「スキルアップしたい」

「専門性を身につけたい」

「市場価値を高めたい」

すでにといった理由からダブルライセンスを目指す人が多いのではないでしょうか。

ダブルライセンスと一口にいっても、宅建やファイナンシャルプランナーなど資格の種類はさまざまです。

今後のキャリアを考えるうえで、「どの資格を取るか」が重要なポイントとなります。

そこで今回は、賃貸不動産経営管理士と相性の良いダブルライセンスを紹介します。

すでに賃貸不動産経営管理士資格を持っている方もこれから資格取得にチャレンジする方も、本コラムを参考にしてみてください。

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!

賃貸不動産経営管理士とのダブルライセンスにおすすめの資格

「宅建」や「マンション管理士」など、賃貸不動産経営管理士とのダブルライセンスにおすすめの資格を紹介します。

宅建士(宅地建物取引士)

国家資格である「宅建士(宅地建物取引士)」は、土地や建物の売買・賃貸借などの契約に関する業務を行います。

具体的には、賃貸物件の紹介や不動産の売買における契約内容・重要事項の説明、契約書面等の記名・押印などです。

賃貸不動産経営管理士と宅建士のダブルライセンスを取得することによって、賃貸不動産の管理についてアドバイスできるようにもなります。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士は宅建を持っていると有利?宅建士とのダブルライセンスについて解説

マンション管理士

マンション管理士は、主にマンションの維持や管理に関するコンサルティング業務を行うために必要な国家資格です。

賃貸不動産経営管理士とマンション管理士、両方の資格を持っていれば、マンション内でのトラブルを未然に防げます。

何かトラブルが起こったとしても、賃貸不動産経営管理士とマンション管理士の両方の立場から課題解決に向けた提案も可能です。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士とマンション管理士の違いは?ダブルライセンスのメリット

管理業務主任者

管理会社が管理組合に対し、管理受託契約の重要事項を説明するために必要となるのが「管理業務主任者」の資格です。

ダブルライセンスがあれば、賃貸物件の管理についての知識を踏まえながら重要事項の説明を行えるようになります。

関連コラム:賃貸不動産経営管理士と管理業務主任者、難易度が高いのはどっち?

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、不動産や住宅ローン、保険といった資産運用に関するアドバイス行います。国家資格である1~3級のFP技能士、それから民間資格であるAFPもしくはCFPの資格すべてを指します。

賃貸不動産経営管理士がファイナンシャルプランナーの資格を持つことで、不動産投資や税制対策に関してアドバイスすることも可能です。

関連コラム:ファイナンシャルプランナーの資格とは?仕事内容は?FPになるには?

ダブルライセンスを取得するメリット

「キャリアアップにつながる」「仕事の幅が広がる」など、賃貸不動産経営管理士以外の資格を持つメリットについて見ていきましょう。

仕事の幅が広がる

当該資格を取得している人のみが扱うことのできる「独占業務」というものがあります。ダブルライセンスによって他の資格の独占業務も扱えるようになれば、仕事の幅も広がるのではないでしょうか。

キャリアアップにつながる

扱える業務が増えることで、市場価値も高まります。仕事が高く評価され、管理職への昇格や給与アップなど、今後のキャリア形成にも役立ちます。

まとめ

仕事と勉強を両立しなければならず、資格取得は決して簡単なことではありません。

しかし、賃貸不動産経営管理士だけでなく、宅建士やマンション管理士といったダブルライセンスを持つことでキャリアアップに役立ちます。

現在の業務に役立つ資格から取得してみるのも良いかもしれません。

不動産系の資格を検討する際は、こちらの動画も参考にしてください。

アガルート受講生の合格率79.2% 全国平均の2.9倍

令和3年+令和4年アガルート受講生の合格者数327名

資料請求で無料プレゼント!
・サンプル(お試し版)テキスト
・サンプル講義動画:約1.5時間

1分で簡単無料体験(会員登録→お申込み→視聴)!

20日間無料で講義を体験!