賃貸不動産経営管理士は、マンション・アパートといった賃貸住宅管理に関する幅広い知識を持つ国家資格です。管理業法の施行規則の公布をもって国家資格となりました。

不動産関連の資格のなかでも注目を浴びていますが、将来性や需要はあるのか?という不安を持つ人もいます。

今回のコラムでは、賃貸不動産経営管理士の仕事内容を踏まえながら将来性について見ていきましょう。

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!

賃貸不動産経営管理士とは

賃貸不動産経営管理士とは、貸主側の不動産経営に関するアドバイスを行う国家資格です。合格率は、平成30年までは50%前後で推移していましたが現在は30%前後です。

しかし、翌年以降は国家資格になる前に資格を取得を考える受験者が増えています。受験者数は右肩上がりに増えており、ニーズが高いことがわかります。

賃貸不動産経営管理士の難易度・合格率について詳細は、下記の記事でチェックしてみてください。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士の難易度はどれくらい?合格点・合格率を確認

賃貸不動産経営管理士の将来性と需要があるといえる理由3つ

賃貸不動産経営管理士は需要があり、将来性もある資格だといえるでしょう。その理由は、主に下記3つです。

  1. 国家資格化によるニーズの増大
  2. 大規模事業所における設置義務要件の存在
  3. 不動産投資にも役立つこと

1.国家資格化によるニーズの増大

2021年4月、賃貸不動産経営管理士協議会ホームページにて賃貸不動産経営管理士が国家資格となったことが発表されました。

国家資格になったことで、賃貸不動産経営管理士のニーズも高まっていくのではないでしょうか。

2.大規模事業所における設置義務要件の存在

賃貸管理業法では、200戸以上の賃貸管理を行う場合は事業者の登録が必要となっています。

そして、事業者の登録をする要件のひとつに、「管理士の資格を持った賃貸管理業経験者」を設置することが設けられています。

つまり、大規模の管理事業を行う際、事業者としての登録が必要で、その際に管理士の資格を持った専門家を設置する義務があるということです。

賃貸不動産経営管理士は、「管理士の資格を持った賃貸管理業経験者」に当たります。

3.不動産投資にも役立つこと

賃貸不動産経営管理士は、建物管理や空室対策、広告活動等に関する知識も持っています。不動産関連の知識は、資産形成や資産運用といった投資にも活かすことが可能です。

求められる賃貸不動産経営管理士であるために

賃貸不動産経営管理士として活躍するためには、コミュニケーションスキルが必須です。

ここでいうコミュニケーションスキルとは、空気を読んで場を盛り上げることではありません。

顧客へのヒアリング、現在抱えている課題の把握、交渉などを含めた問題解決へ導くためのスキルのことです。そのためには、相手が何を求めているのかを考えることが重要となります。

また、ダブルライセンスを取得することで市場価値はさらに高まるのではないでしょうか。宅建士の資格も持っていれば、貸主及び借主の両者に不動産のアドバイスができるようになります。

まとめ

賃貸不動産経営管理士は国家資格になったことで、今後さらに人気が高まります。それに伴い資格取得の難易度が上がるかもしれません。

しかし、賃貸不動産経営管理士の資格は不動産投資にも役立ちます。不動産業界以外で働いている方も、資格取得にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!