司法書士の存在は知っていても、具体的にどんな仕事をしているのか説明できる人は多くはないかもしれません。

司法書士は、従来は「登記の専門家」というイメージが強かったものの、近年は業務範囲が拡大しており法律事務全般に活躍の場が広がってきました。

この記事では、司法書士の仕事内容についてわかりやすく解説します。

司法書士とは?行政書士・弁護士との違いから読む▶
司法書士の仕事内容から読む▶
司法書士になる流れから読む▶

司法書士試験合格を
目指している方へ

  • 自分に合う教材を見つけたい
  • 無料で試験勉強をはじめてみたい
  • 司法書士試験の情報収集が大変


アガルートの司法書士試験講座を無料体験
してみませんか?

約13.5時間分の民法総則の講義が20日間見放題

実際に勉強できる!司法書士試験対策のフルカラーテキスト

1分で簡単!無料!

▶資料請求して特典を受け取る

司法書士とは

司法書士とは、法律の専門家の一つで、特に登記を中心とした法律事務の仕事をする専門家です。

司法書士法に基づき国家資格として認定されている司法書士は、国民の権利を守り、公正な社会を実現するために誠実に業務を行う責任を負っています。

そのため、独占的に司法書士でなければできない業務が国から認められているのです。

従来からの業務としては、不動産登記、商業登記の申請があります。

近年では業務は多岐にわたっており、認知症の高齢者等の権利を守るための「成年後見人」になったり、認定を受けた司法書士は簡易裁判所で「訴訟代理人」になったり、相続対策として遺言書や民事信託契約を作成するなど、様々な形で私たちの生活をサポートする役割を担っています。

司法書士と行政書士・弁護士の違いは?

司法書士と比較されることの多い法律系の国家資格として、行政書士があります。

行政書士は、自治体などに許認可申請などを行うのに対し、司法書士は法務局や裁判所に提出する書類を作成します。作成する書類の種類や提出先が異なるため、競合関係ではありません

関連コラム:司法書士と行政書士の難易度を比較!どちらが難しい?

また、法律系難関資格として弁護士と比較されることもあります。

司法書士も弁護士と同様に、簡易裁判所の訴訟では代理人となることができますが、弁護士は簡易裁判所に限らずあらゆる訴訟において代理人になることができます。司法書士は弁護士と異なり、訴訟がメインの業務ではなく、トラブルを予防するための法律事務が中心となります。

関連コラム:司法書士と弁護士の違いは?業務内容や難易度・将来のキャリアを比較

司法書士の仕事内容とは

司法書士の主な業務内容として、下記の業務が挙げられます。

  1. 不動産登記業務
  2. 商業登記業務
  3. 簡易裁判所での訴訟代理業務
  4. 成年後見人業務
  5. 相続関連業務

ひとつひとつ紹介します。

1. 不動産登記業務

先ほど「従来の業務」として挙げた業務のひとつ、不動産登記業務です。

土地や建物の情報がオープンになっていなければ、売り買いなどの取引を安全に進めることができません。

そのため、不動産の所有者や、不動産の面積、種類などは公に登録する「登記」をする義務があるのです。

たとえば、私たちがマイホームを建てたとき、家の所有者が誰なのかを公示するために、「所有権保存登記」が必要です。
いつかそのマイホームを誰かに売る場合、登記をしておけば自分が所有者であることを証明することができます。

このような不動産に関する権利を公示するための登記の手続きを司法書士が代理して行います。

今でもほとんどの司法書士事務所が不動産登記を業務の中心としています。

2. 商業登記業務

「従来の業務」として挙げたもうひとつの業務、商業登記業務です。

起業をして会社を設立する場合、必ず設立登記をしなければなりません。

会社は取引の主体となるものです。
大きな取引をするのであれば、相手方の会社がどのような会社であるのかを慎重に調査します。

そこで重要な情報となるものが、登記された会社の情報です。
登記事項証明書を取得すれば、会社の商号、本店、発行済株式の総数、資本金の額、公開会社であるか否か、だれが役員であるかなどの情報を知ることができます。

商業登記制度により、会社は安全かつ円滑に取引を進めることができるわけです。

このような会社や各種法人に関する情報を公示する登記の手続きを司法書士が代理して行います。

3. 簡易裁判所での訴訟代理業務

訴額が140万円以下の事件を扱う簡易裁判所において、認定を受けた司法書士は代理人として訴訟をすることができます

簡易裁判所の事件としては、貸金返還請求や建物明渡請求などの裁判がありえます。

司法書士がこの分野で活躍をしたのは、グレーゾーン金利が社会問題となった過払い金返還請求訴訟です。
大手弁護士法人、司法書士法人がこぞってテレビCMを打ち出した、いわゆる過払いバブルはまだ記憶に新しいところです。
この分野に積極的な司法書士はひと頃に比べれば少なくなりましたが、簡裁訴訟代理業務は司法書士業務の柱の一つであることに変わりはありません。

司法書士は、訴訟を起こす側(原告)の代理人となることも、訴えられた側(被告)の代理人になることもできます

4. 成年後見人業務

近年、司法書士業務の中核になりつつあるのが成年後見人としての業務です。

成年後見人の業務は、認知症や障がいをお持ちの方など、判断能力が不十分な方を財産管理の面で助ける仕事です。

例えば、障がいのあるお子さんがいる家庭で、親御さんが高齢の場合を想像してください。
親御さんにしてみれば、自分たちがいなくなった後、誰がその子の面倒を見てくれるのか、心配に違いありません。
これがいわゆる親亡き後問題です。

