人気の資格である、賃貸不動産経営管理士。

取得を検討し、インターネットで「賃貸不動産経営管理士」と調べると、関連キーワードに「意味ない」とでてきたのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。「取得しても意味がないのか?」と不安になりますよね。

当コラムでは、以下の項目について説明します。

  • 賃貸不動産経営管理士の概要
  • 賃貸不動産経営管理士が「意味ない」といわれる理由と取得すべき理由
  • 賃貸不動産経営管理士の資格を取得する方法

賃貸不動産経営管理士の資格取得を検討している人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!

そもそも賃貸不動産経営管理士とは

賃貸不動産経営管理士とは、不動産の賃貸管理において専門的な知識を持つ専門家であることを証明する国家資格です。

もとは民間資格でしたが、賃貸管理の質の向上や入居者トラブルの整備を目的として、2021年から国家資格に認定されています。

賃貸不動産経営管理士は国家資格であり、業務管理者の要件のひとつ

200戸以上の賃貸不動産を管理している不動産会社(管理会社)には、営業所または事務所ごとに1名以上「業務管理者」を設置しなければなりません。賃貸不動産経営管理士は「業務管理者」の要件のひとつです。

そのため、賃貸不動産経営管理士の資格を取得していれば、設置基準を満たすことに役立ちます。

賃貸不動産経営管理士の仕事内容・何ができるかについて

賃貸不動産経営管理士は簡単にいうと、入居者や大家さんに適切なアドバイスをする管理の専門家です。

業務内容は多岐にわたり、入居者が安心して暮らせるようサポートする賃貸不動産の維持・点検、入居者トラブルの対応、退去立ち会いや、大家さんのサポートとなる入居者募集や契約業務などです。

その他業務には下記項目の「管理・監督」※があります。

  • 管理受託契約の重要事項説明書および書面の交付
  • 管理受託契約書の交付
  • 賃貸不動産の維持保全の実施、金銭の管理
  • 帳簿の備え付け
  • 大家さんに対する定期報告
  • 入居者の情報管理や秘密保持
  • 入居者からの苦情の処理
  • その他国土交通省が定める事項

※あくまで管理・監督であり、直接業務を行うものではありません。

賃貸不動産経営管理士は「意味ない」と言われる理由!独占業務がないなど

結論からお伝えすると、賃貸不動産経営管理士は役立つ資格であり、「意味ない」とはいえません。

しかしなぜ、「意味ない」と一部で言われるのでしょうか。ここからは、その理由を3つ説明します。

賃貸不動産経営管理士が「意味ない」と言われる理由

  • 業務管理者は賃貸不動産経営管理士資格がなくてもなれるから
  • 就職先によっては意味がないといえるから
  • 独占業務がないから

それぞれ見ていきましょう。

業務管理者は賃貸不動産経営管理士資格がなくてもなれるから

前述の通り、賃貸不動産経営管理士は業務管理者の要件のひとつです。

しかし、業務管理者は、賃貸不動産経営管理士だけでなく、宅建士でも、指定の講習を受ければなれます。業務管理者になれる要件は以下のとおりです。

【業務管理者の要件】
賃貸不動産経営管理士+2年以上の実務経験
宅建士+指定講習+2年以上の実務経験

業務管理者になるための方法はひとつではないため、意味がないといわれています。

就職先によっては意味がないといえるから

賃貸不動産経営管理士は管理業を営む会社にとって、業務管理者の要件を満たすため必要といえます。

しかし仲介をメインとする会社など、そうではない就職先によっては「意味ない」といえることもあるでしょう。

賃貸不動産経営管理士には独占業務がないから

現時点では賃貸不動産経営管理士の完全な独占業務はありません。

要件としては宅建さえ持っていればOKという状況になることも多いでしょう。

しかし、将来的には賃貸不動産経営管理士の独占業務が増えると予想されています。

賃貸不動産経営管理士取得は意味がある理由

意味のない資格といわれる賃貸不動産経営管理士ですが、そのようなことはありません。ここからは、どういった場面で役立つのかを説明します。

賃貸不動産経営管理士資格を取得する意味・メリット

  • 設置義務がある業務管理者の要件である
  • 不動産業務、実務に役立つ
  • 不動産投資に役立つ
  • 転職・キャリアアップの役に立つ可能性がある
  • 資格手当がつくこともある
  • 将来的に独占業務が増えると言われている

それぞれ見ていきましょう。

設置義務がある業務管理者の要件である

お伝えしているように、200戸以上の管理物件をもつ不動産会社は、営業所または事業所ごとに1名以上の業務管理者を設置することが義務づけられており、賃貸不動産経営管理士は業務管理者の要件に該当します。

