない」「社労士試験の対策はどんな感じで進むのか」などと考える場合は、実際に30代で社労士試験に合格した方の体験談を参考にしてはいかがでしょうか。

以下では、通信講座のアガルートを活用して、30代で社労士試験に合格した方の体験談を紹介します。

私が30代前半の時転職を考えましたが、うまく希望に沿った企業の内定を取ることができず、何か資格を取ろうと考えたことがきっかけです。

講師の方が「ここは簡単ですね」とおっしゃっていた内容が、自分が点数を取ることができず、不合格という結果になってしまった問題でした。
アガルートの教材なら、より詳細に記載されているのではないか、と思い受講することにいたしました。
今回、5回目の挑戦で合格となりました。

5回目の挑戦!アガルートを受講後初受験で悲願の合格!

受講されたカリキュラム:中上級総合講義/中上級カリキュラム

私が社労士試験の目指そうと思った理由は、自身のキャリアを描いた時に、人事労務のプロフェッショナルとしてキャリアを歩んでいきたいと考えたからです。

アガルートを通じて得られた経験、知識は今後一生、自分の財産になると思っています。
卒業生の1人として、これから社労士を志す方がいれば、胸を張ってご紹介させていただきます。

他社から切り替え3度目の挑戦!直前期のテキスト読み込みで念願の合格!

受講されたカリキュラム:中上級総合講義/中上級カリキュラム

今後のキャリアについて考えたことがきっかけです。安心して働けるように、自分が色々なことをサポートや案内したいと思い、行政書士試験に合格後すぐに、社労士を目指しました。
昔の私が社労士試験に合格するなんて大学にも行っていない私にとっては、想像することさえできない夢のまた夢でした。この神テキストは一生の財産です。実務を通じてもずっと使用するであろう私のバイブルになると思います。

まばらだった点が線になる瞬間を実感できるまさに神テキスト!

受講されたカリキュラム:中上級総合講義/中上級カリキュラム

社会保険労務士の給与・年収

社会保険労務士は専門性が高い業務を担当するため、給与や年収も高水準な値となっています。

ここでは、30代の社会保険労務士の給与や年収を紹介します。

30代の社会保険労務士の平均給与・年収

令和4年賃金構造基本統計調査の結果によれば、30代の社会保険労務士の平均給与は「454,600円」です。

平均給与には基本給に加えて各種手当も含まれています。

また、年間賞与やその他特別給与を加えた平均年収は「6,862,900円」です。

平均給与454,600円
年間賞与その他特別給与1,407,700円
平均年収6,862,900円

30代経験年数0年(未経験)の場合の平均給与・年収

他方で、30代で経験年数が0年(未経験)の社労士の平均給与は「412,200円」です。

また、年間賞与やその他特別給与を加えた平均年収は「5,205,700円」となっています。

平均給与412,200円
年間賞与その他特別給与271,300円
平均年収5,205,700円

ただし、上記で紹介している社労士の平均給与・年収には「証券アナリスト、アクチュアリー、 経営コンサルタント」も含まれているため、明確な給与・年収情報ではない点に留意してください。

30代で社会保険労務士に合格するならアガルートのカリキュラムがおすすめ!

今回は30代の未経験者が社労士へ転職できるか否かやメリット、平均給与・年収などを解説しました。

社労士試験には年齢制限がなく、職務経験も必須ではありません。

理系を専門としている方や法律の知識がない方でも問題なく理解ができる内容で、合格者の約3割は30代であるため、今から合格を目指すことは非常に現実的といえるでしょう。

しかし、倍率は10〜20倍と非常に高いため、自分の環境に合わせた効率的な学習が必須です。

そして、社労士試験の対策方法はさまざまですが、おすすめは通信講座のアガルートの活用です。

通信講座のアガルートであれば、近くに予備校がない方でも自宅で効率的な学習が可能となります。

また、充実したフォロー制度が提供されており、合格時の返金制度も実施されているため「専門家のサポートの下で合格を目指したい」「経済的な負担を抑えて利用したい」などと考える方にもピッタリです。

さらに30代での合格実績もあり、生活や知識レベルに合わせやすい複数のカリキュラムも提供しているためぜひご検討ください。

【令和5年】社労士試験に合格した人のアンケート調査概要

アンケート概要社会保険労務士試験合格者のアンケート
調査方法アガルートアカデミー内でのアンケート調査
調査対象アガルートの講座を利用して令和5年度社会保険労務士試験に合格したユーザー
調査対象地域日本国内

アンケート回答者の属性

年代20代30代40代50代60代以上
割合24%31%24%17%5%

年代別の社会保険労務士試験合格者の割合

年代社会保険労務士試験の合格者の割合
20代24%
30代31%
40代24%
50代17%
60代以上5%

社会保険労務士試験の合格を
目指している方へ

  • 社会保険労務士試験に合格できるか不安
  • 勉強をどう進めて良いかわからない
  • 勉強時間も費用も抑えたい

アガルートの社会保険労務士試験講座を
無料体験してみませんか?

令和5年度のアガルート受講生の合格率28.57%!全国平均の4.46倍

追加購入不要!これだけで合格できるカリキュラム

充実のサポート体制だから安心

お祝い金贈呈or全額返金など合格特典付き!

7月24日までの申込で20%OFF!

▶社会保険労務士試験講座を見る

※2025年合格目標


約6.5時間分の労働基準法講義が20日間見放題!

実際に勉強できる!社会保険労務士のフルカラーテキスト

一発合格者の勉強法が満載の合格体験記で、合格への最短ルートがわかる!

1分で簡単!無料!

▶資料請求して特典を受け取る