HOME > 技術士試験 > 技術士試験|第二次試験合格カリキュラム(総合技術監理部門)

技術士試験|第二次試験合格カリキュラム(総合技術監理部門)

第二次試験合格カリキュラム(総合技術監理部門)

【総合技術監理部門対策】
技術士 二次試験 総合技術監理部門を
最短で確実に攻略したい方に
特化したカリキュラムです。

総合技術監理部門合格の鍵は、20部門の試験との「違い」にしっかりアジャストできるか否かという点にあります。
その「違い」を踏まえて、確実に、最短ルートで合格するための講座をご用意しました。

資料請求で講座を無料体験!

技術士試験講座の資料請求で
講座無料体験&サンプルテキストプレゼント!

資料請求&講座無料体験はこちら

本カリキュラムは、総合技術監理部門に対応しております。20部門向けはこちらをご覧ください。

20部門の試験との「違い」と重要な点

20部門の専門試験とは全く異なる頭の使い方とそれをアウトプットするトレーニングが必要です。ただし、不安に思う必要はありません。

専門性を深掘りするのではなく、広い管理視点を持つ

総監試験の受験者のほとんどは、専門技術者です。
その方々の多くが勘違いしているのが求められる能力についてです。

更に専門性を深掘りしなければならないのではないかと思って、より深い学習をしようとする方がいますが、その必要はありません。

逆に必要なのは広い管理視点です。
しっかりと皆さんの誤解や緊張を解き、求められているものを解答できるように指南します。

20部門向け試験とは異なり、組織やバランスを重視しなければならない特殊性

20部門の試験では、他セクションや利害関係人ということはあまり気にせず解答をすることで足りました。

しかし、総監部門では、組織やバランスを重視し、全体における最適解を示す必要があります。
ここが最も多くの技術者を苦しめるポイントです。

この能力や視野は、一朝一夕で身につけられるものではありません。
第三者からのアドバイスや反復学習によって初めて身につけられる能力です。

総合技術監理部門対策講座 5つの特長

1

「違い」を攻略するための合理的なカリキュラムで最短合格

択一式試験、記述式試験、口頭試験と合格に至るまでの道のりは長いです。
しかし、どういった点が20部門試験と異なるのか、何に注意をしなければならないのか、各対策において、しっかりと明示し、強調していきます。
また、その講座・教材・内容も講師が精査した最良のものとなっており、最短合格が狙えるように合理的に設計されております。

2

フルカラー教材、画面に映し出した映像でわかりやすい

アガルートアカデミーのテキストは、情報整理がしやすいようにフルカラーのインプット教材となっております。また、A5サイズなので、持ち運びも便利です。
さらに、講義は、テキストを画面に映し出し、講義中のテキストへの書き込みも画面で確認することができます。

3

最近の出題傾向や最新のトピックスを反映した教材

総監合格者でもあり、また数多くの合格者を輩出してきた日比講師が最近の出題傾向や最新のトピックスを盛り込んだテキストです。
例えば、社会環境管理では、近年SDGs
の考え方が環境配慮や市民生活に深く影響するなど、社会環境と技術の位置づけが変わってきています。
このような最新の状況に対応することができる教材となっております。

4

総監キーワード集解説で重要なトピックスや語句を浮かび上がらせる


総監では、択一式試験・記述式試験が実施されます。出題される範囲は広範で、なかなか一人では対策を立てることが難しい内容となっております。また、記述式試験ほどではありませんが、必ず覚えておくべき語句もありますし、重要なトピックスもあります。そこで、アガルートでは総監キーワード集解説を作成し択一式試験対策を盤石なものにできるようにしております。

5

オンラインで完結する充実のフォロー制度。添削・口頭模擬試験付きだとオンデマンドでサポート

講師に直接聞ける!Facebook質問制度(無料・回数無制限)

疑問に思ったことは Facebook質問対応 で講師に何回でも無料で直接質問することができます。

講座をすでにお申込みの方はこちらから申請していただけます。
申請はこちら

※添削・口頭模擬試験付きカリキュラムの受講生が対象です。

さらに!添削・口頭模擬試験付きをお申込みの方はオンデマンドでサポート!

添削・口頭模擬試験付きなら

講師の手厚いサポート
で万全!

添削・口頭模擬試験付きカリキュラムの内容

  記述式  
添削5回 ※追加購入可

実務経験証明書
添削3回

  口頭試験 
オンライン模試1回

添削・口頭模擬試験の詳しい流れはこちら

  • 〈例〉総監を初めて受験される方

    1~3通目技術文書の書き方の基本

    4通目適切な課題設定の仕方

    5通目技術者としての経験や考え方の盛り込み方

    ※ 必要に応じて、追加添削のご購入をご検討ください。

  • 〈例〉受験経験者の方

    答案をもとに、個別に適切なアドバイスを行います。

    ほとんどの方は、技術文書の書き方と記述方針を固める指導により、合格圏内に届きます。

アガルートアカデミーはここが違う!