宅建士も要件のひとつではありますが、宅建士が業務管理者になる場合は、指定講習を修了する必要があります。賃貸不動産経営管理士は指定講習を受けずに業務管理者になることができます(どちらも実務経験は必要です)。

不動産業務、実務に役立つ

賃貸不動産経営管理士の試験内容は、実際の管理業務に役立つものが多いです。

例えば、退去時の原状回復費用について入居者から質問があった場合、賃貸不動産経営管理士で学んだ知識を活かして、質問に応えることが可能です。

入居者トラブルを未然に防ぐスキルが身につくため強みとなり、就職後に即戦力になりやすくなります。

不動産投資に役立つ

賃貸不動産経営管理士は自分で大家となり不動産投資をする場合にも、有効な資格です。

空室対策や広告方法、契約業務や退去時業務など、一定の知識をもつことは経営悪化による損失を避けることにつながります。自主管理に役立てるために取得する人も少なくありません。

転職・キャリアアップの役に立つ可能性がある

賃貸不動産経営管理士は不動産に関連する資格であるため、不動産業界への転職やキャリアアップに役立ちます。

業界未経験での転職であれば、宅建と並んで取得しておきたい資格です。面接の時には面接官に熱意を伝える道具となり、お客様対応をする時には信頼を得るための武器になります。職場内で賃貸不動産経営管理士を持っている人が少ない場合などは、昇進にもつながるでしょう。

資格手当がつくこともある

賃貸管理業をメインに営む会社であれば、賃貸不動産経営管理士を持っていることで資格手当がつくこともあります。

手当は月5,000〜10,000円の場合や、取得した際にだけ10,000~20,000円程度のお祝い金がもらえるなど、会社によって異なります。

将来的に独占業務が増えると言われている

賃貸不動産経営管理士は将来的に独占業務が増えると考えられます。

宅建士は賃貸管理の専門家ではないため、業務管理者は専門家である賃貸不動産経営管理士の独占業務であるべきというような声もあるのです。

そのため今後はさらに試験が難しくなる可能性もあります。資格取得は、早めにしておいたほうが良いでしょう。

賃貸不動産経営管理士資格を取得するには

賃貸不動産経営管理士になるには、1年に一度実施される試験に合格する必要があります。

受験資格はありません。年齢、性別、学歴などの制限はなく、だれでも受験可能です。

賃貸不動産経営管理士の受験申込期間は、毎年8〜9月のため、受験される場合は忘れず申し込みをしましょう。

令和5年度の試験日は、11月19日(日)の13:00~15:00です。

試験科目と内容については、以下を参考にしてください。

試験科目内容
管理受託契約に関する事項管理受託契約の締結に必要な知識、受任者の権利義務関係など
管理業務として行う賃貸住宅の維持保全に関する事項建築物の構造や概要、賃貸不動産における設備の概要、維持保全に関する実務及び知識など
家賃、敷金、共益費その他の金銭の管理に関する事項家賃、敷金、共益費、その他の金銭の意義など
賃貸住宅の賃貸借に関する事項賃貸借契約の成立、契約期間と更新・終了要件、保証、賃貸住宅標準契約書、サブリース住宅標準契約書など
法に関する事項賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律など
管理業務その他の賃貸住宅の管理の実務に関する事項賃貸不動産の管理業務に関連する法令、賃貸不動産管理の意義と、入居者の募集、賃貸業への支援業務など

出典:試験実施要領(令和5年度)-賃貸不動産経営管理士(賃貸不動産における専門家の資格)

気になる試験の難易度ですが、合格率は30%前後ですが、年々下がってきています。つまり、難易度は上がってきています。

合格に必要な勉強時間は100〜200時間といわれています。試験科目は実務に関連する部分が多いため、経験者は100時間程の勉強で足りるでしょう。しかし、勤務経験や不動産知識が全くない場合は、余裕を持って200時間程とることをおすすめします。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士の勉強時間は?独学の場合・勉強法も解説

まとめ

以上、賃貸不動産経営管理士について、以下のことをご紹介しました。

  • 賃貸不動産経営管理士は業務管理者の要件である
  • 現時点では独占業務がないため「意味ない」と言われることがある
  • 実際は不動産業界で働くのであれば賃貸不動産経営管理士を取得する意味は大いにある

2021年に国家資格化されたことや業務管理者の要件となったことで需要が高まり、試験の合格率も下がってきています。不動産業界への就職・転職を考えている人や、不動産投資を考えている人は難易度が上がるまえに、取得しておくと良いでしょう。

不動産の知識が全くない人や確実に1回で合格したい人は、効率良く学べる通信講座がおすすめです。

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!