この様な場合に、成年後見制度の利用が検討されます。

自ら契約や財産管理をすることが難しい方に代わって、成年後見人がそれらの事務を行います。

成年後見人になるために特別な資格は要らないため、司法書士だけでなく、弁護士、行政書士、社会福祉士なども成年後見人となっていますが、それらの専門家の中でも、司法書士が最も多く成年後見人に選任されています。

5. 相続関連業務

司法書士は、相続に伴い発生する様々な手続きにおいて、書類作成やアドバイスなどの業務を行います

自分の亡き後、相続人が揉めないようにするために、遺産の分け方を記した「遺言書」を作成することがあります。

また、相続が発生した後は、遺産をどのように分けるかを話し合い、「遺産分割協議書」を作成したり、遺産に借金が多いなどの理由で相続を放棄したい場合には裁判所に「相続放棄申述書」を提出するなどします。

さらに、最近では家族信託という新しい分野に取り組む司法書士も増えています。

家族信託についての説明は割愛しますが、これまでの相続では解決することができなかった問題をカバーすることができる新しい制度として注目されています。

司法書士になるまでの流れと働き方

司法書士になる流れ

司法書士になるためには、司法書士試験に合格する方法がスタンダードです。

例外的に、裁判所事務官などの特定の官職に通算5年または10年以上の実務経験があり、法務大臣から認定された場合、試験を免除されます。

関連コラム:【司法書士になるには】資格を取る2つの方法と手順を解説

司法書士試験は、年一回7月に実施され、民法、会社法、商業登記法、不動産登記法の主要科目を含めた11科目の筆記試験です。全科目の択一式の出題に加えて、不動産登記法と商業登記法については、実際に登記申請書を記載する記述式の試験があります。

試験の合格率は5%程度で、難易度の高い試験です。

合格するために必要な勉強時間の目安は3000時間と言われています。

なお、筆記試験合格後に口述試験もありますが、筆記試験に合格することが実質司法書士試験合格であると言えます。

試験合格後は、司法書士会主催の研修を受け、その後に司法書士会の名簿に登録すると晴れて司法書士となります。登録するまでは、合格者ではあっても司法書士と名乗ることはできず、司法書士の仕事をすることはできません。

司法書士の働き方

司法書士の働き方には、独立して自分の事務所を持つ司法書士事務所・司法書士法人に勤務する他士業との合同事務所に所属するなどの選択肢があります。

そのほかに一般企業の法務部などで働くという選択肢もありますが、この場合は司法書士登録はしない場合が多いでしょう。

働き方の選択肢が多いのも司法書士の魅力です。

昔は独立開業する人がほとんどでしたが、最近は安定を望んで勤務を続けたいという人も増えています。

独立開業した場合には、努力や実力次第で年収1千万円を超えることも決して珍しくありません。

そして、経済面以外でも、司法書士の仕事は人の権利を守ることにつながるため、やりがいを感じることができるでしょう。

また、司法書士試験の難易度の高さは世間でも認知されているため、就職活動をするときにも強みとなるでしょう。司法書士の合格者は人数が絶対的に少ないため、就職できないという不安はほぼないと言えます。

興味のある人は、自分の将来の選択肢を広げるためにも、司法書士試験の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

司法書士は、法律知識を生かして私たちの生活を様々な局面からサポートするやりがいのある仕事です。

専門家として人の役に立ちたい人、自分らしい働き方を望んでいる人にとってはおすすめの職業の一つです。

試験は難関ですが、コツコツと勉強に取り組める人であれば十分合格を目指すことができます。興味のある人は、前向きに受験を検討してみてはいかがでしょうか。

司法書士試験の合格を
目指している方へ

  • 司法書士試験に合格できるか不安
  • 勉強をどう進めて良いかわからない
  • 勉強時間も費用も抑えたい

アガルートの司法書士試験講座を
無料体験してみませんか?

令和5年度のアガルート受講生の合格率15.4%!全国平均の2.96倍!

追加購入不要!これだけで合格できるカリキュラム

充実のサポート体制だから安心

全額返金など合格特典付き!

6月17日までの申込で10%OFF!

▶司法書士試験講座を見る

約13.5時間分の民法総則の講義が20日間見放題!

実際に勉強できる!司法書士試験対策のフルカラーテキスト

1分で簡単!無料

▶資料請求して特典を受け取る

この記事の監修者 竹田 篤史講師

竹田篤史講師


社会保険労務士事務所、司法書士法人勤務後、大手資格予備校にて受講相談、教材制作、講師を担当。

短期合格のノウハウをより多くの受講生に提供するため、株式会社アガルートへ入社。

これまで、ほぼ独学で行政書士試験、司法書士試験に合格し、社会保険労務士試験には一発で合格。

自らの受験経験で培った短期合格のノウハウを余すところなく提供する。

竹田篤史講師の紹介はこちら

司法書士試験講座を見る

司法書士の仕事内容についてわかりやすく解説します。司法書士は、従来は「登記の専門家」というイメージが強かったものの、近年は業務範囲が拡大しており法律事務全般に活躍の場が広がってきました。