ガイダンス・講座詳細(サンプル動画)

第二次試験合格カリキュラム(総合技術監理部門)
「択一・記述試験対策講座」ガイダンス

講座詳細(サンプル動画)

択一・記述試験対策講座

実務経験証明書の作成方法、択一式試験(必須科目)、記述式試験(必須科目・選択科目)を攻略するための講座です。
約6.5時間の講義とテキスト、総監キーワード集解説で両試験対策を万全なものとします。短時間で、効率的に、そして確実に、合格に必要な知識と方法論をお伝えします。

択一式試験に向けては総監キーワード集解説を利用しつつ、知識の整理を行うことができます。また、記述式試験に向けては、誰もが躓く特殊な視点を身につけ、正しい文章の書き方、表現の仕方を学びます。さらに筆記試験で使うキーワードの整理の仕方についても、解説します。これで択一式・記述式試験はバッチリです。

口頭試験対策講座

口頭試験に向けてご自身の思考を万全にするための講座です。約30分の講義とテキストで、口頭試験がどういう試験であるのか、どのような準備をすべきなのか、注意すべき点等を網羅的に理解することができます。

申込みから半年以上経過し、内容を忘れかけている実務経験証明書の内容についても再度確認し、深掘りしながら準備を進めることとなります。方法論、思考方法、準備方法まで詳しく、コンパクトにご説明します。

※20部門と総合技術監理部門の再現動画は,同じ映像になります。

サンプルテキスト

画像をクリックで拡大

試験概要

筆記試験

(1)総合技術監理部門を除く技術部門の必須科目及び選択科目は、いずれも記述式により行う。
総合技術監理部門の必須科目は択一式及び記述式により、選択科目は記述式により行う。

(2)筆記試験の問題の種類及び解答時間は、次のとおりとする。

Ⅰ 必須科目 「総合技術監理部門」に関する課題解決能力及び応用能力
択一式 2時間
記述式 3時間30分
Ⅱ 選択科目(他の20の技術部門の必須科目及び対応する選択科目のうちあらかじめ選択する1科目)
1 選択した「技術部門」全般にわたる
専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力に関するもの
2時間
2 選択した技術部門に対応する「選択科目」についての
専門知識及び応用能力に関するもの
3時間30分
3 選択した技術部門に対応する「選択科目」についての
問題解決能力及び課題遂行能力に関するもの

既に総合技術監理部門以外のいずれかの技術部門について技術士となる資格を有する者は、当該技術部門に対応する選択科目が免除される(技術士法施行規則第11条の2)。

口頭試験

(1) 口頭試験は、筆記試験の合格者に対してのみ行う。

(2) 口頭試験は、技術士としての適格性を判定することに主眼をおき、筆記試験における記述式問題の答案及び業務経歴を踏まえ実施するものとし、筆記試験の繰り返しにならないよう留意する。

(3)試問事項及び試問時間は、次のとおりとする。なお、試問時間を10分程度延長することを可能とするなど受験者の能力を十分確認できるよう留意する。

Ⅰ(必須科目に対応)
Ⅰ 「総合技術監理部門」の必須科目に関する技術士として必要な専門知識及び応用能力 20分
Ⅱ(選択科目に対応)
Ⅰ 技術士としての実務能力 20分※
Ⅱ 技術士としての適格性

※選択科目に関する口頭試験は、総合技術監理部門以外の技術部門の口頭試験にて別途行うこととする。また、選択科目が免除される者は必須科目のみの試問とする。

学習スケジュール

画像をクリックで拡大

担当講師

日比幸人

平成28年度 併願合格 日比 幸人講師

技術士試験の合格には、問われたことに的確に解答するという姿勢と、技術課題の解決に至るあなたの思考プロセスを表現する文章力、表現力の錬磨が必須になります。
動画の講義だけでなく、添削などを通じて皆様の文章力、表現力の錬磨の一助となれればと思います。

詳しい講師紹介はこちら

合格特典・割引制度

合格特典

該当カリキュラムをお申込みいただいた方が2023年の技術士試験に合格された場合、合格特典がございます。

合格特典の詳細

割引制度

再受験割引、他資格試験合格者割引、他校乗換割引、再受講割引など各種割引制度を設けております。

割引制度の詳細

発送・視聴スケジュール

講義時間
択一・記述試験対策講座:約6.5時間
口頭試験対策講座:約0.5時間
テキスト
択一・記述試験対策講座:テキスト1冊、総監キーワード集解説1冊(A5サイズ)
口頭試験対策講座:1冊(A5サイズ)
視聴開始・教材発送日
択一・記述試験対策講座:2022年9月6日
口頭試験対策講座:2023年9月5日
視聴期限
2024年1月31日
添削・口頭模擬試験(添削・口頭模擬試験付きコースのみ)
記述式・添削:5回(答案用紙付き)
実務経験証明書・添削:3回
口頭模擬試験:1回(オンライン実施)

カリキュラムの比較

内容 添削・口頭模擬試験付き 講義・テキストのみ
講座内容 択一・記述試験対策講座
約6.5時間
口頭試験対策講座
約0.5時間
添削指導 記述式5回、実務経験証明書3回 ×
口頭模擬試験 1回(オンライン) ×
サービス内容 映像講義
製本テキスト
音声ダウンロード
デジタルブック
質問制度(Facebook) ×
価格

定価

74,800円

82,280円
(税込)

定価

34,800円

38,280円
(税込)

スクロールできます

総合技術監理部門と20部門の併願合格を目指す方向けに,「併願割引」をご用意いたしました。「第二次試験合格カリキュラム(総合技術監理部門)」をご購入された方へ,「第二次試験合格カリキュラム(20部門)」を10%OFFでご購入いただけるクーポンを発行いたします。ご希望の方は、【割引制度】併願割引をご確認ください。

価格/講座のご購入

  • 【資料請求】
    サンプル講義&テキスト付き
    0
    お申込み
  • 第二次試験 合格カリキュラム
    (総合技術監理部門)
    【添削・口頭模擬試験付き】
    74,800

    82,280円(税込)

    お申込み
  • 第二次試験 合格カリキュラム
    (総合技術監理部門)
    【講義・テキストのみ】
    34,800

    38,280円(税込)

    お申込み
  • 追加添削(5回分)※
    25,000

    27,500円(税込)

    お申込み