賃貸不動産経営管理士の資格を取得したら、果たして転職に有利になるのだろうかと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

賃貸不動産経営管理士は令和3年4月に国家資格となったことで、一気に注目を浴びることとなり、受験者数も急増している人気資格です。

資格ホルダーにおいては、業務での活躍の場が広がってきているため、キャリアアップがさらに図れる可能性があるでしょう。

このコラムを読むことで、賃貸不動産経営管理士の資格取得後、なぜ転職に有利になるのか、詳しく解説します。

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!

賃貸不動産経営管理士資格取得で転職は有利になる?

賃貸不動産経営管理士資格は、不動産業界の転職において有利になるといえるでしょう。

特に、賃貸住宅の管理業務に関する2年以上の実務経験がある方は、この資格を取得することにより、業務管理者としての資格も同時に得られることから、転職先の選択肢を増やせます。

業務管理者は賃貸住宅管理業法により、管理戸数200戸以上の賃貸住宅管理業を営む場合には、営業所または事務所ごとに1人以上の設置が義務づけられています

賃貸住宅管理業を営む不動産会社は、200戸以上の物件を管理していることも多いです。

そのため、不動産業界の中でも、とりわけ賃貸住宅管理業者においては非常に必要性が高くなってます

賃貸不動産経営管理士の資格取得者にとっては、転職市場で売り手市場になり得る可能性もあるため、転職において有利に働くことが想定されます。

賃貸不動産経営管理士資格取得で転職が有利になる理由

賃貸不動産経営管理士が転職に有利になる理由としては、以下の要因が挙げられます。

①賃貸住宅管理業者には業務管理者の設置義務がある

前述しましたが、賃貸住宅管理業法により、管理戸数200戸以上の賃貸住宅管理業を営む場合、営業所または事務所ごとに1人以上の業務管理者の設置義務があります。

さらに、業務管理者は、ほかの営業所または事務所の業務管理者となることができないこととなっています。

事業規模が200戸未満の場合の登録は任意になりますが、業容拡大していく企業において、営業拠点を増加させる場合などは、新たな業務管理者が必要となります。採用の際は賃貸不動産経営管理士資格保有者が重宝されるでしょう。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士・業務管理者の違いとなり方3つ!移行講習が必要なのは?

②不動産業者からのニーズが高い

不動産業においては、信頼できる有資格者数が顧客に影響を与えることもあります。

有資格者が多い企業と少ない企業を比較すると、どちらが安定基盤を持っているかを想定すれば理解しやすいでしょう。

賃貸不動産経営管理士も国家資格であり、有資格者数としてカウントされます。

企業内における有資格者数が多かったり社員に占める割合が高いと、企業としてもノウハウを持っている人材が社内に多いとして、PRできます。

そのため、1人でもスキルのある有資格者が増やしたいという企業のニーズに応えることができます。

③賃貸住宅管理に関する法知識が備わっているとみなされる

とりわけ、資格取得から時間が経過していない資格者にとっては、受験勉強を通じて最新の法令や事例に触れていることも多いでしょう。

そのため、最新の法令をベースに顧客に説明することができるため、合格直後であれば経験をスキルでカバーできる人材といえるかもしれません。

合格直後はまだ受験時の知識が一定程度は保たれていますが、その後時間の経過とともに、徐々にインプットした知識が失われていきます。

業務を遂行するためには改めて最新情報のインプットが必要となりますが、受験から暫く離れた資格者にとっての再学習は、一定のハードルが伴います。

そのため、目まぐるしく法改正が実施される不動産業界は、最新スキルを習得している人材は重要な戦力となるでしょう。

転職に有利な就職先・仕事内容は?

賃貸不動産経営管理士資格を活かして転職する場合、下記のような就職先や職種、仕事内容において有利になる可能性が高いです。

  • 賃貸住宅管理業者(管理業務者)
  • 賃貸住宅管理、プロパティマネージャー
  • 住宅宿泊管理業者

賃貸住宅管理業者(管理業務者)

就職先としては不動産会社全般ですが、中でも賃貸住宅管理業者が有利になると考えられます。

職種としては、管理業務者であれば専門性を発揮できるため、営業や契約担当として活躍することができます。

まず管理業務者として、賃貸住宅管理に関する重要事項説明および重要事項説明書の記名・押印ができます。

加えて、賃貸住宅の管理受託契約書の記名・押印も可能です。

これらは管理業務者として実施可能ですが、それ以外にも管理事務に関する実務経験が6年以上ある方も可能な業務となっています。

そのため、賃貸不動産経営管理士には、宅地建物取引士のような独占業務はないですが、資格を取得すれば専門的にこれらの業務に携わっていくことができます。

賃貸住宅管理、プロパティマネージャー

営業や契約担当だけでなく、入居者や不動産オーナー双方に対する賃貸住宅の管理担当や、大規模な施設の場合はプロパティマネージャーとしての活躍も期待されます。

プロパティマネージャーの場合は、収益不動産全般の管理として、管理計画や修繕計画、中長期的な修繕や普段のメンテナンス管理など、不動産全般に関する幅広い業務を担当することとなります。

住宅宿泊管理業者

最近では海外からの観光客増加に伴うインバウンド需要を背景として、住宅宿泊管理業者も挙げられるでしょう。

住宅宿泊管理業で働く場合であれば、宿泊者対応や清掃業務、さらに住宅の設備管理なども入ってくるでしょう。

これらは一部ですが、賃貸不動産経営管理士資格ホルダーは賃貸不動産に関する業務であれば、将来的には多岐にわたって活躍できる可能性があるといえます。

まとめ

賃貸不動産経営管理士資格を取得した場合に、転職について有利になるのか、さらに資格を活かせる就職先について紹介しました。

賃貸不動産経営管理士の試験に合格し、実務経験が2年あれば業務管理者の資格も取得できるため、専門性が広がることとなります。

賃貸住宅管理業者には営業所や事務所における業務管理者の設置義務があるため、資格取得とともに業務経験を積めば、今後の不動産業界における転職もさらに有利になるでしょう。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士とは?なり方・仕事内容・意味ない資格なのかも解説

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!