このコラムでは最新の賃貸不動産経営管理士試験の合格点・合格ライン・ボーダーや過去分を含めた推移について見ていきます。

また、2024年度の合格点(予想)についても記述しています。

合格点や合格点の予想がきになる方は参考にしてみて下さい。

アガルート受講生の合格率87.31% 全国平均の3.1倍

令和3年~令和5年アガルート受講生の合格者数484名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!

賃貸不動産経営管理士試験の合格点・合格ラインは36点(2023年)!推移も

最新令和5年(2023年)度賃貸不動産経営管理士試験の合格基準点(合格ライン)は36点(50点満点中)でした。

なお、賃貸不動産経営管理士試験の合格点は相対評価となっており、毎年点数が異なってきます。

問題数が50問になってからの過去3年間の合格点は34点~40点で推移しています。

なお、賃貸不動産経営管理士試験には、事前に講習を受けることで試験科目が5問免除になる制度があります。

以下では、科目免除あり・なしそれぞれの場合における合格点(合格ライン)などの数値について詳しくみていきます。

賃貸不動産経営管理士試験の合格点と合格率の推移

下記は過去10年分の賃貸不動産経営管理士試験の合格点・合格率の推移です。

年度受験者数合格者数合格点合格率
令和5年度(2023年度)28,299名7,894名36点(50問中)27.9%
令和4年度(2022年度)31,687名8,774名34点(50問中)27.7%
令和3年度(2021年度)32,459名10,240名40点(50問中)31.5%
令和2年度(2020年度)27,338名8146名34点(50問中)29.8%
令和元年度(2019年度)23,605名8,698名29点(40問中)36.8%
平成30年度(2018年度)18,488名9,379名29点(40問中)50.7%
平成29年度(2017年度)16,624名8,033名27点 (40問中) 48.32%
平成28年度(2016年度)13,149名7,350名28点(40問中)55.89%
平成27年度(2015年度)4,908名2,679名25点(40問中)54.58%
平成26年度(2014年度)4,188名3,219名21点(40問中)76.86%

令和5年度は全50問中36点という合格ラインです。合格率は27.9%でしたが、過去の流れを見ると、令和2年度より、問題数が全40問から全50問に増えています。

令和元年以降から合格率が一気に下がり、大きく流れが変わっています
令和元年に実施された賃貸不動産経営管理士試験の合格点は29点(全40問)、合格率36.8%でした。
令和2年度は合格点34点(全50問)・合格率29.8%、令和4年度は合格点34点(全50問)・合格率27.7%と、これまでで最も低い点数となりました。

賃貸不動産経営管理士講習者(5問免除)の合格点・合格率推移

賃貸不動産経営管理士試験には、事前に講習を受けることで試験科目が5問免除になる制度があります。
管理士講習の修了者の合格点・合格率の推移をみてみましょう。

年度受験者数合格者数合格点合格率
令和5年度(2023年度)11,449名3,700名31点(45問中)32.3%
令和4年度(2022年度)11,306名3,475名29点(45問中)30.7%
令和3年度(2021年度)10,390名3,738名35点(45問中)36.0%
令和2年度(2020年度)8,671名2,925名29点(45問中)33.70%
令和元年度(2019年度)6,882名2,641名25点(35問中)38.40%
平成30年度(2018年度)5,379名2,886名25点(35問中) 53.65%
平成29年度(2017年度)4,380名2,342名23点(35問中) 53.47%
平成28年度(2016年度)2,286名1,556名24点(35問中) 68.06%
平成27年度(2015年度)1,653名1,056名21点(35問中) 63.88%
平成26年度(2014年度)1,463名1,245名17点(35問中) 85.09%

賃貸不動産経営管理士試験の講習受講者の合格率をみると、免除がない場合に比べてやや高い傾向です。

講習を受けるにはお金も時間もかかりますが、試験に合格できる可能性が高くなります。

少しでも合格率を上げるなら、講習を受けた方が良いかもしれません。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士講習を受けて5問免除は活用すべき?合格率への影響は?

令和5年度 賃貸不動産経営管理士試験講評動画

令和5年度合格発表を受けて、アガルートの賃貸不動産経営管理士講座担当工藤講師と中里講師による講評動画です。ぜひ参考にしてみてください。

動画の視聴はこちらから可能

賃貸不動産経営管理士試験の合格点予想(2024年)について

2024年度賃貸不動産経営管理士試験の合格点予想はまだ出されていません。

なお、アガルートアカデミーでは例年、講師による合格点・合格ライン予想動画をYoutubeにて公開しています。

このページをブックマークし、試験終了後にご覧ください!

なお、2023年度賃貸不動産経営管理士試験の合格点予想は34点~36点であったところ、実際の点数は36点でした。

アガルートアカデミーの中里講師の予想は34点、同工藤講師の予想は35点±1点となっています。

※動画の閲覧はこちらから可能

賃貸不動産経営管理士試験の難易度は今後上がる可能性

賃貸不動産経営管理士試験の今後の傾向として、難易度は上がっていく可能性が高いです。

受験者が増えていることが考慮され、難易度は上がり、その分合格点は下がるかもしれません。

ちなみに、賃貸不動産経営管理士と類似する国家資格として管理業務主任者というマンション管理業に関する資格があります。

管理業務主任者の合格率は、資格が認定が開始された2001年の合格率58.5%でした。

しかし、翌年の合格率は30%を切っており、ここ数年は合格率20~24%の間で推移しています。

あくまで参考値ですが、類似する国家資格としての参考になるのではないでしょうか。

また、今後想定される賃貸不動産経営管理士試験に影響を与える可能性のある事項として挙げられるのが「賃貸住宅管理業者の要件」です。

現状、賃貸住宅管理業者が設置を義務づけられている業務管理者についは、宅地建物取引士でもOKとなっています。

ただ、この措置は、経過措置という見方もあり経過措置が終わった際に、「賃貸住宅管理業者が、賃貸不動産経営管理士に一本化される」可能性もあります。

つまり、試験内容の難易度にも影響が及ぶかもしれないということです。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士は宅建を持っていると有利?ダブルライセンスについて解説

計画的な試験スケジュールを立てて早めに資格を取得しよう

今後さらに、賃貸不動産経営管理士試験の難易度は高くなるでしょう。

試験内容も変わる可能性があることを考えると、なるべく早めに資格を取得したほうが良いかもしれません。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士の難易度はどれくらい?合格点・合格率を確認

アガルート受講生の合格率87.31% 全国平均の3.1倍

令和3年~令和5年アガルート受講生の合格者数484名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!