不動産投資をするのに資格を取得することは必須ではありませんが、関連資格の取得は不動産投資を成功させるのに役立ちます。

中でも「賃貸不動産経営管理士」は不動産投資目線でもおすすめ資格です。他にも不動産投資と相性の良い資格は複数あります。

ここでは不動産投資と相性の良い資格の紹介と、特におすすめな賃貸不動産経営管理士について解説いたします。

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!

不動産投資におすすめ・相性の良い資格は?

下記の資格は、不動産投資と相性の良いです。

  • 宅地建物取引士
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • マンション管理士・管理業務主任者
  • 簿記
  • 賃貸不動産経営管理士

どういった資格なのか、それぞれ解説します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士(宅建)は、宅地建物取引業法に基づいた国家資格です。

不動産の売買や賃貸などの仲介を行う時に欠かせない資格で、不動産取引時に必ず行う重要事項説明を行う時に必要な資格です。

不動産売買時の契約書や重要事項説明書は、法律用語や不動産用語が並び、なかなか理解しにくいものですが、宅地建物取引士資格を学ぶことで、理解がしやすくなります。

不動産取引全般について学ぶことができるため、不動産投資を行う時にも役立つ資格となっています。

https://www.agaroot.jp/takken/column/job/

関連リンク:一般財団法人 不動産適正取引推進機構

FP(ファイナンシャルプランナー)

お金の専門家、FP(ファイナンシャルプランナー)。

投資信託、年金、保険、税金などお金に関する幅広い知識を身に付けらる資格です。

資産運用や家計簿の役に立ち、不動産投資をする上でもお金の流れを理解し、運用するのに役立ちます。

https://www.agaroot.jp/fp/column/fp/

関連リンク:日本FP協会

マンション管理士・管理業務主任者

マンション管理士は、管理組合の役員や区分所有者への助言や指導を行うスペシャリストです。マンション管理組合のコンサルタントとして、サポートを行います。

修繕積立金の根拠がわかったり、住民トラブルの解決策がわかったりと不動産投資にも役に立つ知識を学ぶことができます。

管理業務主任者は、管理組合に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や、管理事務報告をします。マンション管理士が管理組合側であるのに対して、管理業務主任者は管理会社側としてこのような業務を行います。

特に区分マンション投資をしている・検討している人は、マンション管理士・管理業務主任者を取得しておくと役に立つ知識が得られるでしょう。

https://www.agaroot.jp/mankan/column/apartment-manager/
https://www.agaroot.jp/mankan/column/kangyou-building-manager/

関連リンク:一般社団法人 マンション管理業協会

簿記

簿記は、財務・会計などのお金の管理に役立つ資格です。

3級・2級・1級とあって、不動産投資で活かすには3級または2級の知識があれば十分です。

不動産投資では、貸借対照表や損益計算書のようなお金の流れや入出金管理を把握することが求められます。

簿記を学ぶことで、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を読む力がつきます。また、金融機関に経営状況を説明する際にも活用できます。

不動産投資は、不動産の「賃貸経営」です。

お金の流れを知るために簿記の知識は役に立つでしょう。

関連リンク:簿記 | 商工会議所の検定試験

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家のことです。

関連リンク:賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は不動産投資にどう役立つのか、どんな資格なのかは、次で解説いたします。

賃貸不動産経営管理士は不動産投資にどう役立つ?

賃貸不動産経営管理士資格の勉強は、不動産賃貸経営について、実務に直結する正しい知識を学ぶことができます。一度学んでおくと、その後の賃貸経営で活用することができるため、非常にコストパフォーマンスが高い資格となっています。

具体的には、以下のように活用できます。

  • 建物や設備に関する基礎知識がつく
  • 賃貸経営トラブルが起きても、自分でも判断ができるようになる
  • 賃貸募集の流れや賃貸借契約について学ぶことができる
  • 賃貸借契約に関連する法律を学ぶことができる
  • 不動産の管理について学ぶことができるため、管理会社と話す時に対等に話ができる
  • 管理会社や仲介会社とやり取りする際に役立つ
  • 賃貸経営を行ううえでのさまざまな経営判断がとりやすくなる

など、不動産投資を行うにあたってさまざまな場面で活かすことができます。

不動産賃貸経営者としての大切な知識を多く学ぶことができ、不動産賃貸経営でとても役立つ資格です。

不動産投資を行うのなら、賃貸不動産経営管理士の試験は勉強しておいて損することはありません。

賃貸不動産経営管理士とはどんな資格?

最後に改めて、賃貸不動産経営管理士はどんな資格なのか、確認しておきましょう。

賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅の管理に関する専門家です。

主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識や技能、倫理観を持った賃貸住宅管理に関する資格で、2021年4月から国家資格となりました。

賃貸管理業者は営業所または事務所ごとに「業務管理者」を配置しなければなりません。
賃貸不動産経営管理士は、その「業務管理者」になるための要件となっています。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士・業務管理者の違いとなり方3つ!移行講習が必要なのは?

賃貸不動産経営管理士になるには?

賃貸不動産経営管理士になるには、賃貸不動産経営管理士試験に合格し、登録する必要があります。

なお試験は、年齢制限や実務経験の有無、学歴といった受験資格の制限はありません。不動産業界の方はもちろん、学生や主婦、会社員など、多くの方が賃貸不動産経営管理士試験に挑戦しています。

ただし、登録には下記の要件があります。

①管理業務に関し2年以上の実務の経験を有する者
②その実務の経験を有する者と同等以上の能力を有する者
※②は実務経験2年とみなす講習の修了をもって代える者等を指す。

賃貸不動産経営管理士試験について

試験内容は下記の通りです。

  • 管理受託契約に関する事項
  • 管理業務として行う賃貸住宅の維持保全に関する事項
  • 家賃、敷金、共益費その他の金銭の管理に関する事項
  • 賃貸住宅の賃貸借に関する事項
  • 法に関する事項
  • 上記のほか、管理業務その他の賃貸住宅の実務に関する事項

試験の難易度・勉強時間は?

試験の難易度は他の不動産資格と比べると低い方です。

しかし合格率は年々下がってきています。平成25年には80%台だった合格率は、令和2年には30%を切り、令和5年度は27.9%でした。

国家資格化した今後は、合格率はさらに下がり、試験の難易度は上がっていく可能性が高いです。

なお、難易度や合格率に関する詳細は以下のコラムも参考になります。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士の難易度はどれくらい?合格点・合格率を確認

現時点では、賃貸不動産経営管理士試験に合格するために必要とされる勉強時間は、最低100時間といわれています。不動産関連に知識がない人や勉強に慣れていない人などは、勉強時間は100時間より多く見積もった方が良いでしょう。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士の勉強時間は?独学の場合・勉強方法も解説

まとめ

不動産投資には資格は必要ないですが、関連知識はあるに越したことはありません。

興味があれば、賃貸不動産経営管理士の勉強から始めてみるのもいいでしょう。賃貸経営の知識を網羅的に学ぶことができます。

不動産投資は大きな金額の取引となります。
投資に成功するためにもしっかりと勉強をして、賃貸経営に関する知識を身に付けていきましょう。

効率よく知識を身に付けたい場合は、通信講座もおすすめです。

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!